MENU
カテゴリー
アーカイブ

はじめてのWordPressテーマの選び方【失敗しない9つのポイント】

「WordPressテーマってどうやって選べば良いの? 」

「決める際の注意点ってなにかある?」

WordPressブログを始めたときに誰もが必ず悩むのが、「テーマはどれにしよう?」。

今回ご紹介する選び方を駆使したところ、自分が使うべきWordPressテーマを見つけることができました。それにより、上位表示を連発し、わずか10記事で4.5万円達成したのです。

この記事を書いている人
ため(@tame3_tame3
  • ブログ歴3年(2020年2月~)
    ・旧ブログ:ASP収益5桁
    ・新ブログ:10記事でASP収益4.5万円
    ・ブログビジネス収益6桁
  • フリーランス
    ・Web×マーケティング:最高月収68万円
  • クライアントワークも含め、ブログを10個以上解説
  • 専門書を年間200冊読破
    ・ジャンル:Web×マーケティング

WordPressテーマの選び方について、あなたに伝えたいことは下記のとおり。

ポイント

  • WordPressテーマの選び方のポイントは9つ
    ①:ブロックエディタに対応しているか?
    ②:デザインはどうか?
    ③:機能は豊富か?
    ④:使いやすいか?
    ⑤:カスタマイズ性はどうか?
    ⑥:表示速度は速いか?
    ⑦:SEO対策が施されているか?
    ⑧:テーマのサポート体制はしっかりしているか?
    ⑨:買い切り型(複数サイトで使える)か?
  • WordPressテーマの探し方は2つ
    ①:WordPressテーマシェア率から探す
    ②:Google検索から探す
  • WordPressテーマを決める際の注意点
    ①:値段で決めない
    ②:複数のレビュー記事を読む
    ③:アップデートされていないテーマは選ばない

ただ、しっかりポイントを押さえないとテーマ選びに失敗し、「結果が出ない」「選ぶんじゃなかった」と後悔することが多々あります。

そうならないためにも、WordPressテーマの選び方・探し方のポイントをお伝えしますね。

この記事で分かること

WordPressテーマの選び方【失敗しない9つのポイント】

それでは、早速、WordPressテーマの選び方を紹介します。

WordPressテーマの選び方
  1. ブロックエディタに対応しているか?
  2. デザインはどうか?
  3. 機能は豊富か?
  4. 使いやすいか?
  5. カスタマイズ性はどうか?
  6. 表示速度は速いか?
  7. SEO対策が施されているか?
  8. テーマのサポート体制はしっかりしているか?
  9. 買い切り型(使い回しはOK)か?

ポイント①:ブロックエディタに対応しているか?

1つめのポイントは、「ブロックエディタに対応しているか?」。

ブロックエディタとは2018年12月からWordPressに搭載された新エディタのことで、HTML/CSSを使わずに記事を作ることができます。

こんな感じで使えます

WordPressテーマの中にはブロックエディタに対応しておらず、旧エディタの使用を推奨しているものがあります。が、旧エディタのサポートは2022年末までなので、2023年から使えなくなる可能性が高いです。

ため

テーマが使えなくなると、ブログを運営することができなくなります。

そうならないためにも、サポートが終了してテーマが使えなくなるリスクのない「ブロックエディタ対応のテーマ」を選びましょう。

ポイント②:デザインはどうか?

2つめのポイントは、「デザインはどうか?」。

デザインは超重要で、ブログ記事の読みやすさに関わってきます。(下記を参照)

デザインが悪い方は見づらいのに対し、デザインが良い方は見やすくないですか?

この見づらい・見やすいはSEOの評価に影響し

  • 見づらい・・・読者がすぐページを閉じてしまい、SEOの評価が低下。検索順位が下がる
  • 見やすい・・・何記事も読まれるので、SEOの評価が向上。検索順位が上がる

となります。

ため

なので、「デザインが良いテーマ」を選びましょう。

ポイント③:機能は豊富か?

3つめのポイントは「機能が豊富か?」。

機能が豊富だとできることが増えるので、ブログを伸ばしていけます。

たとえば、SWELLというテーマの場合。稼ぐ機能・カスタマイズ機能があるので、収益性の高いサイト(稼げるブログ)を作ることが可能です。(下記を参照)

ため

なので、「機能が豊富なテーマ」を選びましょう。

参考までに、人気WordPressテーマの機能一覧を貼っておきますね。

機能SWELLAFFINGERTHE THORJINSANGOSTORK19
ブロックエディタ
クラシックエディタ
目次
(デザイン)


(8種類)


(1種類)
見出し
(デザイン)


(23種類)


(21種類)


(53種類)


(17種類)


(37種類)


(4種類)
ボックスデザイン23種類64種類30種類20種類27種類16種類
リストデザイン13種類10種類16種類2種類13種類2種類
ボタンデザイン4種類22種類10種類4種類18種類7種類
キラッと光るボタン
マイクロコピーボタン
ふきだし
(登録個数・レイアウト)



(無制限:発言風/心の声風)



(8個:会話風)



(2個:会話風)



(2個:会話風)



(2個:会話風)



(2個:会話風)
ステップ
テーブル
FAQ(Q&A)
スコアボックス
口コミボックス
レビューボックス
余白調整機能
ブログパーツ
再利用ブロック
関連記事(内部)
関連記事(外部)
カテゴリースライドショー
お知らせバー
ヒーローヘッダー
ヘッダースライドショー
ピックアップバナー
投稿リスト
フルワイド
リッチカラム
タブ


(1記事1個まで)
プロフィール
新着記事
人気記事
おすすめ記事


投稿リストによって出力可能
追尾目次
ボックスメニュー
下部固定目次
絞り込み検索機能
広告タグ管理機能
広告タグ
ABテスト
バナーリンク
クリック率計測(ボタン)
プロモーションバナー
キャッシュ削除
遅延読み込み
インライン読み込み
ページ転移高速化
AMP
PWA
記事分析
メタディスクリプション


プラグインによって設定可能



プラグインによって設定可能



プラグインによって設定可能



プラグインによって設定可能
カテゴリーページの編集


ブログパーツによって編集可能



再利用ブロックにて編集可能



再利用ブロックにて編集可能
内部SEO対策
マークアップ
レスポンシブ
構造化データJSON-LDmicrodatamicrodatamicrodatamicrodatamicrodata

ポイント④:使いやすいか?

4つめのポイントは、「使いやすいか?」。

自分にとって「これ、使いやすいな~」と感じるテーマを使うと、ストレスを感じないので、ブログ運営がめちゃくちゃラクになります。(結果を出しやすくなる)

たとえば僕の場合。プログラミングができないので、「HTML/CSSの操作が不要なSWELL」を使用しています。

ソースコードをいじらなくて済む・マウス操作だけでサクサク使えるため、ブログ運営が超快適。「あぁ、ツラいな~」と感じません。

ただ、プログラミングができる人には使いづらいです。そのような人は、「HTML/CSSの操作が可能なテーマ」を選ぶと良いですよ。

ポイント⑤:カスタマイズ性はどうか?

5つめのポイントは、「カスタマイズ性はどうか?」。

カスタマイズ性が高いとレイアウトの幅が広がるので、どんなデザインでも実現することが可能です。それによって、「唯一無二のオリジナルサイト」を作れますよ。

ため

他のブログとデザインが被ると「どこも同じだな~」って思われるので、読者の印象に残りません。


ところが、他のブログとデザインが異なると「なんかいいわ~」となり、読者の印象に残ります。


なので、他のブログと差別化をするためにも、「カスタマイズ性の高いテーマ」を選びましょう。

ポイント⑥:表示速度が速いか?

6つめのポイントは、「表示速度が速いか?」。

2021年7月から「表示速度がSEOの指標の1つに加わった」ので、表示速度が速いと検索順位が上がりやすくなります。

ページの表示速度はSEOの評価において重要な指標となっており、ページの表示速度が遅いサイトは速いサイトに比べて、SEOの評価が低くなってしまいます。

引用:プロモニスタ
ため

実際に僕は表示速度の速いテーマを使ったところ、SEOで評価され、検索1位を連発するようになりました。

表示速度が速いと売れるようになる

コンバージョン率・・・アフィリエイトの成約率

また、表示速度が速いとコンバージョン率も向上します。

下記は「サイト表示速度が遅いとコンバージョン率が下がる」というデータですが、サイト表示速度が速いとコンバージョン率が上がることも示唆しているのです。

出典:PRITIMES

理由としては、ページ表示速度が遅いとイライラして購買意欲が低下。しかし、ページ表示速度が速いとイライラしないので、購買意欲が下がらないからですね。

ため

なので、「表示速度が速いテーマ」を選びましょう。

ポイント⑦:SEO対策が施されているか?

7つめのポイントは、「SEO対策が施されているか?」。

SEO対策が施されているテーマを使うと、記事を検索上位に表示させることができます。それによって、アクセス・PVを増やすことが可能です。

ため

なので、「SEO対策が施されているテーマ」を選びましょう。下記の特徴を参考にすれば間違いありません。

SEO対策が施されているテーマの特徴
  • 内部SEO対策済み
    ⇒パンくずリストやhタグが設定されている
  • レスポンシブデザインに対応
    ⇒観覧するデバイスによって画面サイズが変わる(PCなら大きく、スマホなら小さく)
  • 高速化機能が付いている
    ⇒遅延読み込みや圧縮などの機能が搭載されている
  • マークアップ対応
    ⇒検索エンジンが理解できる文法でプログラミングされている
  • 構造化データの設定がされている
    ⇒検索エンジンにページ情報を伝えるファイル(JSON-LD、microdata)が組み込まれている

人気テーマのSEO対策

機能SWELLAFFINGERTHE THORJINSANGOSTORK19
内部SEO対策
レスポンシブ
マークアップ
構造化データ

JSON-LD


microdata


microdata


microdata


microdata


microdata
構造化データの出力
表示速度

高速化機能

PWA
AMP
カテゴリーページの編集
タグページの編集
著者ページの編集
記事分析機能
メタディスクリプション


プラグインによって設定可能



プラグインによって設定可能



プラグインによって設定可能



プラグインによって設定可能
タイトルタグ


プラグインによって設定可能



プラグインによって設定可能



プラグインによって設定可能



プラグインによって設定可能

ポイント⑧:テーマのサポート体制はしっかりしているか?

8つめのポイントは、「テーマのサポート体制はしっかりしているか?」。

テーマのサポート体制がしっかりしていると

  • 操作で分からないことがあればすぐ解決できる
  • バグが発生した時、迅速に対応してくれる
  • WordPressのバージョンアップに対応したアップデートがある

ので、安心してずっと使い続けていくことができます。

ため

なので、「サポート体制がしっかりしているテーマ」を選びましょう。

※人気テーマのサポート体制

テーマ名操作マニュアル
図解説明書)
会員フォーラム
(疑問点を質問できる)
アップデート
(テーマの更新)
SWELL

図解で詳しい


レスポンスが速い


頻繁
AFFINGER6

分かりづらい


レスポンスが速い


2ヵ月に1回
THE THOR

分かりづらい


レスポンスが遅い


2ヵ月に1回
JIN

まあまあ分かりやすい


レスポンスが遅い


止まっている
SANGO

分かりやすい


レスポンスが速い


頻繁
STORK19

分かりやすい


メールで問い合わせ


2ヵ月に1回

ポイント⑨:買い切り型(複数サイトで使える)か?

9つめのポイントは「買い切り型か(複数サイトで使えるか)?」。

買い切り型とは「1度購入すれば後は追加料金が発生しない」というもので、

  • サポートが半永久的に無料
  • アップデートが半永久的に無料
  • 自分が所有するサイトであればテーマの使い回しがOK
    ⇒新しいブログにWordPressテーマを使用する際、買い直さなくて済む

などが該当します。

なぜ買い切り型が良いのかと言うと、節約できるから。

買い切り型だと、月間/年間〇〇円支払わなくて済む・違うサイトを作る度にテーマを買い直さなくて済むので、その分のお金を「貯金」「生活費」など別の用途に回すことが可能です。

ため

絶対ではありませんが、物の値段がどんどん上がっているので、個人的におすすめしています。

WordPressテーマの探し方

ここでは、WordPressテーマの探し方を2つお伝えしますね。

WordPressテーマの探し方
  1. WordPressテーマのシェア率から探す
  2. Google検索から探す

その①:WordPressテーマのシェア率から探す

WordPressテーマのシェア率から探せば、テーマ選びの失敗を回避することができます。

たとえば、シェア率の高いWordPressテーマの場合。みんなが納得して使っているので、信頼性が高く、変なテーマの可能性がありません。

逆にシェア率の低いWordPressテーマの場合。みんなが選んでいないので、信頼性が低く、変なテーマの可能性があります。

ため

下記にWordPressテーマのシェア率を貼っておくので、参考にしてみてください。

SWELL6.8%
Cocoon5.1%
SANGO2.2%
JIN2%
THE THOR1.7%
GENSEN1.2%
AFFINGER51.1%
STORK191.1%
Lightning1,1%
AFFINGER61%
Lightning Pro0.9%
NANO0.9%
FAKE0.9%
LAW0.9%
賢威80.9%
Snow Monkey0.9%
MASSIVE0.8%
出典:PR TIMES

その②:Google検索から探す

Google検索から探せば、「自分が求めているWordPressテーマ」を見つけやすくなります。

たとえば、SEOに強いWordPressテーマを探しているとしましょう。

Googleの検索窓に「WordPressテーマ SEOに強い」と入力すれば、検索結果に”SEOに強いWordPressテーマ”がズラッと表示されます。

上記のとおりです。

ため

「機能が豊富なテーマを使いたい」「おしゃれなテーマを使いたい」など使いたいテーマがある場合は、Google検索を使うと良いですよ。

WordPressテーマを決める際の注意点

WordPressテーマを決める際の注意点です。

WordPressテーマを決める際の注意点
  1. 値段で決めない
  2. 複数のレビュー記事を見る
  3. アップデートが止まっているテーマは選ばない

①:値段で決めない

まずは、値段で決めない。

理由は単純で、下記のような事例が後を絶たないからです。

事例
  1. 「値段が高い」ことから、妥協して安いテーマを購入
  2. 機能が不足しているので、追加で機能を買う必要が出て来る
  3. さらに、カスタマイズサイトを見ながらHTML/CSSを操作して機能を自作する必要がある
  4. そして安いテーマが割高になり、「高いテーマの方がコスパが良かった」ことに気づく
  5. それでテーマを買い直すが、前のテーマの出費と相まってWordPressテーマ代が高く付く

私が最初アフィンガーを選んだ理由は、当時ネットで調べた時に情報が多かったからです。

ブログを始める前はそもそも記事を書いたことがなく、使い心地を重視するという発想も知識もありませんでした。

結局アフィンガーとSWELL合わせて3万以上の初期費用を注ぎ込んでしまうことに…。

引用;つきみにまる。

上記のとおりなので、値段で決めるのは注意しましょう。

ため

補足として、

・自分が使いたいと思ったテーマが安かったらOK
・値段で妥協するならWordPressテーマを買わない方が良い


ですよ。

②:複数のレビュー記事を見る(最低でも5つ)

次は、複数のレビュー記事を見る。

なぜなら

  • そのテーマの全体像
  • そのテーマは何が良くて何が悪いのか
  • そのテーマで何ができるのか

を網羅的に把握できるので、テーマ選びの失敗を防げるからです。

以前のテーマを選んだ時、僕はレビュー記事を1本しか読んでいませんでした。そのせいで、上記をもう手的に把握していなかったため「これができない、あれができない」となって、買ったことを後悔しましたね。

しかし、SWELLを選んだ時、僕はレビュー記事を20本近く読みました。そのおかげで、上記を網羅的に把握できたので「イメージどおり」と思い、買ったことを後悔しなかったのです。

ため

上記は僕の失敗談ですが、初心者さんがよくやらかすミスでもあります。

なので、テーマ選びで失敗しないためにも、複数のレビュー記事をチェックしましょう。

③:アップデートが止まっているテーマは選ばない

最後は、アップデートが止まっているテーマは選ばない。

アップデートが止まっているということは

  • 不具合に対処していない
  • 脆弱性に対処していない
  • テーマの性能が良くなっていない

という証拠。

ため

このようなテーマを使うことは、ガソリンが漏れているバイクに乗るのと同じぐらい危険なので、選ばないようにしましょう。

WordPressテーマの選び方でよくある質問

最後に、WordPressテーマの選び方でよくある質問に回答します。

WordPressテーマの相場ってどれぐらいですか?

15000円ほどです。

分布にすると、下記のようになります。

WordPressテーマの価格
Diver17980円
SWELL17600円
THE THOR16280円
AFFINGER614800円
JIN14800円
SANGO11000円
14800円
STORK1911000円
相場は15140円
無料テーマと有料テーマの違いは?

ざっくりまとめると、下記のような感じです。

無料テーマ
料金0円
デザイン自分で作る
機能自分で作る
SEO対策自分でやる
有料テーマ
料金相場が15000円
デザイン既に作ってある
機能既に作ってある
SEO対策既にやってある

つまり、無料テーマは「料金が0円だけど全部自分でやってね」に対し、有料テーマは「料金が発生するけど全部やっておいた」です。

ため

なので、

・全部自分でできる人は無料テーマが良い
全部自分でできない人は有料テーマが良い

ですよ。

おすすめのWordPressテーマはどれですか?

「達成したい目的」によって変わり

  • 快適にブログを運営したい人におすすめ :SWELL
  • おしゃれなブログを作りたい人におすすめ:THE THOR
  • ブログでしっかり稼ぎたい人におすすめ :AFFINGER6
  • お金をかけたくない人におすすめ    :Cocoon

となります。

はじめてのWordPressテーマの選び方【失敗しない9つのポイント】:まとめ

今回は、WordPressテーマの選び方・探し方についてお伝えしました。

内容をまとめるとこんな感じ。

ポイント
  • WordPressテーマの選び方のポイントは9つ
    ①:ブロックエディタに対応しているか?
    ②:デザインはどうか?
    ③:機能は豊富か?
    ④:使いやすいか?
    ⑤:カスタマイズ性はどうか?
    ⑥:表示速度は速いか?
    ⑦:SEO対策が施されているか?
    ⑧:テーマのサポート体制はしっかりしているか?
    ⑨:買い切り型(複数サイトで使える)か?
  • WordPressテーマの探し方は2つ
    ①:WordPressテーマシェア率から探す
    ②:Google検索から探す
  • WordPressテーマを決める際の注意点
    ①:値段で決めない
    ②:複数のレビュー記事を読む
    ③:アップデートされていないテーマは選ばない

今回ご紹介したポイントを判断材料にすれば、テーマ選びで失敗することはまずありません。

なので、本記事の内容を参考にWordPressテーマを選んでいきましょう。

ため

そうすれば、自分が使うべきテーマを見つけることができて、望む結果を出せるようになりますよ。

おすすめWordPressテーマランキング

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

この記事で分かること