MENU
カテゴリー
アーカイブ
「記事を見て欲しい時」のための"ブログ添削記事添削サービス"!超具体的フィードバックで記事が生まれ変わる

文章推敲とは?やり方&コツを解説【結論、PV・収益UPに直結します】

URLをコピーする
URLをコピーしました!
悩む人

推敲って大事ですか?

もし大事なら、やり方とコツが知りたいです。

そんな疑問を解決します。

この記事で分かること
  • 文章推敲とは?
  • 文章推敲のやり方
  • 文章推敲のコツ
  • おすすめ無料推敲ツール6選
  • 文章推敲の心得【一期一会】

この記事を書いている人

ため(@tame3_tame3

推敲はめちゃくちゃ大事です。

なぜなら

  • 記事の質がめちゃくちゃ上がる
  • その結果、読者やGoogleが評価する

PV増・収益増・上位表示が実現する

から。

ブログを開設した当初、僕は推敲していませんでした。

そうしたら、月間10PV(Twitter流入)で収益はゼロ...

さらに、記事が検索結果に表示されませんでした。

ため

丁度そんな時、Twitterで推敲を知ります。

そして推敲をすると、わずか数日で日間100PVを達成。アフィリエイトリンクも踏まれるようになったのです。

ため

そればかりか、検索1位を連発するようになりました。

そこで今回は、文章推敲のやり方&コツについてお伝えします。

ため

本記事を読めば、推敲ができるようになって、記事の質を上げられますよ。

それによって

  • PV増
  • 収益増
  • 上位表示連発

も夢ではありません。

ため

それでは、本文を見ていきましょう。

目次

\ みんな使い始めてる /

WordPressテーマSWELL【あなたのブログ生活を180度変える魔法のテーマ】

HTML/CSSを操作する必要が一切ない

・機能が豊富!カスタマイズサイトを見て自作する必要が無い!
・上位表示されやすい「JSON-LD」に対応!検索TOP10連発も夢じゃない

・だから、1/2の労力でライバルに圧倒的な差を付けられる!(非常に有利になる)

結論:(短期間で)ブログを資産化したり、人気ブロガーになるのも夢ではありません!

参考【SWELLレビュー】ブログが楽しくなって継続がラクになるWordPressテーマ

文章推敲とは?

まず、推敲の基礎知識についてお伝えします。

文章推敲の基礎知識
  • 推敲とは「明瞭な文章にすること」
  • 推敲をする目的は「伝わるようにするため」
  • 期待できる効果は2つ

一つずつ説明しますね。

推敲とは「明瞭な文章にすること」

推敲を一言で言うと、「明瞭な文章にすること」です。

  • 分かりにくい表現があれば、分かりやすい表現にする
  • 論理が通っていなければ、論理が通るようにする

などを行います。

推敲をする目的は「伝わるようにするため」

推敲をする目的は、「伝わるようにするため」。

明瞭な文章にすることによって、記事の内容が理解しやすくなります。

推敲例

下記のSEOを解説した文章を見てください。

SEOとは「Search Engine Optimization」の略称で、日本語にすると「検索エンジン最適化」といいます。
具体的には自分のWebサイトの内容を、Googleなどの検索エンジンに理解しやすいように最適化することです。

推敲前は文章が難しくて、内容が理解できません。それに対し、推敲後は文章がシンプルで、内容が理解しやすいです。

ため

推敲をすれば記事の完成度が高まるので、めちゃくちゃ分かりやすくなりますよ。

期待できる効果は2つ

推敲にて期待できる効果は、2つあります。

推敲で期待できる効果2つ
  1. 平均ページ滞在時間が伸びる
  2. アフィリエイトリンクが踏まれる

①:平均ページ滞在時間が伸びる

1つめは、平均ページ滞在時間が伸びること。

平均ページ滞在時間とは?

記事が読まれた時間の平均値です。

平均ページ滞在時間が伸びると、

検索エンジン

この記事は検索ユーザーの役に立ってる。

と検索エンジンが認識。それによって、検索順位が上がるのです。

アフィリエイトリンクが踏まれる

2つめは、アフィリエイトリンクが踏まれること。

推敲して明瞭な文章になることで

  1. 魅力が何なのかがすぐ分かる
  2. それによって、「これ欲しい」と思う
  3. その結果、アフィリエイトリンクが踏まれる

こんなことが起こります。

ため

SEOでも評価されてアフィリエイト収益も発生する...

推敲をやらない理由が無いですよね。

文章推敲のやり方

では、文章推敲のやり方をお伝えします。

検索1位を連発する僕が使っているので、参考になるはずです。

文章推敲のやり方
  1. 時間を置いてから記事を読み直す
  2. 読み上げアプリを使って記事を聞く
  3. スマホなど違うデバイスから記事を読む

一つずつ説明しますね。

やり方①:時間を置いてから記事を読み直す

まず、時間を置いてから記事を読み直しましょう。

記事を書いた直後は筆者目線が強く残るもの。誤字脱字や表現の違和感に気づけません。

ため

なので、クールダウンをさせる必要があります。

1晩記事を寝かせ、翌日に推敲する

クールダウンの目安は1日。1晩寝かせて翌日に推敲すると良いです。

ため

筆者目線が抜けるので、一読者として自分の記事が見れますよ。

実際、僕も1晩寝かせて翌日に推敲していますが、まあ酷い(笑)

  • 誤字脱字
  • 表現の違和感
  • 論理が破綻している

こんなことがよくあります。

ため

つまり、筆者目線だと気づかなかったことに気付けるってことです。

なので、1晩寝かせて翌日に推敲すると良いですよ。

やり方②:読み上げアプリを使って記事を聞く

次に、読み上げアプリを使って記事を聞きましょう。

人は記事を読む際、脳内で音声に変換するもの。

ため

テンポが良ければ読みやすく、テンポが悪ければ読みづらくなります。

テンポは句読点の場所で分かる

悩む人

テンポってどこで分かるんですか?

ため

句読点です。

下記の文章を読み比べてみてください。

今日の夕ご飯はそばを、食べた。

二八そばだったのでコシが、あった。

例①と例②は、テンポが悪いです。それに対し、例③はテンポが良いですよね。

ため

テンポですが、黙読だと気づきません。

なので、読み上げアプリを使って、テンポを確かめてくださいね!

言い回しが伝わるかどうかも分かる

読み上げアプリを使う、もう一つのメリットがこれ。

言い回しが伝わるかどうかが分かることです。

ため

例えば、ばくる。※北海道の方言で、「交換」という意味です。


僕は3年くらい北海道に住んでいたことがあるので、音読や黙読だとスルー。


しかし、読み上げアプリを使うと「あれ??」となります。

気づかないことも気づける読み上げアプリ。使った方が良いですね。

やり方③:普段と異なるデバイスから記事を読む

最後は、普段と異なるデバイスから記事を読みましょう。

具体的には

  • PCで記事を書く場合・・・スマホやタブレットで自分の記事を読む
  • タブレットで記事を書く場合・・・スマホやPCで自分の記事を読む

という感じです。

ため

これをやると、


・論理が成立しているか破綻しているか
・検索意図を捉えているか外しているか



が分かります。

読者目線に立てる

大きな理由としては、読者目線に立てるからです。

過去に、板前で修業していたことがあります。


休日に客として行ったのですが、味や接客の良し悪しが分かりませんでした。


しかし、退職した後に行ってみると、味や接客の良し悪しが分かったんですよね。

上記と同じことが起こり、

  • 同じデバイス(無意識のうちに書き手目線になる)
    • 論理が成立しているか破綻しているかが分からない
    • 検索意図を捉えているか外しているかが分からない
  • 違うデバイス(無意識のうちに読み手目線になる)
    • 論理が成立しているか破綻しているかが分からない
    • 検索意図を捉えているか外しているかが分からない

となるのです。

ため

なので、違うデバイスを使ってみると良いですよ。

文章推敲のコツ

文章を推敲する際、以下のコツを押さえましょう。

文章推敲のコツ
  1. 文章を削る
  2. 余白を意識する
  3. リズムに変化を付ける
  4. シンプルな表現に言い換える
  5. ひらがなと漢字のバランスを見る
  6. 実際にスクロールして読んでみる

一つずつ説明しますね。

コツ①:文章を削る

まずは、文章を削る。

余計な文言を削ぎ落すことで、言葉が洗練され、伝わる文章になります。

推敲例

推敲例です。

ブログで稼ぐにはアフィリエイト記事を上位表示させる必要があるので、アフィリエイト記事を作り、Googleが認識できるように適切にキーワードを設置しましょう。(78文字)

ため

短文だと頭に入ってきますよね。

文章を削る際に意識すること

文章を削る際に意識することは

  • 一文40文字以下に
  • 形容詞・副詞は最小限に
  • 一文で伝える情報はひとつ
  • 意味の切れ目で句読点を打つ
  • 主語と述語をそなえた文章はひとつ

です。

ため

洗練された文章になるので、めちゃくちゃ分かりやすくなりますよ。

コツ②:余白を意識する

次は、余白を意識する。

余白が多いと、目が疲れないので、見やすくなります。

ため

それによって、読者は「美しくて綺麗」と感じますよ。

https://twitter.com/nursetakugai/status/1366203482823217158?s=20

推敲例

推敲例を見ていきましょう。

エディタは、クラシックエディタとブロックエディタの2種類あります。

クラシックエディタは2018年まで使われていたエディタで、HTML/CSSの操作が必要でした。対して、ブロックエディタは2018年から使われ、HTML/CSSの操作が不要です。

クラシックエディタのサポートは2021年末に終了するので、今からブロックエディタに慣れましょう。

ため

全然違いますよね。

余白の目安

余白の目安は

  • クラシックエディタ・・・改行幅2行
  • ブロックエディタ・・・改行幅2行

です。

ため

ちなみに、SWELLを使っている場合、余白を4mm~5mmにしましょう。

程よい心地良さが生まれるので、ページ滞在時間が伸びますよ。

SWELLとは?

2019年3月にリリースしたWordPressテーマです。

当ブログでも使っており

  • 投稿画面で文字装飾の確認ができる
  • 投稿画面でスマホ表示が確認できる
  • 余白調整機能で読みやすくできる

という優れもの。

基本操作は「機能を選ぶ → 左クリック」だけなので、

  • 執筆に専念できる
  • それによって文章の質が上がる

というメリットがあります。

ため

詳しくは以下にまとめているので、ぜひご覧ください。

関連記事

コツ③:リズムに変化を付ける

次は、リズムに変化を付ける。

前述でもお伝えしたとおり、人は記事を読む時に脳内で音声に変換。

ため

リズムが同じだと飽きてしまいます。しかし、リズムに変化を付ければ飽きません。

推敲例

具体例です。

推敲前・推敲後を見比べてみてください。

ブログで稼ぎたいなら、SEOの知識が必要です。

なぜなら、上位表示される必要があるからです。

例えば、「文章 推敲」で上位表示されたとします。

そうすると、かなりのアクセスが見込めます。

なので、ブログで稼きたいならSEOの知識が必要です。

ため

推敲前は単調で飽きますが、推敲後は強弱があって飽きませんよね。

リズムの変化で意識すること

リズムの変化は

  • 体言止めを使う
  • 語尾の重複を避ける
  • 文章に長短を付ける
  • 抽象と具体を織り交ぜる

この4つで付けられます。意識してみてください。

コツ④:シンプルな表現に言い換える

次は、シンプルな表現に言い換える。

複雑な表現だと伝わらないので、単純な表現を使いましょう。

推敲例

推敲例です。

SEOを成功させる要因の一つはCTR。

CTRが高ければランキングが上がり、CTRが低ければランキングが下がります。

ため

伝わり方が全然違いますよね。

  • 専門用語を嚙み砕く
  • 難しい言葉を簡単な言葉に
  • ど素人でも分かるような表現に

上記を意識すると良いですよ。

コツ⑤:ひらがなと漢字のバランスを見る

次は、ひらがなと漢字のバランスを見る。

ひらがな7割・漢字3割だと見やすくなります。

推敲例

以下の文章を読み比べてみてください。

きょうのちゅうしょくは、ぱんでした。

つゆのせいか、しょくよくがないんですよね~。

ひらがなだらけ・漢字だらけだと見づらいです。が、ひらがな7割・漢字3割だと見やすいですよね。

ため

この割合を意識してみてください。

コツ⑥:実際にスクロールして読んでみる

最後は、実際にスクロールして読んでみる。

ため

読者は記事をしっかりと読まないもの。必要なところだけを拾って読みます。

なので、斜め読みをしてみましょう。

スクロールして読む際のポイント

斜め読みをする際のポイントです。

  • 文字装飾が施されているかを確認する
    • ①:要点を箇条書きにし、枠で囲っているか
    • ②:マーカーや太文字を使って、伝えたいことを目立たせているか
  • 論理が成立しているかを確認する
    • ①:PREP法・SDS法で書いてあるか
    • ②:疑問が浮かばないか
ため

確認してOKなら問題ありません。

めちゃくちゃ分かりやすく、読者が満足する記事ですよ。

おすすめ無料推敲ツール6選

ここでは、推敲する際に役立つツールを6つご紹介します。

おすすめ推敲ツール
  1. enno
  2. リライトマーカー
  3. Novel Supporter
  4. 簡単文字数カウント
  5. 漢字使用率チェッカー
  6. Google Chrome™のテキスト読み上げ

一つずつ見ていきましょう。

enno

文章校正ツールです。

  • 変換ミスのチェック
  • 誤字脱字のチェック
  • スペルミスのチェック
  • 文字化けの有無のチェック

などができます。

参考リンク

>>enno

※クリックすると外部サイトへ移動します

リライトマーカー

こちらも文章校正ツールです。

  • 乱用されている語句のチェック
  • 多用されている言い回しのチェック

などができます。

参考リンク

>>リライトマーカー

※クリックすると外部サイトへ移動します

Novel Supporter

小説推敲補助ソフトです。

  • 重複の確認
  • 文末重複確認
  • こそあど確認

などができます。

ため

読み上げ機能があるので、便利ですよ。

参考リンク

>>Novel Supporter

※クリックすると外部サイトへ移動します

簡単文字数カウント

chrome拡張の文字カウンター機能です。

STEP
文字を選択して右クリック
STEP
「選択したテキストの文字数をカウント」をクリック

だけで、文字数が数えられます。

参考リンク

>>簡単文字数カウント

※クリックすると外部サイトへ移動します

漢字使用率チェッカー

漢字をどれぐらい使っているのか、確認できるツールです。

漢字使用率が

  • 20%以下・・・締りがない文章
  • 30%以下・・・最も読みやすい文章
  • 40%以下・・・硬い感じの文章

と表示してくれます。

参考リンク

>>漢字使用率チェッカー

※クリックすると外部サイトへ移動します

Google Chrome™のテキスト読み上げ

chrome拡張の読み上げ機能です。

STEP
文章を選択して右クリック
STEP
「テキスト読み上げの強調表示されたテキスト」をクリック

で、機械が音読してくれます。

ため

合成音声ですが、問題ありません。

普通に使えます。

参考リンク

>>Google Chrome™のテキスト読み上げ

※クリックすると外部サイトへ移動します

推敲する際に持つべき心得【一期一会】

ところで、推敲する際に持つべき心得って、なんだと思いますか?

悩む人

え?

なんですか?

ため

僕は「一期一会」だと思っています。

読者は一回しかサイトに訪れないかもしれない

というのも、ネット上には18億個ものサイトが乱立。

検索ユーザーが自分のブログに訪れるのは、一回だけかもしれないからです。

ため

だからこそ、最高のおもてなしをして満足を提供する。

そのために

  • 圧倒的に読みやすくする
  • めちゃくちゃ分かりやすくする
  • 一つでも得るものがあるようにする

推敲する(一期一会)

となるんですよね。

文章推敲とは?やり方&コツを解説【結論、PV・収益UPに直結します】:まとめ

今回は、文章推敲やり方・コツについてお伝えしました。

  1. 推敲とは「明瞭な文章にすること」
  2. 推敲をする目的は「伝わるようにするため」
  3. 期待できる効果は2つ
    1. 平均ページ滞在時間が伸びる
    2. アフィリエイトリンクが踏まれる

推敲は文章を完成させる作業です。

明瞭な文章にすることで、記事の質がググっと上がります。

ため

記事の質が上がれば、読者が満足してGoogleも評価。


・PV増
・収益増
・上位表示連発


が実現します。

なので、しっかりと推敲してくださいね!

ちなみに、推敲する場所は

  • 導入文
  • 記事本文
  • 最後のまとめ
  • 記事のタイトル
  • メタディスクリプション

計5個所。

ため

「型に沿って書けているか?」を確認してください。

今回は以上です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事が少しでも役に立ったらシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる