書けば書くほどストレスがなくなるSWELLの評判・口コミはこちらclick

外部リンク(被リンク)とは?増やし方や自分で獲得する方法も解説【ブログ初心者向け】

URLをコピーする
URLをコピーしました!
悩む初心者ブロガー

「SEOでは外部リンクを増やすことが大事」だと聞きました。

そこで質問ですが、外部リンクってなんですか?どう増やせば良いんでしょうか?

そんな疑問を解決します。

この記事を書いている人

ため(@tame3_tame3
この記事で分かること
  • 外部リンク(被リンク)の基礎知識
  • 外部リンク(被リンク)を増やす方法
  • 外部リンク(被リンク)を増やす際の注意点

外部リンクとは被リンクとも呼ばれ、あなたのサイトリンクが別のサイトに貼られることを言います。

ちなみに、この外部リンクが多ければ多いほど、SEOで有利に。

当たり前のように上位表示されたり、検索VOLの大きいKWDも狙えます。

しかし、外部リンクが少なければ少ないほどSEOで不利に。上位表示されるのに時間が掛かったり、検索VOLの大きいKWDが狙えません。

でも、何も問題はありません!

ちゃんと行動すれば、3ヵ月~で外部リンクを獲得できるようになります。(過去の僕がそうだった)

そこで今回は、外部リンクの基礎知識と増やし方についてお伝えします。

ため

本記事を読めば外部リンクについて理解し、効果的に外部リンクを増やせるようになりますよ。

目次

外部リンク(被リンク)とは?

まずは、外部リンクについてお伝えします。

外部リンクは被リンクとも呼ばれ、他サイトにあなたのサイトのリンクが貼られることを言います。

HIKARUBLOG様が当サイトのリンクを貼ってくれました。これが外部リンク(被リンク)です。

似たようなものとして内部リンクがある

これと似たものとして、「内部リンク」があります。

内部リンクとは、自分のサイト内を行き来するために貼るリンクのことです。

  • そのテーマ・カテゴリーに関連する記事リンク
  • 自分のサイト内にある読んで欲しい記事リンク

を貼ります。

内部リンク例

SEOで上内部リンクのことを詳しく知りたい方は、内部リンクとは?効果的な貼り方&コツを解説【検索順位・PV・収益がアップします】をご覧ください。

外部リンクと内部リンクの違い

どちらもあなたのサイトや記事を見てもらうリンクです。

が、下記の違いがあります。

外部リンク(被リンク)
  • 第三者からの評価対象となる
  • 直接的なSEO効果がある
内部リンク
  • 関連する記事同士を結ぶ
  • 直接的なSEO効果はない

ブログを育てるなら内部リンクが大事です。

が、SEOに強いサイトにしたいなら、外部リンクが物を言います。

外部リンク(被リンク)の重要性

なぜ、SEOに強いサイトにしたいなら、外部リンクが物を言うのか?

その理由を、外部リンク(被リンク)の重要性としてお伝えします。

外部リンク(被リンク)の重要性
  1. サイトの評価が上がる
  2. ドメインパワーが上がる
  3. アクセス数が増加する

一つずつ見ていきましょう。

その①:サイトの評価が上がる

まずは、サイトの評価が上がる。

なぜなら、被リンクは口コミ評判と同じだからです。

例えばAmazonレビューの場合。

ユーザーの口コミ評判が多くなれば、商品の評価が上がりますよね?

SEOもこれと全く一緒です。

被リンクが多くなれば、サイトの評価が上がります。

その②:ドメインパワーが強くなる

次は、ドメインパワーが上がる。

被リンクが貼られると、検索エンジンが「このサイトは有益なんだな」と認識します。それによって、ドメインパワーが上がるのです。

ため

ちなみに、ドメインパワーが上がると

・上位表示されやすくなる
・検索VOLが大きいKWDを狙える

というメリットがあります。

その③:アクセス数が増加する

最後は、アクセス数が増加する。

理由は単純で

リンクを貼ってくれたサイトから、あなたのサイトへアクセスが流れる

からです。

アクセス数が増えると検索エンジンが「このサイト人気だね」って評価します。

それによって、SEOで強くなるのです。

ただ、SEO効果があるものは良質な外部リンクだけです。

ため

良質な外部リンクについては、次の章でお伝えします。

獲得すべき良質な外部リンク(被リンク)3選

良質な外部リンク(被リンク)は下記のとおりです。

獲得すべき外部リンク(良質な被リンク)
  • 権威性があるサイトからのリンク
  • ドメインパワーが強いサイトからのリンク
  • 自分と同じテーマ(ジャンル)のサイトからのリンク

一つずつ見ていきましょう。

その①:権威性があるサイトからのリンク

まずは、権威性があるサイトからのリンク。

例えば、

  • 医療系ジャンル・・・医者
  • 転職系ジャンル・・・転職エージェント
  • ブログ系ジャンル・・・有料テーマの公式サイト

ですね。

ため

Googleが認めているので、効果絶大です。

その②:ドメインパワーが強いサイトからのリンク

次は、ドメインパワーが強いサイトからのリンク。

具体的には、ドメインパワーが20以上のサイトからリンクが貼られることです。

ため

SEOで評価されているので、狙いたいですね。

その③:自分と同じテーマ(ジャンル)のサイトからのリンク

最後は、自分と同じテーマ(ジャンル)のサイトからのリンク。

理由は単純で

同じテーマ(ジャンル)のサイトから紹介される=情報の質が高いことの証明になる

からです。

ため

Twitterの被リンク企画に参加する場合。

同じテーマ(ジャンル)のものに参加すると良いですね。

良質な外部リンク(被リンク)を増やす方法6選

良質な外部リンクを増やす方法は6つあります。

良質な外部リンク(被リンク)を増やす方法6選
  1. 質の高い記事を書く
  2. 独自の情報を発信する
  3. 記事をSNSでシェアする
  4. SNSで繋がった人と相互リンク
  5. ブログサイト集に掲載を依頼する
  6. 企業サイトに外部リンクの営業をする

一つずつ見ていきましょう。

その①:質の高い記事を書く

まずは、質の高い記事を書く。

外部リンクは口コミと同じなので

  • 記事の質が良い・・・紹介される(リンクを獲得できる)
  • 記事の質が悪い・・・紹介されない(リンクを獲得できない)

です。

例えば、あるラーメン屋さんに入ったとします。そのお店がめちゃくちゃ美味しかったら、友達に紹介しますよね?

反対に、そのお店がめちゃくちゃ不味かった場合。誰にも紹介しないのではないでしょうか?

ため

これと同じなんですよね。

質の高い記事ってどんな?

質の高い記事とは

  • 流れるようにスラスラ読める
  • 読んでいて疑問が浮かばない
  • 知りたいことが全部知れる
  • 自分の悩みが解決できる
  • 論理が破綻していない
  • 真似れば行動できる

が合わさったものです。

ため

難しく思えるかもしれませんが、


・記事構成の作り方
・読みやすい記事の書き方


を押さえれば、”誰にでも”書けます。

記事構成の作り方と読みやすい記事の書き方については、下記をご覧ください。

関連記事

>>ブログの記事構成の作り方を9ステップで解説【無料テンプレートあり】

>>【網羅】読みやすいブログ大全|書き方のコツ・レイアウト・デザインをまとめて解説

その②:独自の情報を発信する

次は、独自の情報を発信する。

自分にしか無い情報は、世の中に広がっていないので、価値があります。さらに、その多くは利益をもたらすため、外部リンクを獲得しやすいです。

例えば、「モチベーションに頼らないブログ運営術」という情報があった場合。タイトルからして面白そうじゃないですか?(=価値を感じている証拠)

そして本文を読んで「こんなのあるんだ!」と思ったら、シェアするのではないでしょうか。(=利益を享受した証拠)

ため

まだ表に出ていない情報(=独自の情報)の場合、こんなことがよくあります。

自分独自の情報ってどんな?

自分独自の情報とは

  • 自分が実践して上手く行った方法
  • 自分の悩みが解決した方法
  • 自分が取った調査結果
  • 自分が検証した結果
  • 自分の体験談

などです。

ため

積極的に発信していきましょう。

その③:記事をSNSでシェアする

次は、記事をSNSでシェアする。

人の目に触れる機会が増えるので、外部リンクを獲得しやすくなります。

ため

特にTwitter。シェアしてから5秒後に”いいね”が付いたりと反応が速い速い。なので、外部リンクを増やしやすいですね。

サイテーションが期待できる

さらに、サイテーションが期待できます。

サイテーションとは「リンクのない言及」のことで、

  • 〇〇の記事が参考になりました
  • 〇〇は分かりやすいのでおすすめです

とツイートされることが該当しますね。

例えばこんな感じ

最近のSEOは、権威性の高いサイトを上位表示する傾向があります。

ため

なので、色んな人から言及されるサイトの評価が高まるのです。

その④:SNSで繋がった人と相互リンク

次は、SNSで繋がった人と相互リンク。

前述のサイテーションは、外部リンクを獲得するにあたり重要です。が、結果が出るまでに時間がかかるので、即効性はありません。

そこでおすすめなのが、SNSで繋がった人と相互リンクをすること。

ため

やり方は簡単で、お互いにリンクを送り合うだけです。

相手のドメインパワーが20以上であれば

そのサイトの評価によって、あなたのブログの評価が上がる

というメリットがありますよ。

その⑤:ブログサイト集に掲載依頼をする

次は、ブログサイト集に掲載依頼をする。

SEO効果が高いと言われる「一方通行型のリンク」を獲得できます。

ため

ちなみに、SWELL限定ですが、当ブログもブログサイト集をやっています。

ドメインパワーが40.1なので、そこそこのSEO効果が期待できますよ。

その⑥:企業サイトにリンクの営業をする

最後は、企業サイトにリンクの営業をする。

具体的には

商品やサービスのレビュー記事を書く

メールやお問い合わせフォームから掲載依頼をする

ですね。

ため

難易度は高いですが、リンクがもらえればSEOの評価が爆上がりです!

自分で良質な外部リンク(被リンク)を獲得する方法

以上が良質な外部リンク(被リンク)を増やす方法です。

悩む初心者ブロガー

難しい。

自分でどうにかできないの?

ため

できます!

下記の無料サービス・サイトを活用すればOKです!

サイト名DA(ドメインパワー)外部リンク(被リンク)獲得方法
lit.link 43LINE提携とプロフィール入力後、ブログのURLを貼る
HTML名刺34登録してプロフィールを作成する際、ブログのURLを貼る
ADVENTAR 50カレンダーの空いている日に、ブログのURLを貼る
ブログサークル39会員登録後、プロフィールにブログのURLを貼る
しんきとうろく10627会員登録時にブログのURLを入力する
にほんブログ村83会員登録時にブログのURLを入力する
人気ブログランキング63会員登録時にブログのURLを入力する
NewsPicks 68ブログ記事をブックマークする
はてなブックマーク93ブログ記事をブックマークする
ペライチ35会員登録後、ブログのURLを貼る
note82会員登録後、ブログのURLを貼る
Ameba91会員登録後、プロフィールを作成して、そこにブログのURLを貼る

登録すれば、獲得すべき外部リンク(良質な被リンク)をGETできますよ。

外部リンク(被リンク)を増やす際の注意点

最後に、外部リンクを増やす際の注意点をお伝えします。

外部リンク(被リンク)を増やす際の注意点
  • リンク数を一気に増やさない
  • 関連性が低いサイトからのリンクを避ける

一つずつ見ていきましょう。

リンク数を一気に増やさない

まずは、リンク数を一気に増やさない。

理由は単純で、検索エンジンが不正な手段でリンクを獲得したと認識するからです。

ため

検索結果から消えたりSEOの評価がマイナスになるので、気をつけてください。

目安は1週間に3~5つほどですね。

関連性が低いサイトからのリンクを避ける

次は、関連性が低いサイトからのリンクを避ける。

関連性が低いサイトからのリンクが多いと、検索エンジンがSEOスパムと認識します。

SEOスパムは、検索エンジンでの上記表示を目指すあまり過剰なSEO対策を行い、検索エンジン側から不正と見なされる行為を指します。スパム認定されてしまうと、検索結果の表示順位が下がってしまったり、検索結果にヒットしなくなる等のペナルティを受けてしまうことがあります。

引用:ferret
ため

不正と見なされないためにも、関連性が低いサイトからのリンクを避けましょう。

外部リンク(被リンク)とは?増やし方や自分で獲得する方法も解説【ブログ初心者向け】:まとめ

今回は、外部リンクの基礎知識と増やし方についてお伝えしました。

  • 外部リンクは被リンクとも呼ばれ、他サイトにあなたのサイトのリンクが貼られること
  • 第三者からの評価になるので、直接的なSEO効果がある

外部リンクは、SEOに強いサイトを構築するうえで必須です。

外部リンクを増やすことができれば

  • サイトの評価が上がる
  • ドメインパワーが上がる
  • サイト滞在時間が伸びる

ので、色んなキーワードで上位表示されやすくなります。

ため

また、検索VOLが大きいキーワードも狙えるようになりますよ。

なので、しっかりと外部対策(被リンク対策)をしましょう!

外部対策と共に内部対策にも力を入れよう

外部対策をする際、一緒に内部対策をすると良いですよ。

理由は単純で、

色んな記事が見られやすくなる(PV・サイト滞在時間を伸ばせる)から

です。

今回は以上です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事が少しでも役に立ったらシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
トップへ
目次
閉じる