MENU
カテゴリー
アーカイブ

検索意図とは?|重要性・調べ方や考え方のコツ・記事に活かす方法を解説

URLをコピーする
URLをコピーしました!
悩む人

「SEOでは検索意図が大事」と聞きますが、なぜ大事なのでしょうか。

本当に大事なら、検索意図を調べる方法や考え方のコツ、記事への活かし方を知りたいです。

そんな疑問にお答えします。

この記事で分かること
  • 検索意図とは?【重要性を解説】
  • 検索意図を調べる方法
  • 検索意図の考え方のコツ
  • 検索意図を記事に活かす方法

この記事を書いている人

ため(@tame3_tame3

検索意図は超大事です。

なぜなら、

  • SEO集客が成功するか失敗するか
  • 商品が売れるか売れないか

読者に刺さるか刺さらないか

を決めるから。

ブログを始めて間もない頃、検索意図を調べないで記事を書いていました。

そうしたら圏外のオンパレード...

ため

なので、SNSで記事をシェアしてPVを稼いでいました。

が、紹介する商品は1つも売れませんでしたね。

ところが、検索意図を調べて記事を書いたら、上位表示されるされる。

紹介する商品も売れるようになったのです。

そこで今回は、検索意図の重要性、調べ方や考え方のコツ、記事に活かす方法をお伝えします。

ため

本記事を読めば、検索意図がなぜ大事なのかがすっきり明快に。

検索意図を活用して、読者に刺さる記事が作れるようになります。

それによって

  • SEO集客の成功
  • 商品が売れるようになる

も夢ではありません。

ため

それでは、本文を見ていきましょう。

目次

\ みんな使い始めてる /

WordPressテーマSWELL【あなたのブログ生活を180度変える魔法のテーマ】

HTMLの操作不要!やるべきことは記事を書くだけ!

・1/2の労力でライバルに圧倒的な差を付けられる!

・Google検索1ページ目はあなたのものです!

人気ブロガーになるのも時間次第です!

参考【満足度4.5】SWELLを使った感想レビュー|デメリット4つ・メリット7つを解説

検索意図とは?【重要性を解説】

まず、検索意図についてざっくり解説します。

検索意図

解決したいニーズです。

顕在ニーズ・潜在ニーズ・インサイトから構成されます。(詳しくは後述しています)

SEOで集客するなら、しっかり押さえましょう。

検索意図を押さえる理由

検索意図を押さえる理由は、読者が満足するからです。

検索意図を理解することによって

  1. 悩みを解決する的確な情報の提供
  2. 求めているサービスを先回りして提供

上記ができます。

具体例

以前、障害者の転職エージェントを利用した時のこと。

  • 障害者枠で働く
    • 一般枠と違う(業務内容、通勤とか)
  • 障害者枠で必須のスキル
  • 障害者枠の履歴書・職務経歴書の作り方

上記が全く分かりませんでした。(解決したい悩み)

ため

当時は情報収集力が無かったので、調べれば調べるほど混乱していましたね。

そんな僕の状況を見抜いた担当者が、

  • 障害者枠での働き方
  • 障害者枠で必要になる知識と技術
  • 履歴書・職務経歴書を作るポイント(添削有り)

を教えてくれました。(悩みを解決する的確な情報)

そればかりか、キャリアプランの提案もしてくれたのです。(求めているサービスを先回りして提供)

ため

なので、使って大正解!満足です!

SEOでも同じ

これはSEOでも全く同じ。

  • 解決したい悩み・・・検索意図
  • 悩みを解決する的確な情報の提供・・・ブログ記事
  • 求めているサービスを先回りして提供・・・アフィリエイトリンク

です。

ため

検索意図を理解して記事を作れば、


・上位表示
・アフィリ収益の発生



上記が実現します。

なので、SEO集客で結果を出したいなら、身に着けるべき必須のスキルです。

検索意図の理解は、Googleが求めている

検索意図の理解は、Googleが求めています。

ため

ウェブマスター向けガイドラインとGoogleが掲げる10の真実を見ていきましょう。

検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。

引用:ウェブマスター向けガイドライン

たとえユーザーが自分の探すものを正確に把握していなくても、ウェブで答えを探すこと自体はユーザーの問題ではなく Google の問題です。Google は、全世界のユーザーがまだ具体的にイメージしていないニーズを予測し、新たなスタンダードとなるサービスを作り出しています。

引用:Googleが掲げる10の事実

上記のように

  • 目に見えるニーズの解決(ウェブマスター向けガイドラインを参照)
  • 目に見えないニーズの解決(Googleが掲げる10の事実を参照)

を明記しています。

ため

つまり、


検索意図を満たし、読者が満足するコンテンツ


をGoogleが求めているということです。

検索意図は3つのニーズから構成されている

検索意図は以下3つのニーズから、構成されます。

検索意図を構成するニーズ
  1. 顕在ニーズ
  2. 潜在ニーズ
  3. インサイト

それぞれ説明しますね。

①:顕在ニーズとは?

読者が自覚している悩みです。

  • 「社労士 独学 勉強法」
    • 顕在ニーズ:社労士試験の独学勉強法を知りたい
  • 「社労士 独学 期間 どれぐらい」
    • 顕在ニーズ:勉強に集中する期間を知りたい

など、「解決したいこと」ですね。

②:潜在ニーズとは?

読者が自覚していない悩みです。

  • 「社労士 独学 勉強法」
    • 健在ニーズ:社労士試験の独学勉強法を知りたい
    • 潜在ニーズ:効率よく勉強するには?
  • 「社労士 独学 勉強期間 どれぐらい」
    • 健在ニーズ:勉強に集中する期間を知りたい
    • 潜在ニーズ:勉強期間中、何に気を付ければ良いの?

など、キーワードによって変わります。

ため

端的に言うと


解決した時に「知りたいこと」


ですね。

③:インサイトとは?

誰も(場合によっては本人も)気づいていない悩みです。

  • 「社労士 独学 勉強法」
    • 健在ニーズ:社労士試験の独学勉強法を知りたい
    • インサイト:お金を掛けずに勉強するには、どうすれば良いんだろう?
  • 「社労士 独学 勉強期間 どれぐらい」
    • 顕在ニーズ:勉強に集中する期間を知りたい
    • インサイト:今の仕事をどれぐらい我慢すれば良んだ?

など、検索に至った理由に当たります。

ため

これは人それぞれです。

調べ方については、後述します。

顕在ニーズ・潜在ニーズ・インサイトを組み合わせたものが「検索意図」

前述の

  • 顕在ニーズ
  • 潜在ニーズ
  • インサイト

を組み合わせると、検索意図が見えてきます。

検索意図

「社労士 独学 勉強法」の場合

  • インサイト:お金を掛けずに勉強するには、どうすれば良いんだろう?
  • 顕在ニーズ:社労士試験の独学勉強法を知りたい
  • 潜在ニーズ:効率よく勉強するには?

お金を掛けずに、社労士試験に合格したい

「社労士 独学 勉強期間 どれぐらい」の場合

  • インサイト:今の仕事をどれぐらい我慢すれば良んだ?
  • 顕在ニーズ:勉強に集中する期間を知りたい
  • 潜在ニーズ:勉強期間中、何に気を付ければ良いの?

最短最速で社労士試験に合格したい

この3つを満たすと、読者は満足し、SEOでも評価されますよ。

関連記事

>>SEOキーワード選定のやり方と選ぶ際のコツを丁寧に解説【初心者必見】

検索意図を調べる方法

それでは、検索意図を調べる方法についてお伝えします。

検索意図を調べる方法
  1. 検索結果を見る
  2. 上位記事を見る
  3. Q&Aサイトを見る
  4. TwitterやFBなどを見る
  5. 相談内容から想像してみる
  6. 自分が悩んだ時にメモをする

一つずつ説明しますね。

検索結果を見る

まずは、検索1ページ目の記事を見ましょう。

トップ10位の記事は検索結果を満たしたもの。

ため

ディスクリプションを読むだけでも、ある程度は調べられますよ。

Google検索結果例

実際に、「社労士 独学 勉強法」で検索してみました。

検索順位1位~3位
検索順位4位以降

考察

検索順位を見ると、

  • ニーズ高:お金を掛けずに勉強する方法が知りたい
  • ニーズ中:確実に合格する方法が知りたい
  • ニーズ小:合格するための勉強法が知りたい

ということが考えられます。

ため

このように、ディスクリプションを読むだけでも、ある程度は調べられますよ。

関連ワードも見る

検索結果を見る際、画面下に表示される、関連ワードを見るのもおすすめです。

「社労士 独学 勉強法」の関連ワード

検索キーワードと一緒にググられているので、検索意図を分析する際に役立ちます。

上位記事を見る

検索順位1位~10位の「導入文・目次」を見るのもおすすめです。

ため

というのは、


・ペルソナは誰だ?
・ペルソナが抱える悩みは?
・記事が解決している顕在ニーズは?

・記事が解決している潜在ニーズは?
・記事が解決しているインサイトは?


これらが書いてあるからですね。

具体例

具体例です。

ため

2021年6月現在


「SWELL デザイン 着せ替え 方法」


で上位表示されている、僕の記事を見ていきましょう。

導入文
目次

解説

導入文の冒頭と目次で、下記が見えてきます。

僕の記事から見えること
  • ペルソナ・・・SWELLのデザインを着せ替えたいけど、操作が複雑すぎて断念した人
  • 記事が解決している顕在ニーズは?・・・着せ替え手順を説明
  • 記事が解決している潜在ニーズは?・・・デザインの着せ替えが終わった後にやるべきこと
  • 記事が解決しているインサイトは?・・・迷わずに着せ替えられるよう、図を使って解説

このように、「導入文・目次」を見れば、検索意図が調べられます。

ため

なので、検索順位1位~10位の「導入文・目次」を見ましょう!

Q&Aサイトを見る

前述でもお伝えしたとおり、検索意図は「解決したいニーズ」です。

この「解決したいニーズ」の宝庫が、Q&Aサイト。

ため

Yahoo!知恵袋教えて!gooには、


・リアルな悩み
・悩みを解決した答え



が書いてあります。

具体例

「社労士 独学 勉強法」にてQ&Aサイトを見ていきましょう。

ラッコキーワードにアクセス。検索窓に「社労士 独学 勉強法」と入力。
「Q&Aサイトを見る」をクリック。
Q&Aサイト一覧を見る。

※気になったものをクリックすれば、詳細の確認が可能です。

ため

Q&Aサイトを見れば、リアルな悩みと的確な回答が分かります。


さらに、検索した背景(=検索に至った理由)を考えるのに役立ちますよ。

TwitterやFBなどを見る

TwitterやFBといったSNSでも、検索意図を調べることができます。

ため

なぜなら、悩んでいることを投稿しているからです。

具体例

実際にTwitterで調べてみます。

検索窓に「社労士 独学 勉強法」と入力
検索結果を見る

考察

検索結果を見ると、

  • 勉強法に関する情報が散漫してて集めるのが大変
  • 深掘りすると、自分に合った勉強法が見つからない

ということが考えられますね。

ため

「検索 ⇒ ニーズが解決しなかった ⇒ SNSに投稿」がほとんど。


なので、読者が求めている情報を把握するのに役立ちます。

相談内容から想像してみる

相談内容から想像してみることもおすすめです。

というのは、

  • 相談:解決したい悩みを人に話す
  • 検索:解決したい悩みをググる

人に聞くかGoogleに聞くかの違い

からですね。

具体例

以前、FBでこんなやり取りをしました。

※「ピンクの背景色+強調」:インサイト

フォロワー:「おすすめのWi-Fiを教えてください。」

僕    :「具体的にはどういうものですか?」

フォロワー:「私はauを使っています。使用料が月〇〇円なので、月△△円まで抑えたいんですよね。

フォロワー:「あと、YouTubeもやりたくて。

僕    :「ということは、使用料を抑えつつ、サクサク使えるものが良いんですか?

フォロワー:そうです!

この相談を元に検索意図をまとめます。

  • インサイト:スマホの使用料を抑えたい。あと、YouTubeがやりたい
  • 顕在ニーズ:おすすめのWi-Fiが知りたい
  • 潜在ニーズ:使用料を抑えつつ、サクサク使えるものが良い

※Wi-Fi・光回線に使える

ため

検索意図になりますよね。


このように、相談内容にて検索意図が調べられます。

さらに、会話によって記事構成が完成済み。なので、そのまま記事にできますよ。

自分が悩んだ時にメモをする

これはあまり出回っていないことです。

自分が悩んだ時

  • 何に悩んでいるのか?
  • 何を解決したいのか?
  • 解決してどうなりたいのか?

上記をメモると良いですよ。

ため

なぜなら、検索意図になるからです。

具体例

この記事の執筆時(2021年6月)、僕はこんな悩みを抱えています。

  • mixhostは速いって聞くけど、実際にどうなの?
  • エックスサーバー・コノハウィングとの違いは?
  • mixhostのおすすめポイントは?何が良くて悪いの?
  • 他社と比較した際、何が優れてるの?料金はどうなの?
  • 実際の表示速度はどうなんだろう?速くて安定しているのかな?
  • サーバーの管理画面の操作性ってどうなの?使いやすいのかな??

上記を元に検索意図をまとめましょう。

  • インサイト:速くて安定しているサーバーを使いたい
  • 顕在ニーズ:mixhostってどうなのかが知りたい
  • 潜在ニーズ:管理画面は使いやすいのか?

※mixhostの評判レビュー記事に使える

ため

検索意図になりますよね。

なので、自分が悩んだ時にメモると良いですよ。読み返すだけで、検索意図を調べられます。

検索意図の考え方のコツ3つ

ここからは、検索意図の考え方のコツを3つお伝えします。

検索意図の考え方のコツ3つ
  1. 悩みが解決した時に「知りたいこと」を想像する
  2. 「検索に至った背景・検索した理由」を想像する
  3. 想像して「見えたニーズ」を整理してまとめる

一つずつ説明しますね。

コツ①:悩みが解決した時に「知りたいこと」を想像する

まずは、悩みが解決した時に「知りたいこと」を想像する。

具体的には

記事を読んで内容を実践した際に抱く疑問

を考えます。

ため

それによって、潜在ニーズが見えてきますよ。

「社労士 独学 勉強法」の場合

「社労士 独学 勉強法」の場合を見ていきましょう。

「社労士 独学 勉強法」の場合

記事を読む前の疑問
社労士試験の独学勉強法が知りたい
記事を読んで内容を実践した際の疑問
効率よく勉強するには?

※これが潜在ニーズ

ため

繰り返しになりますが


「記事を読んで内容を実践した際に抱く疑問」を考える


と潜在ニーズが見えてきます。

コツ②:「検索に至った背景・検索した理由」を想像する

次は、「検索に至った背景・検索した理由」を想像する。

  1. 読者(ペルソナ)はどういう状況なのか
  2. 読者(ペルソナ)は何を達成したいのか
  3. 読者(ペルソナ)はなぜ検索をしたのか

上記を考えます。(ペルソナを作ると効果的です)

ため

それによって、インサイトが見えてきますよ。

「社労士 独学 勉強法」の場合

具体例として、「社労士 独学 勉強法」の場合を見ていきましょう。

「社労士 独学 勉強法」で検索した背景例

「離婚した!子供を養なうため、手に職をつけないと!」
「自立支援給付金で取れる資格って、何があるんだろう??」
「ん?社労士??年収が高くて安定している。しかも士業!!これなら、手に職をつけられて子供を養える」
「でも、スクールに通うと生活がカツカツに...そう言えば、『独学でも勉強できる』って書いてあったな」
「よし!『社労士 独学 勉強法』で検索してみようっと!」
ため

この一連の流れが、インサイトです。

  1. 読者(ペルソナ)はどういう状況なのか
  2. 読者(ペルソナ)は何を達成したいのか
  3. 読者(ペルソナ)はなぜ検索をしたのか

上記を考えると、インサイトが見えてきますよ。

関連記事

>>【初心者向け】ブログのペルソナの作り方と設定方法【詳しく丁寧に解説】

コツ③:想像して「見えたニーズ」を整理してまとめる

①と②で見えたニーズを、下記のようにまとめます。

各ニーズを整理してまとめる
「検索に至った背景・検索した理由」:インサイト
検索にて「解決したいこと」:顕在ニーズ
解決した時に「知りたいこと」:潜在ニーズ
ため

ポイントは


・細分化してステップ形式で考える
・それによって全体を網羅する



です。

「社労士 独学 勉強法」の場合

「社労士 独学 勉強法」の場合を見ていきましょう。

「社労士 独学 勉強法」の場合

「検索に至った背景・検索した理由」:
お金を掛けずに社労士試験の勉強をしよう
検索にて「解決したいこと」:
社労士試験の独学勉強法を知りたい
解決した時に「知りたいこと」:
効率よく勉強するには?

顕在ニーズ・潜在ニーズ・インサイトには相関関係があるので

  • 網羅することによって細かい部分
  • 細かい部分を繋ぐことによって全体

が浮き彫りに。

ため

気づかなかったことに、気づきますよ。

検索意図を記事に活かす方法

検索意図を特定したら、記事を書きます。

ため

その際、下記のポイントを押さえると、


検索意図を満たした記事=読者に刺さる記事


が作れますよ。

検索意図をコンテンツに活かす方法
  1. 検索意図の答えを見出しに書く
  2. 検索意図の答えにならないことは書かない
  3. 検索意図が満たされた時のことを書く

一つずつ説明しますね。

検索意図の答えを見出しに書く

見出しは

  1. 顕在ニーズの答え
  2. 潜在ニーズの答え
  3. インサイトの答え

という順番で書いてください。

ため

理由は単純で、効果的に悩みを解決できるからです。

具体例

具体例です。

「社労士 独学 勉強法」の場合を見ていきましょう。

「社労士 独学 勉強法」の場合

  1. 社労士独学勉強法〇選(顕在ニーズ)
  2. 効率よくスムーズに勉強するコツ(潜在ニーズ)
  3. 〇〇をすればお金を掛けなくて済む(インサイト)
ため

こんな感じです。

思考・感情のプロセスとして、

  1. 顕在ニーズを解決すれば、潜在ニーズが気になる
  2. 潜在ニーズを解決すれば、インサイトが不安になる
  3. インサイトを解決すれば、安心して「やってみよう」と思う

悩み・気がかり・不安が解決し、次の行動に移れる

となります。

ため

なので、この順番を意識してみてください。

メリットがある

この他にも、

  • SEOで評価される
  • 読者が見やすくなる

という効果があります。

ため

詳しくは、下記をご覧ください。

関連記事

検索意図の答えにならないことは書かない

この際、検索意図の答えにならないことは書かないでください。

ため

NG例です。

下記みたいに、ならないようにしましょう。

ブログ初心者におすすめの本ランキング
  1. ブログ初心者におすすめの本ランキング5冊・・・顕在ニーズ
  2. ランキング5冊がおすすめの理由・・・???
    • 第1位
    • 第2位
    • 第3位
    • 第4位
    • 第5位
  3. 読書を習慣化するコツ・・・???
  4. ブログ初心者に本がおすすめな理由・・・???
  5. まとめ

解説

「ブログ初心者におすすめの本ランキング」の場合、読者が知りたいことは下記のはず。

  • ブログ初心者が読むべき本の選び方・・・顕在ニーズ
  • ブログ初心者におすすめの本ランキング5冊・・・顕在ニーズ
  • この5冊を活かしてスキルアップする方法【〇選】・・・潜在ニーズ
  • 知識や技術は本を読めばカバーできる!成功も夢じゃない!・・・インサイト
ため

なので、


・おすすめの理由
・読書を習慣化するコツ
・本がおすすめな理由


上記は検索意図の答えになりません。

検索意図の答えにならないと、ノイズになるだけ。なので、検索意図の答えにならないことは、書かないでください。

それを防ぐための方法として、記事構成を作ると良いですよ。

ため

記事構成の作り方は、以下で解説しています。

記事構成の作り方

本文も検索意図の答えにならないことは書かない

ついで、本文も検索意図の答えにならないことは、書かないようにしましょう。

ため

なぜなら、ノイズになるだけだからです。

読者は検索意図の答えを求めて検索します。

その際、全く関係無い情報があるとノイズになります。

例えば、『検索意図 調べ方』とググったとします。

クリックした記事が、『ググっている本人に聞けば良い』と書いてたら...

「ウザッ」

ってなりませんか?

このように、検索意図の答えにならない情報はノイズになります。

なので、検索意図の答えの解説に終始しましょう。

ため

その際、PREP法・SDS法を使うと効果的です。

「PREP法?SDS法?」と思った方は、以下をご覧ください。

関連記事

検索意図が満たされた時のことを書く

導入文・まとめには

  • 検索意図が満たされたらどうなるのか?(ベネフィット)
  • その結果、何が実現できるのか?(エンドベネフィット)

を書いてください。

具体例

具体的にはこんな感じです。

導入文
まとめ

導入文とまとめに、ベネフィット・エンドベネフィットを書くことで、

(検索意図を)解決できる!!

と思わせられます。

ため

詳しくは、以下で解説しています。

関連記事

【おまけ】読者が求める情報は「将来の姿・理想を実現する方法」

最後に、僕がググった時に気づいたことをお伝えします。

それは、

将来の姿が知りたくて、検索しているんじゃないか?

ってことです。

具体例

そのことに気づいたのは、「ノートパソコン おすすめ」と検索した時。

とある「ノートパソコンの紹介記事」を読んでいた際

  • その機能を使うとどうなるのか?
  • そのスペックだとPC生活がどうなるのか?

を考えていました。

ため

掘り下げたところ


・PCの性能が良くなったらどうなっているんだろう?
・処理速度が上がってPC生活が快適になるんじゃ?


という「将来の姿」に辿り着いたのです。

人は理想を実現させたがっている

そして、「将来の姿」を起点に考えたところ

人は理想を実現させたがっているのでは?

と思いました。

ため

例えば、「検索意図 調べ方」の場合。


■ニーズ
・アクセスや収益を増やしたい
・読者に刺さる記事を作りたい


ではありませんか?

このニーズを違う視点から見ると

理想を実現するにはどうすれば良い?

となります。

なので、人は理想(願望)を実現させたがっていると思うのです。

ため

そうすると、


・インサイト
・顕在ニーズ
・潜在ニーズ


が一本線で繋がるんですよね。

なので、検索意図を調べる際、「実現したい理想(願望)は?」と考えると良いかもしれません。

検索意図とは?|重要性・調べ方や考え方のコツ・記事に活かす方法を解説:まとめ

今回は、検索意図の重要性、調べ方や考え方のコツ、記事に活かす方法についてお伝えしました。

  • 検索意図とは、読者が解決したいニーズ
  • 検索意図を満たせば、読者が満足する
  • 検索意図の理解はGoogleが求めている
    → 顕在ニーズ・潜在ニーズ・インサイトの解決を推奨している

検索意図は超大事です。

  • SEO集客が成功するか失敗するか
  • 商品が売れるか売れないか

読者に刺さるか刺さらないか

を決めるので、しっかりと検索意図を満たしたいところ。

ため

今回ご紹介した方法を活用すれば、検索意図を満たすことができます。

それにより

  • SEO集客の成功
  • 商品が売れる

も夢ではありません!

ブログ初心者の方へ。次はペルソナを作ります

次は、ペルソナを作ります。なぜなら、より検索意図の理解ができるからです。

ため

作り方は、下記をご覧ください。

ペルソナの作り方

今回は以上です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

目次
閉じる