MENU
カテゴリー
アーカイブ
「記事を見て欲しい時」のための"ブログ添削記事添削サービス"!超具体的フィードバックで記事が生まれ変わる

SEO攻略で必須なロングテールキーワードとは?選び方や上位表示させるコツも解説!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
悩む人

ロングテールキーワードってなんですか?


個人ブロガーがSEOを攻略するうえで、必要だと聞きました。


もし、必要ならロングテールキーワードの選び方が知りたいです。

そんな疑問を解決します。

この記事で分かること
  • ロングテールキーワードとは?
  • ロングテールキーワードを選ぶメリット
  • ロングテールキーワードの選び方【3ステップ】
  • ロングテールキーワードを選ぶ際の注意点
  • ロングテールキーワードで上位表示させるコツ

この記事を書いている人

ため(@tame3_tame3

個人ブログでSEOを攻略するなら、ロングテールキーワードは超大事です。

なぜなら、

  • 上位表示されるか検索結果に表示されないか
  • アクセスが集まるか集まらないか
  • 商品が売れるか売れないか

を決めるから。

昨今、個人ブロガーにとって、SEOはどんどん厳しくなっています。

僕自身、

  • 月間検索数が多いキーワードを選んだら、検索結果に表示されない・・・アクセスが集まらない
  • ビッグワードを選んだら物が売れない・・・稼げない

ということがありました。

ため

でも、ロングテールキーワードを選んでからは、そんなことがありません。

  • わずか33記事で5,000PV達成
  • 毎月アフィリエイト収益が発生

しているのです。

そこで今回は、ロングテールキーワードの基礎知識と選び方についてお伝えします。

ため

本文を読めば、ロングテールキーワードの基礎知識と選び方が理解できますよ。

それによって結果が出て

  • 数ヵ月で5,000PV
  • 資産化ブログの構築

も夢ではありません。思ったよりも早く実現できるでしょう。

ため

そもそも、キーワードの選び方が分からないという方は、先に下記をご覧ください。

キーワードの選び方

それでは、本文を見ていきましょう。

目次

\ みんな使い始めてる /

WordPressテーマSWELL【あなたのブログ生活を180度変える魔法のテーマ】

HTML/CSSを操作する必要が一切ない

・機能が豊富!カスタマイズサイトを見て自作する必要が無い!
・上位表示されやすい「JSON-LD」に対応!検索TOP10連発も夢じゃない

・だから、1/2の労力でライバルに圧倒的な差を付けられる!(非常に有利になる)

結論:(短期間で)ブログを資産化したり、人気ブロガーになるのも夢ではありません!

参考【SWELLレビュー】ブログが楽しくなって継続がラクになるWordPressテーマ

ロングテールキーワードとは?【SEO攻略で必須】

まずは、ロングテールキーワードの基礎知識をお伝えします。

ロングテールキーワードとは

検索VOL1,000以下の複合キーワード

のことです。

検索VOLとは?

1ヵ月間に検索されている回数です。

例)
・検索VOL10・・・月に10回検索されている
・検索VOL100・・・月に100回検索されている

  • 読みやすい ブログ 書き方・・・検索VOL10
  • 新宿 おすすめ ランチ 安い・・・検索VOL30
  • 30代 おすすめ 転職 エージェント・・・検索VOL20

などが該当しますね。

ロングテール戦略を駆使すればアクセスが集まる

ちなみに、ロングテールキーワードの由来は"ロングテール戦略"。

AmazonやNetflixが活用して、成功を治めています。

  • Amazon・・・そこまで人気じゃない商品を取り扱うことで、ニッチな需要に答えた
  • Netflix・・・動画のラインナップを増やし、ニッチな需要に答えた
出展:tactical media

上記のとおり、ロングテールは売れ筋商品ではありません。しかし、一定のコアなファンがいるので、販売経路があれば売れます。

ため

これは、ロングテールキーワードにも該当。ニッチなキーワードを選ぶことによって、一定数のアクセスが集まるのです。

ロングテールキーワードを選ぶメリット

ここでは、ロングテールキーワードを選ぶメリットについてお伝えします。

ロングテールキーワードを選ぶメリット
  1. 検索意図が分かりやすい
  2. 商品を紹介すれば買われやすい
  3. 企業サイトが入れない(予算的に)
  4. 積み上げればビッグワードも狙える

一つずつ説明しますね。

①:検索意図が分かりやすい

まず、検索意図が分かりやすい。

検索意図とは?

ざっくり言うと、解決したい悩み・知りたいことです。

>>関連記事:検索意図とは?|重要性・調べ方や考え方のコツ・記事に活かす方法を解説

下記のロングテールキーワードを見てください。

  1. 新宿 安い 味噌 ラーメン店 美味しい
  2. 東京 駅 近く エステサロン

①の検索意図は、「新宿にある、安くて美味しい味噌ラーメン店が知りたい」。②の検索意図は、「東京駅近くのエステサロンが知りたい」だと分かりますよね?

ため

ニーズが具体的なので、検索意図の把握がしやすいです。

②:商品を紹介すれば買われやすい

次は、商品を紹介すれば買われやすい。

  • ノートパソコン 5万円台 おすすめ 速い 大容量
  • 有料テーマ 1万円台 おすすめ 速い SEO対策済み

 の場合、該当する商品をアフィリエイトすれば購入されるでしょう。

③:企業サイトが入れない(予算的に)

次は、企業サイトが入れない(予算的に)。

会社目線で見ると

  • ロングテールキーワードだけだとアクセスが集まらない
  • それによって、販売で得る収益よりも人件費が高く付く

ので、参入しづらいです。

企業サイトが参入したとしても、狙えないキーワードがある

とは言え、近年は企業サイトが増えています。

しかし

  • コノハウィング 評判 口コミ 感想
  • Z会ペアゼット 評判 口コミ めんどくさい 難しい

上記みたいな「評判・口コミ・感想系」は、狙えません。

ため

なぜなら、景品表示法に引っかかる可能性があるからです。

④:積み上げればビッグワードも狙える

最後は、積み上げればビッグワードも狙える。

ため

例えば、「転職エージェント おすすめ」で上位表示させたいとしましょう。

その場合、

  • 転職エージェント おすすめ 20代
  • 転職エージェント おすすめ 30代
  • 転職エージェント おすすめ 30代 女性

上記の記事を、「転職エージェント おすすめ」の記事に貼ればOKです。※理由はこちらをご覧ください

イメージ図

ロングテールキーワードの選び方

それでは、ロングテールキーワードの選び方をお伝えします。

ロングテールキーワードの選び方
  • 2語キーワードを選ぶ
  • 関連キーワードを調べる
  • 関連キーワードをさらに絞り込む

順を追って見ていきましょう。

手順①:2語キーワードを選ぶ

まず、2語キーワードを選びます。

例えば

  • 転職エージェント おすすめ
  • ブログ 書き方

などですね。

手順②:関連キーワードを調べる

次は、関連キーワードを調べます。

ラッコキーワードを使って3語め・4語めを確認してください。

調べ方

調べ方です。

「転職エージェント おすすめ」で見ていきましょう。

STEP
ラッコキーワードにアクセス。検索窓に「2語キーワード」を打ち込む
STEP
3語め・4語めがあるキーワードを選ぶ

これだけです。

手順③:関連キーワードをさらに絞り込む

極まれに、3語・4語でも検索VOLが5,000のキーワードがあります。

ため

その場合は、さらに絞り込んでください。

やり方は、下記のとおりです。

STEP
3語め・4語めの右側にある「マーク」をクリック
STEP
4語以上のキーワードを選ぶ

あとは、キーワードを整理して優先度を決めるだけです。

ため

詳しいやり方については、下記をご覧ください。

関連記事

ロングテールキーワードを選ぶ際の注意点

ロングテールキーワードを選ぶ際に、注意すべきことがあります。

ため

それは、


3語めをくっ付けて新たな4語め・5語めを作らないこと


です。

NG例

「転職エージェント おすすめ 20代後半」の場合

  • 転職エージェント おすすめ 20代後半 it
  • 転職エージェント おすすめ 20代後半 30代 it

※赤文字は、「転職エージェント おすすめ」の3語めをくっ付けたものです

解説

というのも、検索意図がズレるからです。

例えば、「転職エージェント おすすめ 20代後半」の場合。

これはある程度キャリアを積んだ人が、更なる高み(管理職とか)を目指して調べています。

なので、「30代」や「it」が入った場合、検索意図を外します。

ため

そうすると、上位表示されなく、記事も読まれません。

なので、3語めをくっ付けて新たな4語め・5語めを作らないでください。

ロングテールキーワードで上位表示させるコツ

ロングテールキーワードを選んだら、記事を書きます。

ため

その際、下記のポイントを押さえると、上位表示が狙えますよ。

ロングテールキーワードで上位表示させるコツ
  1. 記事を量産する
  2. キーワードを入れる
  3. 文字数は3,000字以上
  4. 関連記事の内部リンクを貼る

一つずつ説明しますね。

コツ①:記事を量産する

まず、記事を量産する。

ロングテールキーワードは、検索VOLが少ないです。

  • 転職エージェント おすすめ・・・検索VOL8,100
  • 転職エージェント おすすめ 20代・・・検索VOL390

アクセスが20倍も変わる

そのため、大量に記事を作る必要があります。

ため

じゃないと、アクセス・PVが稼げません。

コツ②:キーワードを入れる

次に、キーワードを入れる。

ため

下手にキーワードを使用すると上位表示されません。

なので

  • タイトル・・・メインキーワード
  • h2見出し・・・1・2・3語め
  • h3見出し・・・3・4・5・6語め
  • 記事本文・・・共起語と一緒にロングテールキーワード
  • メタディスクリプション・・・タイトルに入らなかったキーワード

上記を意識すると良いです。

詳しく知りたい方は、【ブログ】SEOキーワードの入れ方【入れる場所は4ヵ所だけです】をご覧ください。

コツ③:文字数は3,000字以上

次に、文字数は3,000字以上。

なぜなら、

検索意図を満たして、読者を満足させるには、3,000文字は必要

だからです。

ため

とは言え、3,000文字以上書けば上位表示されるわけではありません。

最近のSEOは、コンテンツの質が全て。

  1. 検索意図を満たす
  2. 読者を満足させる

この2つを徹底してくださいね。

>>関連記事:検索意図とは?|重要性・調べ方や考え方のコツ・記事に活かす方法を解説

コツ④:関連記事の内部リンクを貼る

最後は、関連記事の内部リンクを貼る。

理由は単純で

  • 他の記事にアクセスを流せる
    • 1人が見るページビューが増える
  • 内部リンクで貼った記事の評価を引き継げる
    • SEOで上位表示されやすくなる

からです。

ため

ただし、関連記事じゃない場合、SEOの評価がマイナスになります。

そこだけは気を付けてくださいね。

同じジャンルの収益記事の内部リンクを貼る

集客記事を作成した場合、同じジャンルの収益記事の内部リンクを貼ると良いです。

ため

なぜなら、読者を収益記事に流せるからです。

イメージ図
ため

僕の肌感ですが、


①:下手に収益記事を上位表示させないで
②:ロングテールキーワードで集客記事を量産し
③:内部リンクで収益記事と繋げる



とした方が、効率良く稼げますね。

【おまけ】読者の悩みを徹底的に解決し、理想実現のサポートをする

ところで、ロングテールキーワードを選ぶ目的って何だと思いますか?

悩む人

え?何ですか?

ため

僕は


読者の悩みを徹底的に解決し、理想実現のサポートをする


だと思っています。

具体例

例えば、「ブログ 書き方(検索VOL4,400)」には、下記が含まれます。

「ブログ 書き方」に含まれるもの
  • 記事を書くためのキーワード選定のやり方・・・検索VOL880
  • 解決したい悩み(検索意図)を調べる方法・・・検索VOL50
  • ブログ記事の導入文(リード文)の書き方・・・検索VOL110

etc...

ロングテールキーワードが含まれる

ため

この


・ロングテールキーワードの悩みを解決する
・ロングテールキーワードで達成したいことを実現する



ことによって、「ブログ 書き方」のニーズが満たせるんですよね。

なので、ロングテールキーワードを選ぶ目的は

読者の悩みを徹底的に解決し、理想実現のサポートをする

だと思っています。

SEO攻略で必須なロングテールキーワードとは?選び方や上位表示させるコツも解説!:まとめ

今回は、ロングテールキーワードの基礎知識と選び方についてお伝えしました。

検索VOL1,000以下の複合キーワード

今回ご紹介した方法を活用すれば、ロングテールキーワードが選べるようになりますよ。

ため

そして、ロングテールキーワードで記事を作れば、コンテンツが充足。アクセス・PVが増え、物が売れていきますよ。

それによって

  • 数ヵ月で5,000PV
  • 資産化ブログの構築

も夢ではありません!

ため

SEOキーワード選定のやり方も覚えると、より確実です。

関連記事

>>SEOキーワード選定のやり方を3つの手順で解説|選ぶ際のコツも【初心者必見】

ブログ初心者の方へ。次は検索意図を調べます

次は、検索意図を調べます。

ため

これをやることによって、「読者が満足する記事」が作れます。

やり方は、下記をご覧ください。

検索意図の調べ方

今回は以上です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事が少しでも役に立ったらシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる