書けば書くほどストレスがなくなるSWELLの評判・口コミはこちらclick

【保存版】初心者ブロガーのためのサイト設計マニュアル【稼げるブログの作り方】

URLをコピーする
URLをコピーしました!
悩む初心者ブロガー

「ブログで稼ぐにはサイト設計が大事」だと聞いたのですが、サイト設計とは何ですか?どうやれば良いんでしょう?

そんな悩みを解決します。

1記事あたり2~3万円稼いでいる僕がお伝えしますね。

この記事を書いている人

ため(@tame3_tame3
この記事で分かること
  • サイト設計のやり方
  • サイト設計のポイント

サイト設計とは、「ブログ全体の設計図」みたいなイメージで

  • サイト設計をやる・・・安定して稼ぐことができる
  • サイト設計をやらない・・・いつまで経っても稼ぐことができない

となります。

実際に僕は

  • サイト設計をする前・・・1円も稼げなかった
  • サイト設計をした後・・・1記事あたり2~3万円稼げるようになった

です。

そこで今回は、ブログのサイト設計のやり方についてお伝えします。

ため

後半ではサイト設計のポイントを解説しているので、最後までご覧ください。

それでは、本文を見ていきましょう。

目次

ブログのサイト設計でやること

ブログのサイト設計でやることは下記のとおりです。

ブログのサイト設計でやること
  1. テーマ・ジャンルを決める
  2. ペルソナを決める
  3. コンセプトを決める
  4. カテゴリーを決める
  5. 記事の設計をする
  6. ブログの名前を決める
  7. イメージカラーを決める

順番に説明しますね。

ブログのサイト設計のやり方①:テーマ・ジャンルを決める

まずは、テーマ・ジャンルを決めましょう。

  • 何を発信するのか
  • どんな分野を書くのか

と言ったことを選定します。

ため

適当だとPVや収益が増えず、挫折することに…

なので、しっかり決めてくださいね。

発信したいことをリストアップする

とは言え、「どう決めれば良いの?」って思いますよね?

まずは、発信したいことをリストアップしましょう。

ため

例えばこんな感じです。

  • 福祉
  • 介護
  • 転職
  • ブログ
  • 心理学
  • フリーランス
  • ライティング
  • マーケティング
  • Webマーケティング

etc…

この段階では何も気にせず、思いつく限り洗い出してください。

発信したいことを3つに絞る

発信したいことを洗い出したら、3つに絞りましょう。

というのも

  • 発信したいことが多い・・・執筆量が膨大になってブログが負担になる
  • 発信したいことが少ない・・・ネタが尽きて書くのが大変になる

ブログが苦痛になって挫折することになる

からですね。

ため

なので、多すぎず少なすぎない3つがベストです。

3つに絞るメリット

ちなみに、発信したいことを3つに絞ると下記のメリットがあります。

発信したいことを3つに絞るメリット
  • ブログの差別化がしやすい
ため

「ブログの差別化がしやすい」だけだと分かりにくいので、具体例を出しますね。

ブログの差別化がしやすい

例えば、節約術・投資・副業の3つをテーマにするとしましょう。

ため

この3つを書いている人がいないため、誰とも被らないです。なので、オリジナリティが出せます。

さらに

  1. 副業で稼いだお金を無駄遣いしない方法
  2. ①で浮いたお金を投資に回して短期間で資産を増やす方法

というように、「テーマを掛け合わせれば、独自情報の発信」が可能です。

ため

それによって、ブログそのものに価値が出るので


・ブログ読者がファンになる
・自然にアクセスが集まるようになる


ということが起こりますよ。

決める際のコツ

テーマを決める(絞る)際のコツです。

テーマを決める(絞る)際のコツ
  1. 自分が特化している分野
  2. 1年以上書き続けられる分野
  3. 調べることが苦痛じゃない分野

この3つが合わさった分野を選ぶこと

というのも

  1. ・・・詳しく書けるから
  2. ・・・結果が出るのは1年後だから
  3. ・・・内容が濃い記事を書けるから

ですね。

より詳しく知りたい方は、【完全版】ブログテーマ(ジャンル)の決め方&コツ【稼げる案件の選び方も解説】をご覧ください。

ブログのサイト設計のやり方②:ペルソナを決める

次は、ブログのペルソナ(ターゲット)を決めましょう。

具体的には

  1. 「誰の役に立つのか」
  2. 「どんなニーズがあるのか」

を考えます。

ため

例えば、看護師の転職について発信するとしましょう。


①:転職したい看護師
②:待遇を良くしたい


って思い浮かびますよね。

顔が思い浮かぶ人を選ぶ

ただ、これだけだと範囲が広すぎます。

範囲が広いと読者に刺さらないので、アクセスが集まりません。

ため

なので、ターゲットを絞り込む必要があるのです。

その際、顔が思い浮かぶ人を選ぶと良いですよ。

例えば、

  • 過去の自分
  • 会社で一番親しい人
  • 10年以来の付き合いがある親友

などですね。

なぜ顔が思い浮かぶ人が良いのか?

顔が思い浮かぶ人を選ぶ理由は単純で

ニーズ(悩んでいること)を把握しやすい=必要な記事を揃えられる

からです。

例えば、自分の親をターゲットにブログ運営のサイトを作ったとしましょう。どんな記事を入れれば良いのかが、分かりますよね?

ため

仮に、必要な記事を一つずつ入れていった場合。ブログ単位でターゲットのニーズを満たせます。

それにより、同じようなニーズがある人に役立つサイトになるのです。

言い換えると、「稼げるブログになる」ってことですね。

おすすめは「過去の自分」

ターゲットを決めるコツは、

過去の自分を選ぶ

ことです。

ため

というのも、ニーズを満たす記事が揃えやすいからです。

例えば、当ブログの場合。過去の自分がターゲットです

  • ブログ全体(過去の自分の悩み)
    • できないことが多すぎる
  • 副業ブログカテゴリー
    • PV・アクセス・収益が無い。どうすれば良い??

なので、上記のお悩み解決記事を入れています。(後述しています)

このターゲットは記事を書く際にも役立ちます。

詳しく知りたい方は、ブログのペルソナの作り方とは?設定方法を5つのステップで解説【初心者向け】をご覧ください。

ブログのサイト設計のやり方③:コンセプトを決める

次は、ブログのコンセプトを決めましょう。

ブログコンセプトとは?

一言で言うと、ブログの理念です。

  • ブログの在るべき姿・・・目的やミッション
  • ブログが目指す姿・・・目標やビジョン

と言った「ブログの根幹」になります。

ため

ブログコンセプトを決めると発信内容がブレません。

さらにコンセプトに共感した人がファンになったり、物を買ってくれたりします。

なので、しっかり決めましょう。

どんな悩みを解決し、何を実現するのか

ブログコンセプトの決め方はズバリ。

  • ターゲット
  • ターゲットの悩み
  • ターゲットのニーズ
  • ターゲットに提供する価値
  • どんな理想を実現するのか?

を考えることです。

ため

ちなみに、当ブログはこのように設定しています。

参考例として見ていきましょう。

コンセプト
ターゲット過去の自分
どんな悩み?できないことが多すぎる
どんなニーズ?できるようになりたい
どんな価値を提供する?できないことをできるようにする
どんな理想を実現する?0から1を生み出し、自分の人生を自分で切り開く

より詳しく知りたい方は、ブログコンセプトの決め方を5つの手順で解説【実例付き】をご覧ください。

ブログのサイト設計のやり方④:カテゴリーを決める

次は、ブログのカテゴリーを決めましょう。

カテゴリーとは、人体でいうところの「部位」。腕や足が合わさって肉体を作り上げるように、各カテゴリーが合わさってブログを構成します。

イメージ図

カテゴリーの決め方

カテゴリーの決め方です。

カテゴリーの決め方
  • 親カテゴリーは3つ・・・テーマ・ジャンルにする(抽象)
  • 子カテゴリーは5つぐらい・・・テーマ・ジャンルの詳細にする(具体)

ため

このようにすると、SEOに強くなって、読者が記事を探しやすくなります。(収益化できるブログが作れる)

「もっと詳しく知りたい!」と思った方は、SEOに強いブログカテゴリーの決め方&分け方のコツ【回遊率・PV・収益を増やす秘訣も解説】をご覧ください。

ブログのサイト設計のやり方⑤:記事の設計をする

次は、記事の設計をしましょう。

具体的には、カテゴリーに入れる記事をピックアップします。

ため

記事の設計で稼げるか稼げないか。資産化できるかできないかが決まるので、しっかりやりましょう。

基本知識

この部分はめちゃくちゃ大事なので、基礎知識からお伝えします。

基礎知識
  1. 記事は「収益記事・教育記事・集客記事」に分かれる
  2. 「集客記事」だけでは稼ぐことができない
  3. 「教育記事・集客記事」のアクセスを収益記事に流す

①:記事は「収益記事・教育記事・集客記事」に分かれる

ブログ記事は

  • 収益記事・・・売るための記事
  • 教育記事・・・商品に興味を持たせる記事
  • 集客記事・・・アクセスを集めてくる記事

に分けられます。

収益記事・・・売るための記事

収益記事一覧役割
キラーページ・まとめ記事複数の商品を紹介して興味を持たせる記事おすすめ〇選、比較〇選、人気ランキング〇選
個別レビュー記事商品を詳しく解説した記事口コミ評判レビュー、感想レビュー、〇〇レビュー
購入後サポート記事「購入しても大丈夫だ!」と安心感を与える記事〇〇の導入手順、〇〇の初期設定、〇〇の使い方

教育記事・・・商品に興味を持たせる記事

教育記事一覧役割
誘導記事商品を購入するように促す記事〇〇の選び方、〇〇は買っても大丈夫?
動機付け記事その商品を紹介し、「欲しい!」と思わせる記事〇〇のメリット・デメリット、〇〇の費用、

集客記事・・・アクセスを集める記事

教育記事一覧役割
お悩み解決記事読者の悩みを解決する記事〇〇の原因、〇〇の解決法
ノウハウ系記事ノウハウを伝える記事〇〇のやり方、〇〇をする方法

②:収益記事だけでは稼ぐことができない

ちなみに、収益記事だけでは稼ぐことができません。

その理由は2つあります。

収益記事だけでは稼げない理由
  1. 売り込み感が出るから
  2. ライバルが強くて競争が激しいから
①:売り込み感が出るから

例えば、ブログノウハウ系のサイトを見たとしましょう。

全記事がアフィリエイト記事だったら、「ウザい!」と思いませんか?

ため

これは売り込み感が出ているからです。

収益記事だけだと読者が同じように感じます。

②:ライバルが強くて競争が激しいから

収益記事はお金を生むので、企業サイトも書きます。

だから、ライバルが強くて競争が激しいです。

ため

これだと99.9%の割合で記事を上位表示させられません。仮に上位表示させられたとしても、企業サイトに持っていかれるのがオチです。

③:集客記事・教育記事から収益記事に流す

なので、集客記事・教育記事を作り、そこからアクセスを流す必要があります。

イメージ的にはこんな感じ。

イメージ図

こうすれば

収益記事でアクセスが集まり教育記事へ

教育記事で商品に興味を持ち誘導記事へ

誘導記事で「買おう」と思い収益記事へ

収益記事で購入される

という流れができます。

ため

ちなみに、購入サポート記事を読んで「安心してから」買うケースも多々あります。

記事の洗い出し方

基礎知識が理解できたところで、記事の洗い出し方についてお伝えします。

記事の洗い出し方

STEP
ゴールを定める
(収益記事を決める)

STEP
スタートを定める
(集客記事を決める)

STEP
スタートとゴールを埋める
(教育記事を決める)

具体例

例えば、社労士試験の通信教材を勧める場合。

記事一覧必要な記事
集客記事(スタート)・教材を使って独学にすべきという記事
・↑↑上記の理由に応える記事
教育記事(スタートとゴールを埋める)・勉強が捗る教材の特徴の解説記事
・教材の選び方の解説記事
収益記事(ゴール)・比較ランキング記事
・個別レビュー記事
・購入後サポート記事
・独学のイロハ記事

となります。

洗い出し方のコツ

洗い出し方のコツは、「質問に答えていくこと」です。

例えばこんな感じ。

例:「社労士試験カテゴリー」の場合

質問内容質問に答える記事記事の分類
最初の質問通学・独学・教材はどれが良いの?教材を使って独学が良い理由に応える記事お悩み解決記事
次の質問なんで教材を使って独学が良いの?教材を使って独学が良い理由に応える記事動機付け記事
次の質問 じゃあ、どんな教材を使えば良いの?学習が捗る教材の特徴に関する記事 動機付け記事
次の質問じゃあ、どう選べば良いの?教材の選び方を教える記事誘導記事
次の質問 おすすめの教材を教えておすすめの教材を教える記事キラーページや個別レビュー
次の質問教材の使い方を教えて教材の使い方を教える記事購入後サポート記事
最後の質問勉強の進め方を教えて独学のイロハを教える記事購入後サポート記事
赤;集客記事
青:教育記事
緑:収益記事

このようにすると、

  1. 前の質問に答えていくことができる(疑問・悩み・ニーズに応えられる)
  2. なので、ベルトコンベア式で購入まで至らせることができる
  3. 結果、ブログが働き続けてお金を生み出してくれる

ため、「放置しても収入を得ること」ができます。

ちなみに記事を書く順番は

①:収益記事
②:教育記事
③:集客記事

です。

ブログのサイト設計のやり方⑥:ブログの名前を決める

次は、ブログの名前を決めましょう。

ブログ名はブランドになるもの。「牛丼と言えば吉野家」みたく、「〇〇と言えばあなたのブログ名」となります。

ため

なので、しっかり決めましょう。

ブログの名前の決め方

ブログの名前の決め方です。

要素が幾つもあるのですが、下記の3つを押さえればOKです。

ブログの名前の決め方
  1. タイトルだけで発信内容が分かるか?
  2. 語呂が良くて覚えやすいか?
  3. 差別化ができるか?

①:タイトルだけで発信内容が分かるか?

理由は単純で、パッと見で「どんなサイトなのか」が把握できるからです。

例えば、「株価.com」「転職ブログ」の場合。名前を見ただけで、「どういうブログなのか」が予想できますよね?

そうすると「読んでみよう」と思わせられるので、クリックされやすくなります。

②:語呂が良くて覚えやすいか?

語呂が良くて覚えやすいと、検索されるようになります。

例えば、「アマゾン」「楽天(らくてん)」。ついつい検索してしまうのでは無いでしょうか。

なので、語呂が良くて覚えやすい名前にしましょう。

ため

4文字にすると良いですよ。

③:差別化ができるか?

差別化ができれば、他のブログと被りません。

なので、「ブログ名」で検索した際、埋もれなくて済みます。

ため

言い換えると、アクセスが集められるってことです。

ブログの名前例

とは言っても、中々決められませんよね。

なので、参考になるブログ名をご紹介します。

ため

真似てアレンジしてみてください。

タイトルだけで発信内容が分かる

語呂が良くて覚えやすい

差別化しやすい

詳しく知りたい方は、ブログの名前(タイトル)の決め方&コツ【結論、指名検索されるようになります】をご覧ください。

ブログのサイト設計のやり方⑦:テーマカラーを決める

最後は、ブログのテーマカラーを決めましょう。

ざっくり言うと、テーマカラーとはブログを色で表したもの。

  • 印象付けられるので覚えてもらいやすい
  • 色によって個性を立てられるので差別化しやすい

というメリットがあります。

ため

テーマカラーだけでもアクセスが変わりますよ。

1stブログを運営していた時のこと。

テーマカラーをオレンジ⇒紫に変えただけで、アクセスが100増えました。

テーマカラーを決めるコツ

テーマカラーを決めるコツはズバリ。

どんな印象を持ってもらいたいか

で選ぶことです。

例えば

  • 信頼や誠実・・・青
  • 癒しや安全・・・緑

といった感じですね。

ため

色カラーを参考にすると、決めやすくなりますよ。

ブログのサイト設計のポイント

ここでは、ブログのサイト設計のポイントをお伝えします。

ブログのサイト設計のポイント
  • サイト構造を意識する
  • カテゴリー毎にコンセプトを決める
  • 同じカテゴリーの記事を内部リンクで繋ぐ

一つずつ説明しますね。

サイト構造を意識する

まずは、サイト構造を意識しましょう。

具体的にはこんな感じです。

このような構造にすると、下記のメリットがあります。

メリット
  • Googleが評価して上位表示されやすくなる・・・アクセスが集まりやすくなる
  • 読者が記事を探しやすくなる・・・集客記事 ⇒ 教育記事 ⇒ 集客記事へと進みやすくなる

なので、収益性の高いブログになりますよ。

カテゴリー毎にコンセプトを決める

次は、カテゴリー毎にコンセプトを決める。

理由は単純で

カテゴリー単位で読者のニーズを解決できる=必要とされる

からです。

具体例

例えば、当ブログの「副業ブログカテゴリー」の場合。

コンセプト
ターゲットブログを開設して3ヵ月目の、2020年5月の自分
どんな悩み?PV・アクセス・収益が無い。どうすれば良い??
どんなニーズ?少ない記事数でアクセス・PV・収益を稼ぎたい
どんな価値を提供する?ブログノウハウ
どんな理想を実現する?わずか1,000アクセスで月5,000PV・収益5万円を達成

上記のように定めています。

ため

そうすると、役立つブログ(=資産化ブログ)になりますよ。

なので、ぜひカテゴリー毎にコンセプトを決めてください。

同じカテゴリーの記事を内部リンクで繋ぐ

最後は、同じカテゴリーの記事を内部リンクで繋ぐ。

内部リンクとは、自分のサイトを行き来するために貼るリンクのことです。

具体的には

Aカテゴリーの〇記事を、同じカテゴリーの×記事に貼る

ですね。

こんな感じ

クリックすると画像が大きくなります
ため

内部リンクを貼ると


✓クローラーが巡回しやすくなる・・・SEOに強くなる
✓読者がサイト内を回りやすくなる・・・PVや収益が増える


というメリットがあります。

詳しく知りたい方は、【初心者ブロガー向け】内部リンクとは?効果的な貼り方&コツを解説【SEOに強くなってブログが伸びる】をご覧ください。

【お疲れ様です】最後にブログ運営がしやすくなるツールをご紹介します

これでサイト設計は完了です。お疲れ様でした。

ここまでしっかりやれば、稼げるブログが作れるはずです。

ため

後はブログを運営して、収益を上げていきましょう!

その際、WordPressテーマSWELLを使うと良いですよ。

なぜなら

  • HTML/CSSをいじる必要が無い
  • 直感的な操作で扱える
  • 機能が豊富にある

ストレスなく快適に使える

ので、ブログ運営に専念できるからです。

詳しくは、【SWELLレビュー】ブログが楽しくなって継続がラクになるテーマをご覧ください。

ピックアップ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事が少しでも役に立ったらシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
トップへ
目次
閉じる