書けば書くほどストレスがなくなるSWELLの評判・口コミはこちらclick

検索意図とは?調べ方・考え方のコツ・コンテンツに活かす方法を解説

URLをコピーする
URLをコピーしました!

「検索意図ってなに?」

「どうやって調べれば良いの?」

「検索意図を考える際のコツは?」

「記事に活かすにはどうすれば良いの?」

SEO攻略・アフィリエイト攻略において超重要なのが「検索意図」。

読者が「解決したいニーズ」のことで、汲み取ることができればユーザーに刺さる記事を作ることが可能です。それによって、SEOで上位表示され、物がどんどん売れるようになりますよ。

この記事を書いている人
  • ためブロ 管理人
    (ASP収益5桁・ブログ収益6桁・上位表示多数)
  • 2020年2月にブログを開設
    (ジャンル:ブログ関連)
  • フリーランス
    (Web×マーケティング:最高月収68万円)
  • 専門書を年間200冊読破
    (ジャンル:Web×マーケティング)

検索意図について伝えたいことは下記のとおり。

ポイント

  • 検索意図とは「読者が解決したいニーズ」のことで、3種類ある
    ①:顕在ニーズ
    ②:潜在ニーズ
    ③:インサイト
  • 検索意図の調べ方は7つある
    ①:検索結果を見る
    ②:Twitterの投稿を見る
    ③:Q&Aサイトの質問と回答を見る
    ④:会話からニーズを深掘りする
    ⑤:相談内容から求めていることを想像する
    ⑥:過去に自分が悩んでいたことを思い出す
    ⑦:今現在悩んでいることをメモする
  • 検索意図を考えるコツは6つある
    ①:キーワードから「知りたいこと」を想像する
    ②:検索した理由をイメージする
    ③:検索で知りたいことを突き詰める
    ④:③を解決した後に浮かぶ疑問を想像する
    ⑤:④を解決した後に浮かぶ疑問を想像する
    ⑥:ニーズが満たされたら「どうなるか?」を想像する
  • 検索意図をコンテンツ(記事)に活かす方法は4つある
    ①:「顕在ニーズ ⇒ 潜在ニーズ ⇒ インサイト」の順で記事を書く
    ②:見出しに検索意図の答えを書く
    ③:本文には「検索意図の答えの説明」を書く
    ④:文末に「ニーズが満たされたときのこと」を書く

ただ、しっかり押さえないと「理解したつもり」になって、独りよがりの記事を作ることに。結果、SEOで評価されず、収益が1円も発生しないことが多々あります。

ため

そうならないためにも、検索意図の基礎知識・検索意図の調べ方・検索意図の考え方のコツ・検索意図を記事に活かす方法をお伝えしますね。

目次

SEO攻略・アフィリエイト攻略において検索意図は超重要です

ざっくり言うと、検索意図とは「解決したいニーズ」のことです。

詳しくは後述しますが、

  1. 検索して知りたいこと
  2. ①を知った後に浮かぶ疑問
  3. 解決したい悩み・不安や疑い・実現したい願望

の3つが当てはまります。

ため

検索意図を満たせるか満たせないかで、上位表示されるかされないか、収益が発生するか発生しないかが決まるので、しっかり押さえましょう。

検索意図が重要な理由

なぜ検索意図がそこまで重要なのかと言うと

  • 読者のニーズを120%満たせる記事を書けるようになるから
  • 読者の欲求を120%満たせる濃い内容を書けるようになるから

です。

例えば、転職エージェントを利用したとしましょう。

めちゃくちゃ敏腕な担当者なら、あなたの今の会社での悩みや不満・転職で実現したいこと・希望条件(求めること)を理解してくれますよね。

そして、今の会社での悩みを解決できて、転職で実現したいことを叶えられ、かつ希望条件に当てはまっている会社を紹介してくれるのではないでしょうか。

SEOやアフィリエイトの場合も全く同じです。

検索意図を理解できれば読者のニーズを満たす記事が作れるので、コンテンツが上位表示され、「アクセス・アフィリエイトの成約数・ブログの収益額を増やす」ことが可能となります。

検索意図には「顕在ニーズ・潜在ニーズ・インサイト」がある

そんな検索意図は全部で3つ。

検索意図の種類
  1. 顕在ニーズ
  2. 潜在ニーズ
  3. インサイト

一つずつ説明しますね。

①:顕在ニーズ

潜在ニーズとは、読者自身が把握しているニーズのことです。

検索して知りたいことが該当し、「行政書士 独学 勉強法」などのキーワードに表れています。

②:潜在ニーズ

潜在ニーズとは、読者自身が把握していないニーズのことです。

顕在ニーズを満たした(知りたいことを知った)後に浮かぶ疑問が該当します。

③:インサイト

インサイトとは、読者自身が検索した理由です。

現状に対する悩み・不安や疑い(疑問)・実現したい願望や欲求が当てはまります。

検索意図の具体例(「行政書士 独学 勉強法」の場合)

ため

具体例です。

Aさんは「今の会社だと年収が上がらなくて将来が不安」※①と感じていました。

その際、「行政書士は専門職なうえ手に職を付けられるから会社に依存しなくて良い。しかも、事務所を構えれば年収は青天井なうえ、独学で習得できる」※①と聞いたのです。。

それで、行政書士の独学勉強法を知りたくなって、「行政書士 独学 勉強法」と検索※②。行政書士の独学勉強法を知った後に「行政書士の独学におすすめのテキストってなに?」※③と思いました。

と同時に、「本当にこの記事の内容だけで大丈夫なの?行政書士に合格して独立できるの?」※④という不安や疑いが浮かびます。

ため

上記をまとめるとこんな感じ。

「行政書士 独学 勉強法」

※①:インサイト(現状に対する悩み・不安や疑い・実現したい願望)
今の会社で年収が増えなくて将来が不安な丁度そのとき、行政書士のこと・独学で取得できることを知る

※②:顕在ニーズ(検索して知りたいこと)
行政書士の独学勉強法を知りたくて「行政書士 独学 勉強法」と検索

※③:潜在ニーズ(顕在ニーズが満たされた後に浮かぶ疑問)
行政書士の独学におすすめのテキストってなに?

※④:インサイト(現状に対する悩み・不安や疑い・実現したい願望)
「本当にこの記事だけで大丈夫なの? 行政書士に合格して独立できるの?」

この一連の流れと3つのニーズ(顕在ニーズ/潜在ニーズ/インサイト)が、「検索意図」となります。

検索意図の調べ方

ここからは、検索意図の調べ方についてお伝えします。

検索意図の調べ方
  1. 検索結果を見る
  2. Twitterの投稿を見る
  3. Q&Aの質問と回答を見る
  4. 会話からニーズを深掘りする
  5. 相談内容から求めていることを想像する
  6. 過去に自分が悩んでいたことを思い出す
  7. 今現在、自分自身が悩んでいることをメモする

一つずつ見ていきましょう。

その①:検索結果を見る

まずは、検索結果を見る。

上位記事は検索意図を満たしているので、トップ10位の記事タイトル・メタディスクリプションを見て、「何を解決しているのか」「どのようなことを実現できるのか」をチェックします。

例えば、「行政書士 独学 勉強法」の場合。

1位~3位は勉強法と勉強時間、4位は勉強法、5位はテキスト、6位は時間割、7位以降は体験談が書いてありました。

そこから検索意図を考察すると

  • ニーズ高・・・勉強法と勉強時間を知りたい
  • ニーズ中・・・勉強法・テキスト・時間割を知りたい
  • ニーズ小・・・体験談を知りたい

となります。

ため

なので、「行政書士 独学 勉強法」では上記3つに答える記事を作れば、読者の検索意図を完全に満たせるということです。

その②:Twitterの投稿を見る

次は、Twitterの投稿を見る。

読者は「検索しても悩みを解決できなかった」とき、Twitterに投稿。「解決しないリアルな悩み・満たせなかったニーズ」をツイートしているので、検索意図を的確に理解することができます。

上記は他の資格を取った後に、FP1級か行政書士の取得を目指している方のツイートです。

投稿内容から

  • 独学はテキスト+動画でOK
  • 問題なのはメンタルが追い込まれること

本当のニーズは「メンタルが追い込まれず楽しく勉強したい??」

ということが分かります。

ため

なので、独学の勉強法を紹介しつつ、メンタルが追い込まれず楽しく勉強する方法orモチベーション維持法を書くと良いですね。

読者のニーズを満たせるので、SEOで評価されて上位表示される可能性があります。

さらに、癒しアイテム・モチベーション維持アイテムを紹介すれば、売れる可能性が高いですよ。

その③:Q&Aサイトの質問と回答を見る

次は、Q&Aの質問と回答を見る。

Yahoo!知恵袋や教えて!gooには、

  • ユーザーのリアルな悩み
  • その悩みを解決したベストアンサー

の両方が載っているので、「読者が何を求めているのか?」「どんな背景で質問(検索)したのか?」をイメージすることができます。

「行政書士を独学で勉強する際はテキスト・過去文・六法全書を買った方が良いのか?」という質問とベストアンサー
ため

このとおりなので、「何を書けば良いのか」が分かりますよ。

その④:会話からニーズを深掘りする

次は、会話からニーズを深掘りする。

何気ない会話にもニーズが隠れているので、深く掘り下げることで「何を求めているのか」を把握することができます。

例えば、こんな感じ。

会話例

友人:ためってnoteやってる?

僕 :やってないけど、基本的なことは答えられるよ。

友人:noteをやってみたいんだけど…

僕 :noteで稼ぎたいの?

友人:そそ。幾らぐらい稼げるのかな?

僕 :やり方による。間違ったやり方なら稼げないけど、正しいやり方なら稼げるよ。

友人:本当に稼げるのかな?ところで、稼ぎ方って知ってる??

「noteをやってみたいんだけど…」が顕在ニーズ、「幾らぐらい稼げるのかな?」が潜在ニーズ、「本当に稼げるのかな?」がインサイトとなります。

そして、顕在ニーズ・潜在ニーズ・インサイトを分析すると、「noteを始めて稼ぎたい=noteで稼ぐことを求めている」ことが分かるのです。

ため

なので、会話は使えますよ。

しかも、会話のやり取りの中で記事構成が完結しているので、そのまま記事として使うことができます。

さらに、noteのアフィリエイトリンクやnoteの教材を作ってリンクを貼れば、収益記事にすることが可能です。

その⑤:相談内容から求めていることを想像する

次は、相談内容から求めていることを想像する。

相談と検索は全く同じであり

  • 相談・・・人に聞く
  • 検索・・・Googleに聞く

という違いしかありません。

そのため、相談内容から「ニーズ」をイメージすれば、検索意図を理解することができます。

ため

以前、FBでこんな相談がありました。

FBでのやり取り

フォロワー:「おすすめのWi-Fiを教えてください。」
僕    :「具体的にはどういうものですか?」
フォロワー:「私はauを使っています。使用料が月〇〇円なので、月△△円まで抑えたいんですよね。
フォロワー:「あと、YouTubeもやりたくて。
僕    :「ということは、使用料を抑えつつ、サクサク使えるものが良いんですか?
フォロワー:そうです!あれば良いんですが…

上記のやり取りらフォロワーさん(読者)が求めていることを考察すると、

  • 顕在ニーズ・・・おすすめのWi-Fiを知りたい
  • 潜在ニーズ・・・YouTubeをやっても大丈夫?
  • インサイト・・・料金を抑えつつ、サクサク使える?

となるのです。

ため

ちなみに、前述のその④と同じく記事構成が完成しているので、そのまま記事にすることができます。

さらに、Wi-Fiのアフィリエイトリンクを貼れば、収益記事になりますよ。

その⑥:過去に自分が悩んでいたことを思い出す

次は、過去に自分が悩んでいたことを思い出す。

これはよく僕が使う方法で、過去に自分が悩んでいたこと・それがどのように解決したのかを回想すると、検索意図を理解することができます。

ため

例えば、こんな感じ。

ブログ初心者の頃の悩み:検索意図ってなに?

ブログ初心者の頃、僕は上位表示されなくて収益も発生しないことに悩んでいました。※①

ある日、ブログコンサル&記事添削を受けたときに、「検索意図のリサーチが足りないですね。検索意図をちゃんと調べましたか?」と一言。僕は「検索意図ってどうやって調べるの?」と思ったのです。

そして、「検索意図 調べ方」と検索。Q&Aサイトを見るなどのリサーチの方法は分かったけど、「どうやって検索意図を考えれば良いの?」という疑問が浮かんだのです。・③

それで「検索意図 考え方」と検索。検索意図の考え方が分かったときに、「どうやって記事に活かせば良いの?」という疑問と、「検索意図の本質を知りたい」という知的欲求が芽生えました。※④

ため

上記を整理して検索意図にすると、下記のようになります。

検索意図

※①:インサイト・・・上位表示されず収益も発生しない。検索意図の調べ方が分からない

※②:顕在ニーズ・・・検索意図の調べ方は?

※③:潜在ニーズ・・・どうやって考えれば良いの?記事に活かす方法は?

※④:インサイト・・・検索意図の本質ってなに?

自分が悩んで解決したことなので、検索意図を外して「自分が求めていることとは違う」と思われ、離脱されることがまずありません。

その⑦:今現在悩んでいることをメモする

最後は、今現在悩んでいることをメモする。

検索意図とは「解決したいニーズ」なので、自分の悩み(解決したいニーズ)も検索意図になり得るのです。

例えば、僕の場合。2022年5月時点でこんな悩みがあります。

僕の悩み(AFFINGER6というWordPressテーマはどうなの?)

  • 「もっと稼ぎたい」という願望がある
  • AFFINGER6のリアルな評判を知りたい
  • 詳しい特徴(他のテーマとの違い)ってなに?
  • 実際に使ってみてどうだった?
  • 本当に稼ぎやすいテーマなの?

上記を検索意図としてまとめるとこんな感じ。

「AFFINGER6 評判」の検索意図
  • インサイト・・・もっと稼ぎたい
  • 顕在ニーズ・・・AFFINGER6のリアルな評判は?
  • 潜在ニーズ・・・詳しい特徴(他のテーマとの違い)ってなに?、実際に使ってみてどうだった?
  • インサイト・・・本当に稼ぎやすいテーマなの?
ため

あとはAFFINGER6を購入した際に、「AFFINGER6 評判」で上記のニーズを満たす記事を書けばOKとなります。

検索意図の考え方のコツ

続いて、検索意図の考え方のコツをお伝えしますね。

検索意図の考え方のコツ
  1. キーワードから「知りたいこと」を想像する
  2. 検索した理由をイメージする
  3. 検索で知りたいことを突き詰める
  4. ③を解決した後に浮かぶ疑問を想像する
  5. ④を解決した後に浮かぶ疑問を想像する
  6. ニーズが満たされたら「どうなるのか?」を想像する

コツ①:キーワードから「知りたいこと」を想像する

まずは、キーワードから「知りたいこと」を想像しましょう。

例えば、「痩せる 方法 確実」なら、”確実に痩せる方法を知りたい”となります。

ため

後で深く突き詰めるので、ここではざっくりイメージできればOKです。

コツ②:検索した理由をイメージする

次は、検索した理由をイメージしましょう。

読者は「変えたい現実 or 達成したい目標」があるからこそ検索します。

例えば、「痩せる 方法 確実」の場合。

「痩せる 方法 確実」の場合の検索理由

変えたい現実

  1. 2週間後の親子参観に着る服が着れない
  2. ウエディングドレスorタキシードが着れない
  3. 医者に「痩せないと死ぬよ」と言われた

達成したい目標

  1. 2週間で3kg痩せる
  2. 結婚式前日までに5kg痩せる
  3. 2ヵ月後の健康診断までに7kg痩せる

上記のようなことが考えられます。

ため

ちなみに、検索した理由を想像できると、検索意図を外すリスクを減らせますよ。

コツ③:検索で知りたいことを突き詰める

次は、検索で知りたいことを突き詰めましょう。

具体的には、コツ②をもとに、検索キーワードから「本当に知りたいこと」の核心に迫ります。

例えばこんな感じ。

「痩せる 方法 確実」の場合
  • 知りたいこと・・・確実に痩せる方法を知りたい
  • 変えたい現実・・・2週間後の親子参観日に着る服が着れない
  • 達成したい目標・・・2週間で3kg痩せる

本当に知りたいことは「2週間で確実に3kg痩せる方法」

ため

ここまで具体的にできればOKです。

コツ④:③を解決した後に浮かぶ疑問を想像する

次は、③を解決した後に浮かぶ疑問を想像しましょう。

具体的には、顕在ニーズが満たされたときのことをイメージし、「次どうしたい?」と質問をします。

例えば、「痩せる 方法 確実」の場合。

2週間で3kg痩せる方法を知ったときに「次どうしたい?」と訊くと、「体系を維持したい。リバウンドしないためには、どうすれば良いの?」という答えが返ってくるはずです。

「痩せる 方法 確実」の場合

インサイト(検索した理由)
2週間後の親子参観日に着る服が着れない!だから、2週間で3kg痩せる!

顕在ニーズ(検索して知りたいこと)
2週間で確実に3kg痩せる

潜在ニーズ(顕在ニーズが満たされた後に浮かぶ疑問)
体系を維持したい…リバウンドをしないためには、どうすれば良い?

ため

これがそのまま潜在ニーズとなります。

コツ⑤:④を解決した後に浮かぶ疑問を想像する

次は、④を解決した後に浮かぶ疑問を想像しましょう。

潜在ニーズが満たされたときのことをイメージして、「読者が思いそうなこと」を思い描きます。

例えば、「痩せる 方法 確実」の場合。

リバウンドしない方法を知った後、「その方法で本当に大丈夫?」「何か注意点はある?」などが頭に浮かびそうですよね。

「痩せる 方法 確実」の場合

インサイト(検索した理由)
2週間後の親子参観日に着る服が着れない!だから、2週間で3kg痩せる!

顕在ニーズ(検索して知りたいこと)
2週間で確実に3kg痩せる

潜在ニーズ(顕在ニーズが満たされた後に浮かぶ疑問)
体系を維持したい…リバウンドをしないためには、どうすれば良い?

インサイト(不安や疑い)
「その方法で本当に大丈夫?」or「何か注意点はある?」

ため

潜在ニーズが解決する情報を伝えると、読者は必ずと言って良いほど不安や疑いを感じるもの。

この部分を解消すると、読者は「大丈夫なんだな」と思い、次の行動を移しやすくなりますよ。

次の行動:アフィリエイトリンクを踏むや記事をブックマークする、SNSでシェアするなどです。

コツ⑥:ニーズが満たされたら「どうなるか?」を想像する

最後は、ニーズが満たされたら「どうなるか?」を想像しましょう。

なぜなら、読者が(無意識のうちで)1番求めているのは、「悩みが解決した姿」「理想が実現した姿」だからです。

例えば、「痩せる 方法 確実」の場合。

読者は「痩せる方法」ではなく、

  • 「この方法を実践したら、親子参観日に着る服が着れるか?」
  • 「この方法を実践したら、子供にママ綺麗と言われるか?」

など「痩せた後の現実」を知りたがっています。

なので、「悩みが解決したらどうなるのか?」「理想が実現したらどうなるのか?」をしっかりイメージしましょう。

ため

そうすれば、その姿が次の行動を起こすためのスイッチとなり、アフィリエイトリンクが踏まれやすくなります。

検索意図をコンテンツ(記事)に活かす方法

続いて、検索意図をコンテンツに活かす方法についてお伝えします。

検索意図をコンテンツに活かす方法
  1. 「顕在ニーズ ⇒ 潜在ニーズ ⇒ インサイト」の順で記事を書く
  2. 見出しに検索意図の答えを書く
  3. 本文には「検索意図の答えの説明」を書く
  4. 文末に「ニーズが満たされたときのこと」を書く

その①:「顕在ニーズ ⇒ 潜在ニーズ ⇒ インサイト」の順で記事を書く

まずは、「顕在ニーズ ⇒ 潜在ニーズ ⇒ インサイト」の順で記事を書く。

この順番で記事を書くと、読み進めるにつれてどんどんニーズが解消するので、読者の満足度が上がります。

例えば、「痩せる 方法 確実」の場合。

「痩せる 方法 確実」
  1. 顕在ニーズ・・・2週間で確実に3kg痩せる方法
  2. 潜在ニーズ・・・体系維持のためのリバウンドをしない方法
  3. インサイト・・・この方法で本当に大丈夫なのか? or 注意点
  4. まとめ

①の顕在ニーズで「検索して知りたいこと」、②の潜在ニーズで「顕在ニーズを満たした後に浮かぶ疑問」、③のインサイトで「潜在ニーズを満たした際に浮かぶ不安や疑い」を解決することができます。

それにより、①~③で検索意図が満たされた読者は「なんて良い記事なんだ!」と満足し、続く④のまとめの文末に設置してあるアフィリエイトリンクが踏まれやすくなりますよ。

その②:見出しに検索意図の答えを書く

次は、見出しに検索意図の答えを書く。

見出し文が目次になるので、読者が目次を見た際、「この記事には答えがある!」「この記事は悩みを解決してくれそう!」と思います。

ため

それによって、該当する箇所をしっかりとちゃんと読んでくれるようになるので、サイト滞在時間が伸びますよ。

サイト滞在時間が伸びるとSEOの評価が向上するので、検索順位が上がったり上位表示されやすくなります。

その③:本文には「検索意図の答えの説明」を書く

次は、本文には「検索意図の答えの説明」を書く。

読者が記事本文を読む際、

  • どのように悩みが解決できるのか?
  • どのように理想を実現できるのか?

を知りたがっています。

ため

なので、下記のように本文には「検索意図の答えの説明」を書いてくださいね。

(「痩せる 方法 確実」の場合)

h3:痩せる体質を作る(検索意図の答え)

痩せる体質は脂肪燃焼効果が高いので、軽いウォーキングだけでも1週間で〇kg減量することができます。そのために必要なのが、炭水化物の摂取を抑え、たんぱく質+リパーゼを摂ること。そうすると、脂肪を燃やすために必須な基礎代謝が上がるので、痩せる体質になります。(検索意図の答えの説明)

その④:文末に「ニーズが満たされたときのこと」を書く

最後は、文末に「ニーズが満たされたときのこと」を書く。

前述でもお伝えしたとおり、読者が(無意識で)1番求めているのは「悩みが解決した姿」「理想が実現した姿」です。

そのため、下記みたく文末に「ニーズが満たされたときのこと」を書けば、読者は「求めることが書いてあった!」と思います。

(「痩せる 方法 確実」の場合)

h3:痩せる体質を作る(検索意図の答え)

痩せる体質は脂肪燃焼効果が高いので、軽いウォーキングだけでも1週間で〇kg減量することができます。そのために必要なのが、炭水化物の摂取を抑え、たんぱく質+リパーゼを摂ること。そうすると、脂肪を燃やすために必須な基礎代謝が上がるので、痩せる体質になります。(検索意図の答えの説明)

痩せる体質になると、ジムに行ってハードなエクササイズをする必要がありません。ただ子供と一緒に遊ぶだけで、スリムになっていくのです。(ニーズが満たされたときのこと)

ため

それによって、記事がSNSでシェアされてバズったり、収益が発生しやすくなりますよ。

【おまけ】検索意図の本質は「理想実現」

ため

最後に、僕がググった時に気づいたことをお伝えします。

それは、「将来の姿が知りたくて検索しているんじゃないか?」ということです。

というのも、「ノートパソコン おすすめ」と検索して上位記事を読んだ際、

  • 第10世代 インテル Core i7 10510U(1.8GHz/4コア)だと処理速度はどれぐらい速くなるのか?
  • メモリ容量が8GBだとサクサク表示されるようになるのか?

ノートパソコンを使っている姿

を考えていたからですね。

ため

具体的には

・PCの処理速度が速くなったらストレスがなくなる
・サクサク表示されるようになれば、イライラしない

上記を想像していました。

人は理想を実現させたがっている

そのことに気づいた僕は深く掘り下げて考えたところ、

  • PC作業のストレスをなくしたい
  • ググった際、クルクル回って欲しくない

という「一種の理想」があることに気づいたのです。

ため

そして、上記の理想を違う視点で見たら

・PC作業でストレスが溜まる
・ググった際にクルクル回る

という悩み(ニーズ)がありました。

つまり、理想実現とニーズは表裏一体。理想実現の対極にニーズがあり、ニーズの対極に理想実現があるってことです。なので、検索意図を調べる際、「実現したい理想はなにか?」と問いかけると良いかもしれません。

【まとめ】検索意図を120%満たす記事を作っていきましょう

今回は、検索意図の基礎知識・検索意図の調べ方・検索意図の考え方のコツ・検索意図を記事に活かす方法についてお伝えしました。

内容をまとめるとこんな感じ。

ポイント
  • 検索意図とは「読者が解決したいニーズ」のことで、3種類ある
    ①:顕在ニーズ
    ②:潜在ニーズ
    ③:インサイト
  • 検索意図の調べ方は7つある
    ①:検索結果を見る
    ②:Twitterの投稿を見る
    ③:Q&Aサイトの質問と回答を見る
    ④:会話からニーズを深掘りする
    ⑤:相談内容から求めていることを想像する
    ⑥:過去に自分が悩んでいたことを思い出す
    ⑦:今現在悩んでいることをメモする
  • 検索意図を考えるコツは6つある
    ①:キーワードから「知りたいこと」を想像する
    ②:検索した理由をイメージする
    ③:検索で知りたいことを突き詰める
    ④:③を解決した後に浮かぶ疑問を想像する
    ⑤:④を解決した後に浮かぶ疑問を想像する
    ⑥:ニーズが満たされたら「どうなるか?」を想像する
  • 検索意図をコンテンツ(記事)に活かす方法は4つある
    ①:「顕在ニーズ ⇒ 潜在ニーズ ⇒ インサイト」の順で記事を書く
    ②:見出しに検索意図の答えを書く
    ③:本文には「検索意図の答えの説明」を書く
    ④:文末に「ニーズが満たされたときのこと」を書く

検索意図とは「解決したいニーズ」のことで、読者が求めていることでもあります。

そのため、検索意図を満たすことができれば

  1. 読者がじっくり記事を読む・・・サイト滞在時間UP
  2. 読者がSNSで記事をシェアしやすくなる・・・アクセスUP&SEOの評価が向上

ので、検索順位が上がったり上位表示されるようになりますよ。

ため

さらに、「読んで良かった!」「これは役に立つ!」と思うので、読者の満足度が向上。「この記事から買おう!」となるので、アフィリエイト収益を増やすことが可能です。

なので、本記事を参考に、検索意図の調べ方・考え方をマスターしてくださいね!

検索意図のリサーチを最適化できる「GRC」

また、検索意図のリサーチを最適化できる「GRC」を、下記の記事で解説しています。

GRCとは自動で検索順位をチェックしてくれるツールで、利用すれば検索順位をチェックする手間をカットすることが可能です。

ため

それにより検索意図を調べることにエネルギーを費やせるので

・「これはマジで役に立った!」
・「このブログから買いたい!」

と言われる記事を作れるようになりますよ。

「どんなもの?」「ちょっと見てみよう」と思った方は、下記の記事をご覧ください。

>>関連記事:GRCの機能・料金・使い方を徹底解説|初心者におすすめの検索順位チェックツール

ブログアフィリエイトツールを使いこなそう

当ブログは60記事ほどしかありませんが、それでもブログの資産化に成功し、毎月安定的に5桁(多い時では6桁)稼ぐことができています。

それを実現してくれたのが、ブログアフィリエイトツール。

なぜなら、ブログアフィリエイトツールを使ったことによって、無駄な時間と労力をカット。それによって、ブログ運営・記事作成・稼ぐことに時間と労力を費やせるようになったからです。

ため

そんな風にしてくれたブログツールを下記の記事で紹介しています。

>>関連記事:【初心者向け】ブログアフィリエイトに必須!おすすめツール14選

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事が少しでも役に立ったらシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (4件)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
トップへ
目次
閉じる