書けば書くほどストレスがなくなるSWELLの評判・口コミはこちらclick

SEOキーワード選定のやり方3ステップ|選び方のコツも解説【ブログ初心者必見】

URLをコピーする
URLをコピーしました!
悩む初心者ブロガー

つい最近ブログを始めたばかりで、SEOキーワード選定ことが分かりません。

SEOキーワード選定って何ですか。どうやれば良いんでしょうか。

そんな悩みを解決します。

ブログ歴1年。上位表示を連発している僕がお伝えしますね。

この記事を書いている人

ため(@tame3_tame3
この記事で分かること
  • SEOキーワード選定の基礎知識
  • SEOキーワード選定のやり方&コツ
  • SEOキーワード選定で注意すべきこと

SEOキーワード選定とは、書きたい記事のキーワードを決めることです。

しっかりやればSEOで評価されて、上位表示できます。

が、怠るとSEOで評価されず、いつまで経っても上位表示できません。

実際、

  • キーワード選定をしっかりやっている今のブログ・・・基本的に上位表示される
  • キーワード選定を怠っていた1stブログ・・・いつまで経っても上位表示されない

でしたね。

そこで今回は、SEOキーワード選定の基礎知識・やり方&コツをお伝えします。

ため

本記事を読めばSEOキーワード選定について理解し、しっかりできるようになりますよ。

それでは、本分を見ていきましょう。

目次

SEOキーワード選定の基礎知識

まずは、SEOキーワード選定の基礎知識をお伝えします。

SEOキーワード選定の基礎知識
  • SEOキーワードとは?
  • なぜ検索するのか?
  • キーワードは3種類ある

一つずつ見ていきましょう。

SEOキーワードとは?

検索する際に使うワード(SEOキーワード)は

質問 / 疑問

です。

例えば、本記事に辿り着いた時のことを思い出してみてください。

SEOキーワード選定ってなに?
どうやれば良いの??

と思って、「SEOキーワード選定 やり方」と検索したのではないでしょうか。

なので、SEOキーワードは「質問/疑問」ということができるのです。

なぜ検索をするのか?

前述の「SEOキーワードは「質問/疑問」を念頭に置くと、検索する理由が見えてきます。

それは、

悩みを解決したいから

です。

具体例

例えば、本記事に辿り着いた「SEOキーワード選定やり方」の場合。

  • SEOキーワード選定のやり方を知りたい
  • 上位表示されるようになりたい
  • アクセスを増やしたい

という悩みを解決したくて、検索したのではないでしょうか。

ため

これは読者も同じです。

悩みを解決したいから

  • Googleの検索窓に「質問/疑問」を入力
  • 検索結果に表示された「答え」の中からベストなもの(記事)をクリック

しています。

ため

なので、キーワード選定をしたら「質問/疑問の答えを書く」ことが必須。これができないと、上位表示はされませんね。

キーワードは3種類ある

そんなSEOキーワードは3種類あります。

キーワードの種類
  1. ビッグキーワード
  2. ミドルキーワード
  3. ロングテールキーワード

①:ビッグキーワード【検索ボリューム10,000~】

まずは、ビッグキーワード。

  • ブログ
  • アフィリエイト

など1語であることが特徴。

上位表示させれば莫大なアクセスが見込めるが、難易度がめちゃくちゃ高い。

ため

なので、難しいですね…

ミドルキーワード・ロングテールキーワードと組み合わせて攻略しましょう。

②:ミドルキーワード【検索ボリューム1,000~10,000】

次は、ミドルキーワード。

  • ブログ 始め方
  • アフィリエイト 初心者

など2語であることが多いです。

ビッグキーワードよりも難易度が低いので、狙いやすいですね。

ため

ロングテールキーワードで対策をすればいけます!

③:ロングテールキーワード【検索ボリューム100~1,000】

最後は、ロングテールキーワード。

  • ブログ 始め方 マニュアル
  • アフィリエイト 初心者 マニュアル

のように、3語から構成されます。

難易度が低くて収益にもつながりやすいので、狙い目です。

ため

なので、まずはロングテールキーワードを狙いましょう!

そしてブログが育ったら、ミドルキーワードって感じですね。

SEOキーワード選定のやり方の全体図

それでは、SEOキーワード選定のやり方をお伝えします。

SEOキーワード選定のやり方
  1. 上位表示させたいキーワードを選ぶ
  2. キーワードを絞り込む
  3. キーワードを整理して優先度を決める

順番に説明しますね。

SEOキーワード選定のやり方①:上位表示させたいキーワードを選ぶ

まずは、上位表示させたいキーワードを選びましょう。

例えば、運営しているブログが下記の場合。

運営ブログ
  • ジャンル:転職
  • 子カテゴリー:30代の転職
  • 検索1位を取りたい記事:30代向け転職エージェント
  • ターゲット:転職をして年収をアップさせたい30代サラリーマン

上位表示させたいキーワードは、「30代 転職エージェント」となります。

ため

「検索1位を取りたい記事=上位表示させたいキーワード」と覚えると良いですよ。

この際、一緒にターゲットを決めると、後がかなりラクになります。

上位表示させたいキーワードとは?

ところで、上位表示させたいキーワードとはいったいなんでしょうか。

それは

サイトにアクセスを集めて収益化を狙うキーワード

です。

例えば、「30代 転職 エージェント」で検索1位を取ったとしましょう。

そうすると

  • ターゲットとしている人のアクセスが増える
  • その中から転職エージェントに登録する人も出て来る

と思いませんか?

ため

そのような訳で、


「上位表示させたいキーワード=サイトにアクセスを集めて収益化を狙うキーワード」


になります。

関連するキーワードを確認する

上位表示さたいキーワードが決まったら、関連するキーワードを確認しましょう。

なぜなら、

関連するキーワードで記事を書かないと
上位表示させたいキーワードが検索1位にならないから

です。

例えば、「30代 転職エージェント 」の場合。

関連するキーワードの記事がないとGoogleが評価しません。

一方、

  • 「30代 転職 リアル」
  • 「30代 転職 現実」
  • 「30代 転職 できるの?」

などの記事が複数あると、Googleが評価します。

ため

なので、関連するキーワードを確認しましょう!

関連するキーワードの確認手順

関連するキーワードの確認手順です。

「30代 転職」を例にしますね。

キーワードの確認手順

STEP
ラッコキーワードにログイン。検索窓にキーワードを入力する
STEP
表示されたキーワードを見る
ため

気になったキーワードがあったら、幾つかピックアップしましょう。

ピックアップしたキーワードでググる

ピックアップしたら、そのキーワードでググります。

ため

理由は単純で、「どういうサイトが上位表示されているのか」を確認するためです。

具体例として、「30代 転職 現実」で検索しますね。

上位表示しているサイトはこんな感じです。

ため

全部個人運営なので、普通に検索1位を狙うことができます。

上位記事の目次を見る

その際、上位記事をクリックして目次を見ましょう。

理由は単純で

  • どんな情報が書いてあるのかが分かるから
  • どんな記事構成なのかが分かるから

です。

ため

言い換えると、


「どうやって悩みを解決しているのかが分かる」


となります。

SEOキーワードのやり方②:キーワードを絞り込む

どんなキーワードがあるのかを確認したら、キーワードを絞り込みます。

手順は下記のとおりです。

キーワードを絞り込む手順
  1. ラッコキーワードを使ってサジェストキーワードを取得する
  2. Ubersuggestで検索ボリュームをチェックする

手順①:ラッコキーワードを使ってサジェストキーワードを取得する

まずは、ラッコキーワードを使ってサジェストキーワードを取得します。

サジェストキーワードとは?

検索する時に予測して表示されるキーワードのこと。

そのキーワードと一緒に検索されているので、読者の知りたいことが分かります。

サジェストキーワードの取得手順

サジェストキーワードの取得手順です。

具体例として、「30代 転職エージェント」で取得しますね。

取得手順

STEP
ラッコキーワードにログイン。検索窓にキーワードを打ち込む。
STEP
Googleサジェストを取得する

手順②: Ubersuggestで検索ボリュームをチェックする

次は、Ubersuggesを使って検索ボリュームをチェックします。

検索ボリュームとは?

1ヵ月間にググられている回数です。

例)
・検索VOL100・・・1ヵ月間に100回ググられている
・検索VOL1000・・・1ヵ月間に1000回ググられている

余談ですが、キーワードプランナーだとざっくりとした数字しか見れません。(例:10~1000)

しかし、Ubersuggesなら具体的な数字が分かります。

Ubersuggesの使い方

Ubersuggesの使い方です。

「30代 転職エージェント」を例に見ていきましょう。

STEP
Ubersuggesにログイン。検索窓にサジェストキーワードを入力し、「SUBMIT」をクリック
STEP
左側のメニューにある「キーワード候補」をクリック
STEP
「CSVで出力」をクリック
ため

これでOKです!

Ubersuggesのchrome拡張機能を入れると良い

少し脱線します。

Ubersuggesは3回までしか使えません。

ため

なので、3回以上使う場合、Ubersuggesのchrome拡張機能を入れると良いです。

40回まで検索できるうえ、検索画面の右側に検索ボリュームが表示されます。

Ubersuggesのchrome拡張機能

>>Ubersuggesをchromeに追加する

SEOキーワード選定のやり方③:キーワードを整理して優先度を決める

続いて、キーワードを整理して優先度を決めます。

手順は下記のとおりです。

キーワードを整理して優先度を決める手順
  1. ニーズが同じならキーワードを1つにまとめる
  2. 狙うは検索ボリューム100~1000・SEO難易度40以下

手順①:ニーズが同じならキーワードを1つにまとめる

先ほどダウンロードしたCSVファイルを開きます。

上記を整理していきますね。

実際に整理すると

整理するとこんな感じ。

  • 同じようなニーズなら1つのキーワード
  • 使わないキーワードは赤背景色

にしています。

ため

こうすると漏れが無くなるので、Googleから評価されやすくなりますよ。

手順②:狙うは検索ボリューム100~1000・SEO難易度40以下

キーワードの整理が終わったら、キーワードの優先度を決めます。

優先度を決めるポイントは、下記のとおりです。

優先度を決めるポイント
  • 検索ボリューム100~1000・・・そこそこ検索されているのでアクセスが集まる
  • SEO難易度40以下・・・ライバルが強くないので上位表示されやすい

したがって、優先度はこんな感じになります。

優先度例

ため

このようにすることで、


①:ライバルが弱いところで上位表示
②:①の評価でライバルがそこそこ強くても上位表示
③:その連なりで、「30代 転職エージェント」で上位表示


が期待できます。

アドセンス収益を増やしたい場合、CPCを見よう

アドセンス収益を増やしたい場合、CPCを見ましょう。

CPCとは?

1クリックで得られるアドセンスの収益額です。

CPCが高ければアドセンス収益が増え、CPCが低ければアドセンス収益が減ります。

ため

なので、アドセンス収益を増やしたいなら、CPCを見ましょう!

SEOキーワード選定のコツ【選んだキーワードで上位表示させる方法】

ここでは、SEOキーワード選定のコツをお伝えします。

SEOキーワード選定のコツ
  1. 共起語を使う
  2. 類語・連想語を使う
  3. 検索ボリューム0~100も狙う
  4. 関連記事同士を内部リンクで繋ぐ
  5. 検索意図のリサーチをしっかりする
  6. ライバルチェックを徹底して行う

一つずつ見ていきましょう。

コツ①:共起語を使う

まずは、共起語を使う。

共起語とは、そのキーワードと一緒に使われている言葉です。

使用することで、Googleが「読者が欲しい情報をちゃんと書いている」と認識。SEOで評価されて、上位表示されやすくなります。

ため

なので、共起語を使うと良いですよ。

共起語の調べ方

共起語の調べ方です。

STEP
共起語検索ツール にログイン。検索窓にキーワードを打ち込む
STEP
共起語が表示される
ため

上記で取得した共起語を、記事本文に散りばめればOK。

コツ②:類語・連想語を使う

次は、類語・連想語を使う。

一定数ですが、類語・連想語で検索する人がいます。

  • 転職エージェント・・・職業紹介会社
  • 転職サイト・・・求人サイト

ため

このような人がアクセスできるよう、類語・連想語を使いましょう。

類語・連想語の調べ方

類語・連想語の調べ方です。

STEP
日本語シソーラス 連想類語辞典にアクセス ⇒ 検索窓にキーワードを打ち込む
STEP
類語・連想語が表示される
クリックすると画像が大きくなります
ため

上記を文中にまぶしていきましょう!

コツ③:検索ボリューム0~100も狙う

次は、検索ボリューム0~100も狙いましょう。

理由は単純で

  • アクセスが見込める場合があるから
  • 記事が評価されてサイトがSEOに強くなるから

です。

当ブログには「SWELL 初期設定(検索ボリューム0)」で書いた記事があります。

誰も調べなさそうですが、月間500~1000ほどのアクセスが。

さらに、関連記事も上位表示されやすくなりました。

ため

なので、検索0~100でも記事を書きましょう。

コツ④:関連記事同士を内部リンクで繋ぐ

次は、関連記事同士を内部リンクで繋ぎましょう。

なぜなら、

記事Aの評価が記事Bに引き継がれ、記事Bが上位表示されやすくなる

記事Bが上位表示されることで、記事Aの評価が上がる

結果、両方ともSEOで評価され、上位表示されやすくなる

からです。

検索ボリュームが大きい記事にも内部リンクを貼る

加えて、検索ボリュームが大きいキーワードにも内部リンクを貼りましょう。

理由は単純で、記事単体で検索上位を取るのが難しいからです。

ため

なので、このようにします。

そうすれば

  • Googleに関連記事として認識してもらえる
  • 個別記事の評価が引き継がれる

ので、検索ボリュームが大きいキーワードでも上位表示を狙えます。

コツ⑤:検索意図のリサーチをしっかりする

次は、検索意図のリサーチをしっかりする。

検索意図とは・・・そのキーワードで解決したい読者の悩み

具体的には

  • そのキーワードで何が知りたいのか
  • それによって、どんな悩みを解決したいのか

を調べます。

例えば、「転職 成功するには?」というキーワードの場合。

  • 読者が知りたいこと・・・転職に成功する方法
  • 解決したい悩み・・・転職活動が思うように上手く行っていない

ということが考えられますよね。

ため

読者は答えを求めて検索をします。なので、検索意図をリサーチして答えを提供できるようにしましょう。

検索意図の調べ方については、下記の記事をご覧ください。

コツ⑥:ライバルチェックを徹底して行う

最後は、ライバルチェックを徹底して行う。

ライバルチェック・・・上位表示できる要素を探すこと

理由は単純で、競合が強かったら上位表示されないからです。

例えば、検索ボリューム0のキーワードで記事を書くとします。

そして、どんな記事があるのかを確認してみたところ…

『イケダハヤト』さんや『ヒトデ』さんが上位にあったら、勝てませんよね?

ため

でも、ライバルチェックをすれば勝てる可能性が出てきます。

ライバルチェックのやり方については、ブログのライバルチェックのやり方&コツ【上位表示を連発する僕が徹底解説】をご覧ください。

SEOキーワード選定をする際に注意すべきこと

最後に、キーワード選定をする際に注意すべきことをお伝えします。

それは、同じキーワードで記事を2つ書かないことです。

同じキーワードで記事を2つ書くと、SEOの評価が分散。片方が表示されない、両方とも表示されないということが起こります。

ため

なので、同じキーワードで記事を2つ書くのは辞めましょう。

1キーワード1記事を徹底してくださいね!

SEOキーワード選定のやり方3ステップ|選び方のコツも解説【ブログ初心者必見】:まとめ

今回は、SEOキーワード選定基礎知識・やり方&コツについてお伝えしました。

  • SEOキーワードは読者の「質問/疑問」
  • 読者が検索をする理由は「悩みを解決したいから」

ブログを伸ばすうえで、SEOキーワード選定は超重要。

ちゃんとやれば検索1位を獲得して、アクセスが見込めます。

ため

なので、本記事の内容をぜひマスターしてください!

今回は以上です。

ピックアップ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事が少しでも役に立ったらシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (7件)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
トップへ
目次
閉じる