MENU
カテゴリー
アーカイブ

【早わかり】SWELL機能マニュアル【装飾・リスト・吹き出しなど】

URLをコピーする
URLをコピーしました!
悩む人

SWELLの機能って何があるの?どんなことができるのかな?

欲しい機能があれば購入したいんだけど。

そんな疑問を解決します。

この記事で分かること
  1. SWELLのSEO・高速化機能
  2. SWELLのアフィリエイト補助(収益化)機能
  3. SWELLのカスタマイズ機能
  4. SWELLのサイト表示機能
  5. SWELLの装飾機能
  6. SWELLのエディタ機能

この記事を書いている人

ため(@tame3_tame3

有料テーマの機能は結果を左右します。

  • SEO対策機能があれば上位表示される
  • 収益化機能があれば毎月1万円以上稼げる

からです。

とは言え、機能をしっかり押さえずに有料テーマを購入。望む結果が出なくて、お金と時間を無駄にするケースが後を絶ちません。

反対に、機能をしっかり押さえて有料テーマを購入。最短最速で望む結果を出しているケースがあるのも事実です。

ため

前者では無く、後者になって欲しい。

そんな思いから、【早わかり】SWELL機能マニュアル【装飾・リスト・吹き出しなど】についてお伝えします。

ため

自分の望む機能があるかどうかが分かりますよ。

ちなみに、「SWELLをあまりよく知らない」という人は以下をご覧ください。

それでは、本文を見ていきましょう。

目次

SWELLの機能一覧

SWELLの機能一覧です。

一つずつ説明しますね。

SWELLのSEO・高速化機能

まずは、SWELLのSEO・高速化機能です。

SWELLのSEO・高速化機能
  • JSON-LD
  • Prefetch
  • Pjax
  • インライン読み込み
  • キャッシュ削除

一つずつ見ていきましょう。

JSON-LD

「JSON-LD」とは、Googleが唯一推奨している構造化データです。

ページ情報をクローラーが認識しやすいので、上位表示されやすいですよ。

ため

実際に何記事も上位表示されました。

検索結果に目立つように表示する

この「JSON-LD」は、検索結果で目立つように記事を表示。クリックを誘発することができます。

ため

僕の場合、アイキャッチを変えなくて済んでいますね。

Prefetch(事前読み込み)

「Prefetch」とは、事前読み込みのことです。

CPUが事前にサイトのデータを取得してキャッシュに保存。

  • リンクをクリック ⇒ サイトデータを読み込む

が無くなるので、サイト表示速度が超高速になりますよ。

この機能を使ったら、サイト表示速度が90になりました。

Pjax(必要な部分だけを入れ替える)

「Pjax」とは、必要な部分だけを入れ替える技術のことです。

プログラムが事前にページ情報を取得してキャッシュに保存。リンクをクリックすると、必要な部分だけを入れ替えます。

ため

イメージ的にはこんな感じです。

※記事URLをクリックした時

ため

・サイト全体の読み込み
・サイト全体のキャッシュの呼び出し


が無いので、サイト表示速度が爆速になりますよ。

今、僕はこの機能を使っているのですが、サイト表示速度が99になりました。

インライン読み込み

「インライン読み込み」とは、CSSをHTMLに埋め込むことです。

サーバーがCSSファイルを読み込まなくて済むので、処理が速くなります。

ため

そうすると、サーバーとブラウザ間のやり取りのスピードが向上。

その結果、ブログをサクサク表示するのです。

実際に僕はインライン読み込みを使っていますが、体感的に表示が速いですね。

キャッシュ削除

SWELLはキャッシュをデータベースに保存。

キャッシュ・・・観覧したサイトの情報を一時保存する仕組みです。通常はブラウザ内に搭載されています。

ブラウザにキャッシュが溜まらないので、読み込みが速くなります。

SWELLのキャッシュ機能は、Transients API というものを使っており、ブラウザではなくデータベースにキャッシュ情報が保存されています。

引用:SWELL公式サイト
ため

この機能を使ったら、ブラウザの読み込みが速くなりました。

その他の機能

この他にも、高速化機能があります。

①:部分的なキャッシュ削除

②:遅延読み込み読み込み

③:JQuery読み込み

ため

高速化機能が豊富ですね!

SWELLはテーマ自体に高速化機能を内蔵しています。なので、高速化プラグインを入れる必要がありません。

ため

僕の場合、一つも入れてないですね。

にも関わらず、こんな数字が…

PC表示速度
モバイル表示速度

SWELLのアフィリエイト補助(収益化)機能

次は、SWELLのアフィリエイト補助(収益化)機能です。

SWELLのアフィリエイト補助(収益化)機能
  • クリック率計測
  • 広告タグ
  • バナーリンク
  • ABテスト

一つずつ見ていきましょう。

クリック率計測

広告タグとボタンには、クリック率計測機能があります。

  • 広告やボタンを設置した記事の総PV数
  • 広告やボタンがクリックされた回数
  • 広告やボタンが表示された回数

が分かるので、収益改善と効率化が可能です。

広告クリック率
ボタンクリック率
ため

この機能を使ったら、なんPVでクリックされるのかが分かりました。

例)
・1記事20PVで1クリック

なので、収益化戦略が立てられています。

広告タグ

広告タグとは、広告管理機能に登録した広告タグを呼び出す機能です。

ため

呼び出し方はこんな感じ。

「広告タグ」ブロックをクリック
使いたい広告タグを選ぶ!
ため

たったこれだけです。

カンタンですよね。

広告タグの種類

そんな広告タグは4種類あります。

記事に馴染むので、読者にストレスを与えません。

ちなみに、ランキング型では商品ランキングの作成が可能です。

ため

以前使っていたテーマは、有料子テーマを買わないと作れませんでした。

なので、この機能があることで追加料金が発生しません。

バナーリンク

バナーリンクとは、名前の通り、バナーリンクを作る機能です。

画像の上にメッセージを設置し、画像全体をリンクにします。

ため

画像編集ができない人でも、エディタ上でバナーリンクが作れますよ。

実際に画像編集ができない僕でも、作れているので。

ABテスト

ABテストとは、AブロックとBブロックをランダムに表示する機能です。

広告タグと合わせれば、クリックされやすい広告を特定できます。

ため

例えばこんな感じです。

画面中部の広告に注目してください。

mixhostとコアサーバーの広告がランダムに表示される

リロードしたら広告が変わりましたね!

ため

このようにして、クリックされやすい広告を特定します。

SWELLのカスタマイズ機能

次は、SWELLのカスタマイズ機能です。

SWELLのカスタマイズ機能
  • タブ
  • フルワイド
  • メディアとテキスト
  • 投稿リスト

一つずつ見ていきましょう。

タブ

タブとは、タブ付きコンテンツを作成する機能です。

タブブロックを選ぶだけで、下記が作れます。

タブ1のコンテンツ

ため

後述する投稿リストと使えば、カテゴリーのタブ切り替えが作れます。

設定

タブですが、以下の設定が可能です。(ビジュアルを確認しながら)

①:スタイル

  • ノーマル
  • 吹き出し
  • 下線

から選べます。

②:タブ設定

予め開いておくタブの設定が可能です。

③:タブサイズ

タブの表示幅の変更ができます。

※「ナビをスクロール可能にする」を選択すると・・・タブが増えた時、横スクロールが可能となります。

記事内でも使える

タブの使用用途はカスタマイズだけではありません。

記事内でも使うことができます。

ため

具体的にはこんな感じ。

①:広告タグと一緒に使う

ブログの雰囲気を損なわず、商品を紹介できます。

ため

オブラートに包んでいる印象があるので、押し売り感がありません。

②:まとめに使う

SWELLの総評価(4.5)
価格(3)
サポート(5)
更新頻度(5)
デザイン(4)
SEO対策(4)
使いやすさ(5)
収益化機能(4.5)
デフォルト機能(4.5)
カスタマイズ機能(4.5)
カスタマイズの自由度(4.5)
文字色は強調ポイント

普通に書くと縦に長くなるまとめも、タブを使えばコンパクトに。読者がスクロールする手間とストレスが減ります。

ため

なので、次の行動に移りやすいです。

まとめの文末に設置したアフィリエイトリンクが、踏まれるようになりました。

フルワイド

フルワイドとは、画面いっぱいに広がる1カラムのページを作る機能です。

フルワイドブロックに文字を入力するだけでOK
ため

なので、こんなページが30分で作成できます。

当ブログの旧デザイン。フルワイドブロックで作りました。

ちなみに、具体的なカスタマイズ方法は以下にまとめています。

ため

フルワイドで作れるページの参考になるので、ぜひご覧ください。

メディアとテキスト

メディアとテキストとは、

  • 左側に画像・右側に文章
  • 左側に文章・右側に画像

を表示する機能です。

ため

この機能を使えば、企業サイトで見かける左右交互の紹介欄が作れます。

こんなのが作れる
ため

前のデザインで使ったのですが、企業サイトみたいなページが作れますね。

投稿リスト

投稿リストとは、好きなだけ記事を表示する機能です。

  • 表示する投稿のレイアウト(5種類)
  • 表示する投稿数
  • 表示する投稿順(新着・人気・ランダム)
  • 投稿情報の選択(カテゴリーやタグなど)
  • 投稿IDによる直接指定
  • 除外する投稿の指定

などの設定ができます。

ため

表示したい記事を、好きなだけ出力できますよ。

ため

好きなところに好きなだけ表示できるので、自由にカスタマイズができますね。

SWELLのサイト表示機能

次は、SWELLのサイト表示機能です。

SWELLのサイト表示機能
  1. 目次
  2. 追尾目次
  3. 固定目次
  4. 見出し
  5. 記事スライダー
  6. ピックアップバナー

一つずつ見ていきましょう。

目次

SWELLは目次を標準搭載。

ワンクリックで下記の目次が作れます。

olタグ

①:シンプル

②:ボックス

③:上下ボーダー

④:ストライプ背景

ulタグ

①:シンプル

②:ボックス

③:上下ボーダー

④:ストライプ背景

ため

レイアウトの変更は超カンタン。

実際の表示を確認しながら、ボタン一つで変えられますよ。

実際の表示を確認しながら変更できる
ため

僕の場合、目次プラグインを入れなくて済んでいますね。

追尾目次

SWELLは追尾目次を搭載しています。

追尾目次・・・スクロールしてもサイドバーに固定される目次のこと。

ドラッグ&ドロップだけで設置できる

追尾目次の設置はドラッグ&ドロップだけです。

ため

CSSをいじらなくても実装できます。

なので、ありがたいですね。

固定目次

固定目次とは、画面右下に表示される目次のことです。

ため

クリックすると、目次画面が開きます。

目次画面を閉じた状態
目次画面を開いた状態
ため

追尾目次を使わず、あえて固定目次を使う。

こうすることで、ワンランク上のブログが作れますよ。

スマホの固定フッターにも目次

この固定目次ですが、スマホの固定フッターにも設置することが可能です。

閉じた状態
開いた状態

従来のテーマだと、

  • トップへ戻るボタンをクリック
  • スクロールして目次まで戻る

上記をしないと目次が見れないので、スマホでの使い勝手が悪い悪い。(直帰率が上がる原因の一つ)

ため

でもSWELLは、固定フッターの「目次アイコン」を押せば、目次を表示。

使い勝手が良いので、離脱されなくなりますね。

見出し

見出しは

  • h2:11種類
  • h3:7種類
  • h4:3種類

あります。

ため

デザインが施されているので、CSSをいじらなくて大丈夫です。

実際のレイアウトを見ていきましょう。

①;h2見出し

②:h3見出し

④:h4見出し

組み合わせて使うことができる

このh2・h3・h4見出しは、組み合わせて使うことができます。(見出しパターンは231通り)

例①
例②

実際の表示を確認しながら変更できる

見出しの変更は

  • 見出しカラー
  • h2見出しのデザイン
  • h3見出しのデザイン
  • h4見出しのデザイン

の表示を確認しながら、ワンクリックで行えます。

ため

CSSをいじる → 別タブで開いて表示の確認

上記が無いので、ラクに設定ができますね。

記事スライダー

SWELLはおしゃれな記事スライダーを搭載。ワンクリックで使うことができます。

ため

動きがゆっくりなので、心地好いですね!

ちなみに、心地好いと長居したくなるので、サイト滞在時間が伸びますよ。

ため

サイト滞在時間が伸びるとGoogleが評価します。なので、上位表示されやすくなりますね。

ピックアップバナー

ピックアップバナーとは、読んで欲しい記事をトップページ最上段に設置する機能です。

ため

ここは目立つので、クリックされやすいされやすい。

なので、収益記事を貼ると良いですよ。

そうすれば、読者を収益記事に誘導することができます。

ため

僕の場合、稼ぐための導線が作れました。

SWELLの装飾機能

次は、SWELLの文字装飾機能です。

装飾機能
  1. ボックス
  2. 吹き出し
  3. リスト
  4. ボタン
  5. ステップ
  6. テーブル
  7. FAQ
  8. アコーディオン
  9. 説明リスト
  10. フォント
  11. マーカー

一つずつ見ていきましょう。

ボックス

SWELLには以下のボックスがあります。

SWELLのボックス
  • シンプルボックス
  • アクセントボックス
  • 小アイコンボックス
  • 大アイコンボックス
  • キャプション付きボックス

シンプルボックス

シンプルボックスは

  • デザイン:5種類
  • 背景色:25種類

計125通りのパターンがあります。

ため

実際のデザインを見ていきましょう。

1.グレーの枠線がついたボックス

2.グレーの点枠線がついたボックス

3.メイン色の枠線がついたボックス

4.メイン色の二重枠線がついたボックス

5.背景色をボックスにできます

ワンクリックでボーダー色を変えられる

枠線ですが

  • 線の種類
  • 線の太さ
  • 線のカラー

の変更が可能です。(実際の表示を確認しながら)

ため

なので、CSSをいじったり別タブを開いてデザインを確認する必要がありません。


記事作成がラクになりましたね。

アクセントボックス

アクセントボックスは

  • デザイン:12種類
  • 背景色:25種類

計300通りのパターンがあります。

ため

アクセントボックスのデザインを見ていきましょう。

1.ストライプ

2.方眼

3.角に折り目

4.スティッチ

5.かぎ括弧

6.かぎ括弧(大)

7.窪み

8.浮き出し

9.左に縦線

10.付箋

11.吹き出し(メインカラー)

12.吹き出し(ノーマル)

シンプルボックスと組み合わせられる

アクセントボックスは、シンプルボックスと組み合わせて使うことができます。

ため

例えばこんな感じ。

方眼+グレーの枠線がついたボックス

角に折り目+メイン色の枠線がついたボックス

スティッチ+背景色を変更+メインの枠線がついたボックス

この操作は、画面右側のメニューから行えます。(ビジュアルを確認しながら)

ため

シンプルボックス・アクセントボックス・背景色を合わせると、


ボックスのパターンは1,500通り


です。

小アイコンボックス

小アイコンボックスは6種類。

1.グッドアイコン

2.バッドアイコン

3.インフォアイコン

4.アナウンスアイコン

5.えんぴつアイコン

6.書籍アイコン

デザインは3種類

デザインは3種類あります。

ため

なので、小アイコンボックスのパターンは18通りですね。

①:フラット

②:吹き出し

③:ボーダー

デザインの変更はワンクリックで行えます。アイコン・背景色の変更もワンクリックでOKです。

大アイコンボックス

大アイコンボックスの種類は6種類。

1.電球アイコン

2.チェックアイコン

3.バツ印アイコン

4.はてなアイコン

5.アラートアイコン

6.メモアイコン

デザインは2種類

デザインは2種類あります。

ため

なので、大アイコンボックスのパターンは12通りですね。

①:フラット

②:立体

同一画面で、デザイン・アイコン色の変更が可能です。

キャプション付きボックス

キャプション付きボックス(タイトルが付けられるボックス)は7種類。

デフォルト
特上
特上2
枠内
浮き出し
内テキスト

色は4色

色は4色あります。

ため

なので、キャプション付きボックスのパターンは24通りですね。

メインカラー

色が固定

(デフォルトはオレンジ)

色の変更が可能

色の変更が可能

色の変更が可能

こんな感じで、1パターンにつき4色。ワンクリックで、ボックスカラーと背景色の変更ができます。(変更できるボックスは3つ)

吹き出し

SWELLの吹き出しは2種類あります。

ため

1種類めは”会話風”。

ため

2種類めは”心の声風”です。

ショートコードを使用せず、実際の表示を確認しながら使うことができます。

ため

この機能のおかげで、吹き出しの有料プラグインを買わなく済みました。

リスト

SWELLのリストは

  • 番号なし
  • 番号あり

があります。

ため

実際のデザインを見ていきましょう。

番号なしリスト

まずは番号なしリストです。

①:デフォルトスタイル

  • リスト1
    • リスト1-1
  • リスト2

②:目次スタイル

  • リスト1
    • リスト1-1
  • リスト2

③:チェックスタイル

  • リスト1
    • リスト1-1
  • リスト2

④:グッドスタイル

  • リスト1
    • リスト1-1
  • リスト2

⑤:バッドスタイル

  • リスト1
    • リスト1-1
  • リスト2

⑥:注釈スタイル

  • リスト1
    • リスト1-1
  • リスト2

※リストにはインデントが施せます

番号ありリスト

続いて、番号ありリストを見ていきましょう。

①:デフォルトスタイル

  1. リスト1
    1. リスト1-1
  2. リスト2

②:目次スタイル

  1. リスト1
    1. リスト1-1
  2. リスト2

③:丸数字スタイル

  1. リスト1
    1. リスト1-1
  2. リスト2

④:注釈スタイル

  1. リスト1
    • リスト1-1
  2. リスト2

※リストにはインデントが施せます

ビジュアルを見ながら使える

上記のリストは、ビジュアルを見ながらの使用が可能です。

ため

なので、別タブを開いて表示を確認する手間が省けました。

ボタン

SWELLのボタンは

  • デザイン:5種類
  • カラー:4色
  • 大きさ:3種類

計60通りのパターンがあります。

ボタンのレイアウト

ボタンのレイアウトです。

①:ノーマルボタン

②:立体ボタン

③:キラッと光るボタン

④:アウトラインボタン

⑤: MOREボタン

画面を見ながら変更できる

ボタンの

  • デザイン
  • カラー
  • 大きさ

の変更は、画面右側のメニューで行えます。

ため

実際に見ながら変更できるので、別タブを開いて確認する必要が無いですね。

丸みの変更やグラデーションの設定ができる

さらに、

  • 丸みの変更
  • グラデーションの設定

が同一画面で行えます。

ため

実際の動画を見ていきましょう。

ため

CSSをいじる必要が無いので、変更がラクになりました。

ステップ

ステップとは、契約手順や作業手順を順序ごとに分かりやすく説明でする機能です。

  • レイアウト:3種類
  • デザイン:2種類
  • カラー:13種類

計78通りのパターンがあります。

ステップのレイアウト

ステップのレイアウトです。

①:デフォルトスタイル

STEP
ステップ①
STEP
ステップ②

②:ビッグスタイル

STEP
ステップ①
STEP
ステップ②

③:スモールスタイル

STEP
ステップ①
STEP
ステップ②

画面右側のサイドバーで変更ができる

  • レイアウト
  • デザイン
  • カラー

の変更は、画面右側のメニューで行えます。

ため

実際に操作している動画を見ていきましょう。

実際の操作動画
ため

CSSをいじる必要がありませんね。

テーブル

比較表や一覧表を作るのに便利なテーブルは、4種類あります。

ため

実際のデザインを見ていきましょう。

テーブルデザイン

テーブルデザインです。

①:デフォルトスタイル

デフォルトスタイル

②:ストライプスタイル

ストライプスタイル

③:シンプルスタイル

シンプルスタイル

④:2重線スタイル

二重線スタイル

同一画面でデザインの変更や詳細設定ができる

デザインの変更や詳細設定は、同一画面で行えます。

ため

実際の動画を撮りました。

実際の操作動画

こんな感じなので、

  • テーブル 設定
  • テーブル スクロール

など、ググる必要がありません。

FAQ

よくある質問などに使えるFAQも搭載しています。

「Q」は、テキストのみの入力が可能です。

「A」は、

  • 画像
  • リスト
  • ボックス
  • 吹き出し
ため

上記4つが使えますよ。

パターンは432通り

そんなFAQは

  • デザイン:4種類
  • アイコンの形:3種類
  • Qアイコンカラー:6色
  • Aアイコンカラー:6色

計432通りのパターンがあります。

ため

変更はワンクリックでOKです。

実際に操作した動画を撮りました。

ため

CSSをいじらなくても好きなデザインが使えます。

なので、時短になりました。

アコーディオン

アコーディオンとは、「アコーディオンメニュー」を作る機能です。

ため

クリックするとコンテンツが開きます。

デザインは4種類

アコーディオンのデザインは4種類あります。

ため

デザインを見ていきましょう。

表示を確認しながらデザインの変更ができる

デザインの変更は、画面右側のメニューで行えます。

ため

これができることで


別タブでプレビューを開いて表示を確認


をしなくて済んでいますね。

説明リスト

説明リストとは、名前の通り、説明する時に使うリストです。

  • 商品とその解説
  • 機能とその解説

で使用します。

ため

難しいことを分かりやすく伝える時に便利ですね。

説明リストのデザイン

説明リストのデザインです。

①:デフォルト

商品A

説明

商品B

説明

②:左に線

商品A

説明

商品B

説明

③:横並び

商品A

説明

商品B

説明

④:縦並び表

商品A

説明

商品B

説明

ワンクリックでデザインが変えられる

デザインの変更は、ワンクリックで行えます。

ため

カンタンですよね。

フォント

SWELLのフォントです。

サイズ

極小  小  中  大  極代

強調・イスタリック

強調  イスタリック  強調+イスタリック

取り消し線

あいうえお

上付き

X2+X3=X5

下付き

CH3CH2OH

インライン背景色

あいうえお

インライン文字色

あいうえお

ため

記事作成に必要なものが、全てありますよ。

マーカー

SWELLのマーカーは4種類あります。

①:細線

②:太線

③:細ストライプ

④:ストライプ

ワンクリックで変更できる

マーカー色とデザインは、ワンクリックで変更が可能です。

ため

難しい操作がありませんね。

なので、余計な作業をする時間をカットできました。

画像

画像スタイルは7種類あります。

①:デフォルトスタイル

②:角丸スタイル

③:枠ありスタイル

④:影ありスタイル

⑤:フォットフレーム

⑥:ブラウザ風

⑦:デスクトップ風

デスクトップ風

ワンクリックで変更できる

スタイルはワンクリックで変更が可能です。

ため

僕は画像加工のためにCSSを操作していました。

でもSWELLって、画像加工のためにCSSを操作しなくて済むんですよね。

SWELLのエディタ機能

最後は、SWELLのエディタ機能です。

SWELLのエディタ機能
  1. 記事タイトル文字数カウンター
  2. ブログパーツ
  3. 余白調整
  4. ブログカート
  5. グループ化
  6. その他の機能

一つずつ見ていきましょう。

記事タイトル文字数カウンター

SWELLは記事タイトルの文字数を数える機能を搭載しています。

普通に入力すればカウントされるので、自分で数える必要がありません。

ため

なので、記事タイトル作りに専念できるようになりました。

ブログパーツ

SWELLは「ブログパーツ」に登録したものを、エディタで呼び出せます。

ブログパーツ

よく使うコンテンツを保存する機能です。

例)
・自己紹介文などのフォーマット
・よく使うアフィリエイトリンク

ため

呼び出し方はカンタン。

ブログパーツの呼び出し方

「ブログパーツ」ブロックをクリック
使いたいブログパーツを選ぶ
表示される
ため

たったこれだけです。

ブログパーツはサイドバーにも使える

ブログパーツはサイドバーにも使えます。

ため

例えば、このタブ切り替えの新着記事・人気記事。

ウィジェットに入力しているのは、ブログパーツのショートコードだけです。

サイドバーのタブ切り替え
ウィジェットにブログパーツのショートコード

画像をクリックすると大きくなります

ため

一記事ごとに入力しなくて済むので、時短になっていますね。

ブログパーツは表示を確認しながら作れる

上記のブログパーツは、表示を確認しながら作れます。

ブログパーツの編集画面
ため

記事を作る感覚でブログパーツを作成。

複雑な操作がありませんね。

余白調整

この機能を使うと、記事が読みやすくなります。

ため

というのは、1mm~6mm単位で行間を変えられるからです。

行間が変わるとリズムが変化するので、流れるように記事が読めます。

ブログカート

SWELLは関連記事をブログカートにする機能を搭載。

関連記事ブロックを呼び出す → 関連記事ブロックをクリック
記事タイトルを入力する → 記事タイトルを選択
内部リンクのブログカートが表示される

※キャプション(あわせて読みたい)の変更が可能

ため

たったこれだけで、ブログカートが作れます。

外部リンクにも対応

さらに、外部リンクもブログカートにすることが可能です。

関連記事ブロックを呼び出す → 関連記事ブロックをクリック
外部リンクをクリック
URLを入力 → 外部リンクのブログカートが表示される

※キャプション(SWELL)の変更が可能

ため

なので、カンタンにアフィリエイトリンクをブログカートにできます。

ブログカートにすると違和感が無いので、クリックされやすいですね。

グループ化

グループ化とは、2つのブロックを1つにまとめる機能です。

ため

こんなことができます。

画像ブロックとボタンブロックを一つにする
背景色をつける

リストを使った後にも枠が使える

記事を作ってる時、たま~にこんなことがありませんか?

枠を使用せずにリストを使った!!

この場合、枠を作ってリストを枠内にコピペするという二度手間が生じます。

ため

しかし、SWELLなら…

全リストを選んでグループ化をクリック
枠をつけられる

なので、二度手間が生じません。

ため

むしろ

・執筆は執筆
・装飾は装飾

と分けられます。

そうすると作業効率が上がるので、記事が早く書けるようになりますよ。

ため

実際に僕は、記事作成の時間を2h減らせました。

その他の機能

その他の機能です。

まだまだある!SWELLの機能
  • アイコン
  • 評価スター
  • 追従ヘッダー
  • お知らせバー
  • SNSシェアボタン
  • Twitterフォローボタン
  • Facebookいいねボタン
  • 記事一覧リストのタブ分け

などなど…

めちゃくちゃ機能が豊富なので、SWELLを買えば大丈夫です。

  • 有料プラグイン
  • 有料子テーマ

を購入しなくて済みます。

ため

“乾燥機付き洗濯機を買えば、間違いなく洗濯は大丈夫。乾燥機とか買う必要が無い。”

と同じですね。

SWELLを買っても失敗・損をしない?大丈夫??

有料テーマを買う時に思うのって

  • 失敗したくない
  • 損をしたくない

ですよね。

悩む人

無駄な買い物をしたくないからね。

僕もそれで悩みました。レビュー記事や比較記事を30本は読みましたね。

ため

でも、SWELLを購入して「後悔した!」と思ったことがありません。

ブログ開設当初は11,000円のテーマを使っていた

ブログ開設当初は11,000円のテーマを使っていました。

当時のテーマは機能が全くない。なので、記事作成よりも機能の実装に時間が掛かっていました。

ため

この時間が勿体無く感じます。

  • WordPressの仕組み
  • HTMLやCSS

について学べたものの、やはり時間が勿体無かったですね。

SWELLが気になったものの、違うテーマを買う

そんな時に出会ったのがSWELL。

HTMLの編集がいらない=プログラミングの知識が無くても使える

ことに驚きました。

ため

しかし、その時はなぜかTHE THORを購入。

はっきり言って、時間を無駄にしましたね。

時間を無駄にする

WordPressテーマはテーマ毎に設定が違います。なので、新テーマを買ったら、設定を覚えないといけません。

ため

さらに、こんな手間も生じます。

  • 機能の使い方を覚える
  • 一記事ずつデザインを直す
  • カスタマイズ方法を一から学ぶ
  • 無駄な時間とお金を使うことになる

僕はSWELLが気になったものの、THE THORを選びました。その後、「SWELLは使いやすい」という評判を聞いて導入。

現在に至ります。

ため

なんであの時THE THORを買ったんだろう???

今でも不思議ですし、後悔していますね(微笑)

買っても大丈夫!むしろ、買わない方が損!

なので言えるのですが、

気になっているなら買った方が良いです。

というのは、時間とお金を無駄にしなくて済むから。

それに、こんな魅力があります。

テーマ

  1. ブロックエディタに完全対応している
  2. 乗り換えサポートプラグインがある
  3. アフィリエイト機能が充実している
  4. 機能が豊富でカンタンに使える
  5. SEO対策が優れている
    • 有料テーマの中で最速の表示速度
    • Google推奨の「JSON-LD」に対応

執筆など

  1. 操作が超ラクでストレスが無い
  2. 無駄な労力を使わなくて済む
  3. 会員サポートの質が高い
  4. 追加費用が掛からない
  5. アップデートが頻繁
ため

それにより

・上位表示
・PVアップ
・アクセスアップ
・最短最速での収益化

が狙えます。

なので、「買わないことの方が損」かもしれません。

SWELLの導入手順

悩む人

そうなんだ~。

導入って難しい?

ため

カンタンです。

トータル10分くらいで終わりますよ。

導入手順は以下をご覧ください。スムーズに導入できるよう、画像を使って解説しています。

【早わかり】SWELL機能マニュアル【装飾・リスト・吹き出しなど】:まとめ

今回は、【早わかり】SWELL機能マニュアル【装飾・リスト・吹き出しなど】についてお伝えしました。

SWELLは

  • サイト表示速度が爆速になる機能
  • 上位表示を狙い撃てる機能
  • ブログ運営で役立つ機能
  • 収益化に必須な機能

上記を全て搭載。ワンクリックで使えます。

ため

なので、無駄な時間を極限までカット。結果を出すことに専念できますよ。

だから言わせてください。

SWELLは最短最速で結果を出す協力な助けになります!

  • 「上位表示を連発!アクセスやPVが増えた!」
  • 「SWELLを使ったら2ヵ月で5桁達成!!」

ぜひ実現してください!

ため

導入すると、実現するための一歩が踏み出せます。

なので、今すぐの導入がお勧めです!

\ 口コミで話題沸騰みんな使い始めてる /

有料テーマNo1の使いやすさ

手順を見ながら導入したい方はこちら

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる