MENU
カテゴリー
アーカイブ
「記事を見て欲しい時」のための"ブログ添削記事添削サービス"!超具体的フィードバックで記事が生まれ変わる

【ブログ】SEOキーワードの入れ方【入れる場所は4ヵ所だけです】

URLをコピーする
URLをコピーしました!
悩む人

SEOキーワードって、どこに入れれば良いんですか?

何となく入れているので、適切な入れ方と場所が知りたいです。

そんな悩みを解決します。

この記事で分かること
  • SEOキーワードの入れ方
  • SEOキーワードを入れる際の注意点【入れ過ぎない】
  • SEOキーワードを使用する目安【全文字数の3%~5%】
  • 【おまけ】SEOキーワードの数・量は気にしなくて大丈夫

この記事を書いている人

ため(@tame3_tame3

ブログを始めて間もないと

SEOキーワードって、どこに入れれば良いんだろう?分からないから、適当に入れちゃえ。

ってことはありませんか?

僕はありました。

SEOキーワードの入れ方が分からず、詰め込んでいましたね。

ため

ただ、それだと100%検索エンジンに評価されません。永久に上位表示されないです。(経験済み)

でも、難しいことはありません。検索エンジンが評価する適切な入れ方があることを、経験から学びました。

そこで今回は、SEOキーワードの入れ方についてお伝えします。

ため

本記事を読めば、SEOキーワードを正しく入れられるようになりますよ。

それによって、検索エンジンが評価し、

  • 上位表示を連発
  • 検索1ページ目は当たり前

も夢ではありません。

ため

それでは、本文を見ていきましょう。

目次

\ みんな使い始めてる /

WordPressテーマSWELL【あなたのブログ生活を180度変える魔法のテーマ】

HTML/CSSを操作する必要が一切ない

・機能が豊富!カスタマイズサイトを見て自作する必要が無い!
・上位表示されやすい「JSON-LD」に対応!検索TOP10連発も夢じゃない

・だから、1/2の労力でライバルに圧倒的な差を付けられる!(非常に有利になる)

結論:(短期間で)ブログを資産化したり、人気ブロガーになるのも夢ではありません!

参考【SWELLレビュー】ブログが楽しくなって継続がラクになるWordPressテーマ

SEOキーワードの入れ方【必ず入れる場所】

ブログでSEOキーワードを入れる場所です。

SEOキーワードを入れる場所
  • タイトル
  • h2見出し
  • メタディスクリプション
  • 記事本文【共起語とセット】

一つずつ説明しますね。

記事タイトル

まず、記事タイトル。

  • SEOキーワードを左に詰める
  • 重要な情報は28文字で書く

この2つを意識して、「上位表示を狙っているSEOキーワード」を入れてください。

具体例

当ブログには

  • 検索意図 調べ方 コツ
  • 検索意図 考え方 コツ

で上位表示を狙った記事があります。

ため

その記事のタイトルがこちら。

記事タイトル例

検索意図とは?|重要性・調べ方や考え方のコツ(22文字)・記事に活かす方法を解説(12文字)

  • 上位表示させたいSEOキーワードを左側に入れる
  • 重要な情報を28文字以内にまとめる

上記を意識しました。

検索結果でどのように表示されるのか?

悩む人

なんで意識した方が良いんですか?

ため

タイトルの文字数が28文字以上だと、文章が切れるからです。

なので、SEOキーワードは左に詰めて、重要な情報は28文字以内で書きましょう。

ため

記事タイトルの決め方は、下記で解説しています。SEOを攻略したい方は、ぜひご覧ください。

関連記事

h2見出し・h3見出し

次は、h2見出・h3見出し。

  • h2見出し・・・狙っているキーワード
  • h3見出し・・・ロングテールキーワード

上記を入れてください。

具体例

具体例をお見せしますね。

キーワード:SWELL 初期設定
  • h2見出し・・・メインキーワード(1・2・3語め
  • h3見出し・・・スモールキーワード(3・4・5・6語め

上記のとおりに、SEOキーワードを入れています。

強調スニペットに掲載されやすい

悩む人

なんでそう入れるんですか?

ため

強調スニペットに掲載されやすいからです。(下記の画像を参照してください)

なので

  • h2見出し・・・狙っているキーワード(1・2・3語め
  • h3見出し・・・ロングテールキーワード(3・4・5・6語め

上記を意識しましょう。

メタディスクリプション

次は、メタディスクリプション。

メタディスクリプションとは?

検索結果でタイトル下に表示される「記事の説明文」です。

ここには、

  • 狙っているキーワード(1回~2回)
  • 記事タイトルに入らなかったキーワード(1回~2回)

を入れてください。

具体例

具体例を見ていきましょう。

検索結果では、検索キーワードと合致するメタディスクリプションの文字は、太文字で強調されます。

ため

メタディスクリプションの書き方や設定については、下記をご覧ください。

関連記事

記事本文【共起語とセット】

最後は、記事本文。

共起語と一緒に、SEOキーワードを入れてください。

共起語とは?


キーワードと一緒に使われる言葉です。


例):転職
求人  サイト  エージェント  情報  企業  サービス  勤務  採用  管理  特集  キャリア  営業  掲載  支援  経験  職種  年収  条件  紹介  専門  面接 

ため

というのも、検索エンジンに評価されるからです。

共起語の調べ方

共起語の調べ方ですが、共起語検索を使いましょう。

SEOキーワードを入力するだけで、共起語が取得できますよ。

SEOキーワードを入れる際の注意点

SEOキーワードを入れる際、注意すべきことがあります。

それは

SEOキーワードを入れ過ぎないこと

です。

ため

例えば、こんな感じ。

キーワード:ロングテールキーワード 選び方 コツ

タイトル:ロングテールキーワードの選び方にはコツがあった?ロングテールキーワードの選び方のコツを大公開

解説

SEOキーワードを入れ過ぎると、記事が読みづらくなります。

そうすると、すぐページが閉じられるのでSEOの評価がマイナスに。検索順位が下がります。

ため

場合によっては、検索順位が大幅に下がったり、検索結果に表示されなくなるなんてことも...

なので、SEOキーワードの入れ過ぎには注意してください。

SEOキーワードを使用する目安【全文字数の3%~5%】

悩む人

SEOキーワードを使用する目安ってありますか?

ため

記事の全文字数の3%~5%が良いですね。

SEOキーワードの使用率の確認は、FunkeyRatingで行えます。

【おまけ】SEOキーワードの数・量は気にしなくて大丈夫

前述で、SEOキーワードを入れる目安をお伝えしました。

ため

が、ぶっちゃけ、そこまで気にしなくても大丈夫です。

むしろ、気にしない方が

  • 見やすい記事が作れる
  • 読みやすい記事が作れる
  • 分かりやすい記事が作れる

というメリットがあります。

ため

そうすると、記事が完読されるのでページ滞在時間がUP。その結果、検索エンジンが評価して上位表示を連発しますよ。

ブログ初心者の頃は気にしていた

というものの、ブログ初心者の頃は気にしていました。

ため

なので、


・タイトル
・h2見出し/h3見出し
・メタディスクリプション
・記事本文



にSEOキーワードを詰め込んでいましたね。

そうしたら、検索結果に記事が表示されませんでした。

検索結果に表示されたとしても、130位・140位とかでしたね。

気にしなくなったら...

そんなある日、

  • SEOキーワードの入れ過ぎで読みづらい
  • その結果、すぐページが閉じられている

検索エンジンに評価されていない

ことが判明。

ため

SEOキーワードの数・量を気にせず、


・見やすさ
読みやすさ
・分かりやすさ



を追求し始めました。

そうしたら、検索エンジンから評価され、上位表示を連発するようになったのです。

「読者目線で記事を書くこと」にフォーカス

その経験から言えるのですが、SEOキーワードの数・量は気にしなくて大丈夫。

むしろ、

  • 見やすさ
  • 読みやすさ
  • 分かりやすさ

読者目線で記事を書く

上記を意識した方が良いです。

ため

それにより、


「必要なSEOキーワードが必要なだけ、多すぎず少なすぎず丁度良く」


記事に入れられますよ。

【ブログ】SEOキーワードの入れ方【入れる場所は4ヵ所だけです】:まとめ

今回は、SEOキーワードの入れ方についてお伝えしました。

  1. 記事タイトル
  2. h2見出し・h3見出し
  3. メタディスクリプション
  4. 記事本文【共起語とセット】

今回の内容を押さえれば、SEOキーワードの入れ方は大丈夫。

ため

適切な場所に適切な量が入れられるので、検索エンジンから評価されますよ。

それによって、

  • 上位表示を連発
  • 検索1ページ目は当たり前

も夢ではありません。

ため

SEOキーワードの選び方・探し方を押さえれば、より確実です。

詳しくは下記で解説しているので、ぜひご覧ください。

SEOキーワードの選び方

今回は以上です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事が少しでも役に立ったらシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次
閉じる