MENU
カテゴリー
アーカイブ
「記事を見て欲しい時」のための"ブログ添削記事添削サービス"!超具体的フィードバックで記事が生まれ変わる

【網羅】読みやすいブログ大全|書き方のコツ・レイアウト・デザインをまとめて解説

URLをコピーする
URLをコピーしました!
悩む人

ブログを読みやすくする方法を教えてください。


経験が長いブロガーさんのブログを見た後、自分のブログを見ると読みづらくて...

そんな悩みを解決します。

この記事で分かること
  • 読みやすいブログの条件
  • 読みやすいブログの書き方のコツ
  • 読みやすいブログのレイアウト・デザイン
  • ブログが10倍読みやすくなる!とっておきの方法

この記事を書いている人

ため(@tame3_tame3

経験が長いブロガーさんのブログ記事を見た時、

めちゃくちゃ読みやすい!


それに対して、自分のブログ記事は読みづらい!!


いったいなぜ??

と思うことがありますよね?

僕は何度もあります。

ため

ただ、下手に手を加えると、かえって読みづらくなることも...(実際にやらかしました)

でも、安心してください。正しい方法を知れば、読みやすくすることができます。

読みやすくする方法を知る前

読みやすくする方法を知った後

そこで今回は、ブログを読みやすくする方法についてお伝えします。

ため

本記事の内容を実践すれば、ブログがすっきり美しくなりますよ。

それによって

  • 読者がファンになる
  • PVが増えて収益も増加する

も夢ではありません!

ちなみに本記事は、ブログの書き方の応用編です。基礎を押さえたい方は、下記をご覧ください。

ブログの基本的な書き方

ため

それでは、本文を見ていきましょう。

目次

\ みんな使い始めてる /

WordPressテーマSWELL【あなたのブログ生活を180度変える魔法のテーマ】

HTML/CSSを操作する必要が一切ない

・機能が豊富!カスタマイズサイトを見て自作する必要が無い!
・上位表示されやすい「JSON-LD」に対応!検索TOP10連発も夢じゃない

・だから、1/2の労力でライバルに圧倒的な差を付けられる!(非常に有利になる)

結論:(短期間で)ブログを資産化したり、人気ブロガーになるのも夢ではありません!

参考【SWELLレビュー】ブログが楽しくなって継続がラクになるWordPressテーマ

【前提知識】読みやすいブログの条件

まずは、前提知識として、読みやすいブログの条件についてお伝えします。

読みやすいブログの条件
  • すっきりしていて非常に見やすい
  • 読んでいて疑問が一つも浮かばない
  • 斜め読みでも記事の内容が理解できる

一つずつ説明しますね。

条件①:すっきりしていて非常に見やすい

条件1つめは、すっきりしていて非常に見やすい。

こんな感じです。

  • 改行幅を多めに取って余白を作っている
  • 文字だけの文章と装飾のバランスが良い
  • 長い文章と短い文章を織り交ぜている

ので、見た目が鮮やかです。美しさを感じます。

条件②:読んでいて疑問が一つも浮かばない

条件2つめは、読んでいて疑問が一つも浮かばないこと。

下記の画像のような感じです。

  • シンプルで平坦な言葉を使っている
  • 話のロジックがしっかり成立している
  • 前の文で浮かんだ疑問を次の文で解消している

ので、スラスラ読めます。

条件③:斜め読みでも記事の内容が理解できる

条件3つめは、斜め読みでも内容が理解できること。

実際に見た方が分かりやすいと思うので、下記の動画をご覧ください。

  • 装飾を施している部分を読めばポイントが理解できる
  • 吹き出しやボックスを読めば言いたいことが理解できる

ので、飛ばし読みでも言いたいことが明確に伝わります。

読みやすいブログの書き方のコツ

それでは、読みやすいブログの書き方のコツをお伝えしますね。

読みやすいブログの書き方のコツ
  • 句点は2回まで
  • 余計な文章を削る
  • 言葉を一貫させる
  • 文章の重複を避ける
  • 文章のリズムを変える
  • 文章が続くのは三文まで!
  • ルールを決めて文字装飾を使う
  • 改行を多めにとって余白量を増やす
  • 全体的に論理が通っているかをチェック
  • 漢字2割・ひらがな7割・カタカナ1割の比率

一つずつ見ていきましょう。

句点は2回まで

まず、句点の使用は2回まで

理由は単純で、「伝えたいことが分かる」からです。

具体例

下記の文章を読み比べてみてください。

厳島神社へ行った感想

本来は二泊三日のスケジュールのはずが今回は一泊二日。

二日分の日程を一日に凝縮したのでスケジュールがハードでした。

でも子供の時に習った歴史の場所に行けて感動しました!

句点が2回だと、言いたいことが分かります。しかし、句点が2回以上だと、言いたいことが分かりません。

ため

なので、句点の使用は2回までにしましょう。

余計な文章を削る

次は、余計な文章を削る。

具体的には

※リンクをクリックすると外部サイトへ移動します

上記を削ぎ落しましょう。

ため

文章がシンプルになって、めちゃくちゃ分かりやすくなりますよ。

具体例

下記の文章を見てください。

ブログで稼ぎたいなら、SEOの知識がめちゃくちゃ必要。

なぜなら、その知識を使って上位表示させる必要があるからです。

例えば、「読みやすい ブログ」で検索1位を取った場合としましょう。

そうすると、かなりの、膨大なアクセスが見込めます。

なので、ブログでガッツリ稼ぐためにも、SEOの知識をしっかり習得しましょう。

シンプルな方が理解できますよね。

ため

なので、余計な文章を削りましょう。

目安

目安としては

  • 一文40文字以内に収める
  • 修飾語の使用は、各見出しで2回まで

が良いですね。

ため

特に文字数。

これは意識してください。

というのも

  • 人の集中力・・・8秒
  • 1秒で認識できる文字数・・・5文字

8 × 5 = 40文字

だからです。

言葉を一貫させる

次は、文中で使用する言葉を一貫させる。

文中で使用する言葉の意味が同じだと、疑問が浮かびません。

エディタには、Classic EditorとGutenbergの2種類あります。

クラシックエディタは2018年まで使われていて、HTML/CSSの操作が必要でした。対して、ブロックエディタは2018年から使われ、ソースコードの操作が不要です。

旧エディタのサポートは2021年末に終了するので、今から新エディタに慣れましょう。

NG例は「え?」となりますが、OK例はすんなり頭に入ってきます。

ため

なので、言葉を一貫させましょう。

文章の重複を避ける

次は、文章の重複を避ける。

同じ言葉が続くと、読みづらくなります。

具体例

下記の文章を読んでみてください。

ブログ記事を書く際に大事なのは、論理的に考えることです。

なぜなら、論理的な文章を書く必要があるからです。

例えば、結論 → 理由 → 具体例 → 結論です。

これは、論理的につながっているのです。

ため

例①はつまった感じがしますが、例②は流れるように読めます。

このように、同じ言葉が続くと読みづらくなるので、言葉を変えましょう。

重複しないためには?

重複しないためには

※リンクをクリックすると外部サイトに移動します

と良いです。

事実、例②の文章は言葉が重ならないように類語を使用。語尾も一文ずつ変えています。

ため

「確認が難しそう!」と思いますが、文章推敲のツール(無料)を使えば簡単です。

ツールが文章をチェックしてくれますよ。

文章のリズムを変える

次は、文章のリズムを変える。

というのも

  • リズムが同じ・・・退屈する
  • リズムが違う・・・熱中する

からです。

具体例

具体例として、例①と例②の文章を読み比べてみてください。

読者をファンにしたいなら、ライティング技術が必須。

なぜなら、読み手の心を動かす必要があるからです。

例えば、読者があなたの体験談を読んだとしましょう。

ライティングスキルがあれば、体験談に引き込めます。

そうすると、読み手があなたの体験談に共感します。

そして、「このようになりたい!!」って思います。

なので、読者をファンにしたいなら、ライティングスキルが必要です。

ため

例①は飽きますが、例②は没頭しますよね。

なので、リズムを変えましょう。

リズムを変える方法

リズムを変える方法は

  • 体言止めを使う
  • 文章に長短を付ける
  • 抽象と具体を織り交ぜる

この3つです。意識してみてください。

ため

そうすれば読みやすくなって、完読されますよ。

文章が続くのは三文まで!

次は、文章が続くのは三文まで!

三文以上続くと、「長いな~。読みづらいな~。」と感じ、ページが閉じられます。

ため

なので、三文め・四文めに文字装飾を使うと良いですよ。

※例

ルールを決めて文字装飾を使う

次は、ルールを決めて文字装飾を使う。

無造作に文字装飾を使うと、目がチカチカして見づらくなります。

ため

しかし、ルールを決めて文字装飾を使うと視認性が向上。パッと見で理解できますよ。

当ブログの文字装飾ルール

参考例として、当ブログの文字装飾ルールをお伝えしますね。

当ブログの文字装飾ルール

  • 強調・・・重要な文章
  • マーカー・・・その章の答え
  • 箇条書き・・・ポイント
  • 吹き出し・・・ワンポイントメッセージ
    • 赤の背景色・・・注意喚起など
    • 緑の背景色・・・メリットなど
    • 黄の背景色・・・ベネフィットなど
  • 灰色の背景色・・・具体例や体験談
  • 箇条書き+枠・・・目立たせたい時に使用
  • 箇条書き+青の背景色・・・重要なポイント
  • 箇条書き+赤の背景色・・・注意ポイント、デメリット
  • 箇条書き+緑の背景色・・・効果、メリット
  • 箇条書き+黄の背景色・・・ベネフィット、エンドベネフィット
ため

ぶっちゃけ、ここまで多くしなくても平気です。

ただ、重要なポイント、注意ポイントは目立つようにしましょう。

注意点:文字装飾を使い過ぎない

文字装飾を使う際は

1画面につき最大3色まで

が良いです。

ため

具体的には


・強調+マーカー
・強調+箇条書き+背景色
・吹き出し+強調+マーカー



といった感じですね。

改行を多めにとって余白量を増やす

次は、改行を多めにとって余白量を増やす。

余白量を増やせば、文章がすっきりして見やすくなります。

ため

余白の目安は


・クラシックエディタ・・・改行幅2行
・ブロックエディタ・・・改行幅2行

・SWELL・・・4mm~5mm


です。

全体的に論理が通っているかをチェック

次は、全体的に論理が通っているかをチェック。

250記事以上添削をしてきて

  • 読みやすい文章・・・論理が成立している(分かりやすい)
  • 読みづらい文章・・・論理が飛んでいる・破綻している(疑問が浮かぶ)

でしたね。

具体例

具体例として、下記の文章を見ていきましょう。

ブログの収益を増やしたいなら、ASPを使い分けると良いです。

なぜなら、ASP毎に広告の報酬単価が違うから。

例えば、同じ広告でも

  • A社・・・5,000円
  • B社・・・5,500円

ということがあります。

なので、ブログの収益を増やしたいなら、ASPを使い分けましょう。

例①は、分かりやすいので、スラスラ読めます。しかし、例②は疑問が浮かぶので、スラスラ読めません。

ため

このように、ロジックが成立しているかいないかで、読みやすさが変わります。

なので、全体的に論理が通っているかをチェックしましょう。

漢字2割・ひらがな7割・カタカナ1割の比率

最後は、漢字2割・ひらがな7割・カタカナ1割の比率にする。

理由はシンプルで、見やすくなるからです。

具体例

具体例を見ていきましょう。

例①と例②、どちらが見やすいですか?

今日の御昼御飯は、パンを2つ食べました。

ジメジメしているから、しょくよくが無いんですよね。

ため

例②ですよね。


例①は、目が疲れてストレスを感じます。

なので、漢字2割・ひらがな7割・カタカナ1割の比率を意識しましょう。

意識する際のポイント

悩む人

意識するには、どうすれば良いんですか?

ため

下記をやってみてください。

ポイント

※リンクをクリックすると外部サイトへ移動します

この4つをやれば、おどろくほど見やすくなりますよ。

読みやすいブログのレイアウト・デザイン

ここでは、読みやすいブログのレイアウト・デザインについてお伝えします。

読みやすいブログのレイアウト・デザイン
  • 自動広告をOFFにする
  • テーマカラーには寒色系を使う
  • 文字装飾にはパステルカラーを使う
  • PC・スマホで見やすい文字フォントを使う
  • コンテンツ幅・文字フォントを少し大きくする

一つずつ見ていきましょう。

自動広告をOFFにする

まず、自動広告をOFFにする。

読みづらいブログに共通しているのが「自動広告」。変なところにアドセンスが表示されています。

たとえば、

  • 文中の句点の後
  • 箇条書きの間
  • 追尾ヘッダー

とかです。

正直に言って、あれはストレスを与えます。離脱率(ページを閉じる割合)が高まりますね。

ため

なので、自動広告をOFFにしましょう。


代わりに、目次上・下、まとめの文末に広告を貼ると良いです。自動広告よりも収益が発生しやすくなりますよ。

テーマカラーには寒色系を使う

次は、テーマカラーには寒色系を使う。

理由はシンプルで、目がチカチカしないからです。

具体例

実際に、寒色系と暖色系の色合いを見ていきましょう。

寒色系
暖色系

寒色系は刺激が少なくて目が疲れません。が、暖色系は刺激が多くて目が疲れますよね。

ため

この刺激も読みやすさに関わってきます。

なので、刺激の少ない寒色系をつかってくださいね。

PC・スマホで見やすい文字フォントを使う

次は、PC・スマホで見やすい文字フォントを使う。

文字フォントとは?

ざっくり言うと、ブログに表示される文字のデザインです。

文字フォントによっても読みやすさが変わります。

なので、「読みづらいな~」と思ったら、文字フォントを変更してみてください。

ため

ちなみに、読みやすい文字フォントは


・ヒラギノ角ゴシック
・游ゴシック
・メイリオ


の3つです。

コンテンツ幅・フォントサイズを少し大きくする

最後は、コンテンツ幅・フォントサイズを少し大きくする。

ため

これは文章よりも、直接見てもらった方が分かると思います。

クリックすると画像が大きくなります

上記のとおりです。

少し大きめの方が、見やすいですよね。

目安

悩む人

目安はどれぐらいですか?

ため

下記のとおりです。

  • 文字フォント・・・14pt~18pt
  • 全体幅・・・1300px~1310px
  • 記事幅・・・800px~880px

程よい心地良さが生まれるので、読みづらさが解消できます。

SWELLなら「全体幅:1310程度、記事幅:880、文字フォント:17px」

ちなみに、SWELLを使っているなら、下記がおすすめ。

  • 文字フォント・・・17px
  • 全体幅・・・1310程度
  • 記事幅・・・880px

読みづらさが解消するうえ、すっきり美しくなります。

ため

それによって、直帰率・離脱率が下がって、平均ページ滞在時間が伸びますよ。


(実際に僕の場合、直帰率・離脱率が20%下がり、平均ページ滞在時間が30秒伸びた)

SWELLってなに?どんなWordPressテーマ?

SWELLのことを知らない人のために、ざっくり解説します。

ため

SWELLとは、2019年3月にリリースしたWordPressテーマです。

最大の特徴は

  • マウス操作だけで使える
    • HTML/CSSの操作が不要
  • ビジュアルを確認しながら装飾が施せる
    • 投稿画面 → プレビューの行ったり来たりが無い

こと。

ため

「百聞は一見に如かず」というので、実際の動画を見ていきましょう。

 

「美しい」「読みやすい」と言わせられる!

さらに、HTML/CSSを使わずに、ワンクリックのみで

  • 文字フォントのデザイン・大きさが変えられる
  • 任意のサイト幅・記事幅にすることができる
  • 1mm~6mm単位で余白が変えられる

という優れもの。

ため

これらを駆使したら、


・美しい
・読みやすい



と言われるようになりました。

SWELLについて知りたい方は、下記をご覧ください。

関連記事

>>【満足度4.5】SWELLを使った感想レビュー|デメリット4つ・メリット7つを解説

ブログが10倍読みやすくなる!とっておきの方法

これまでお伝えした方法を駆使すれば、圧倒的に読みやすくなるはずです。

ため

ただ、読みやすさで差を付けるための方法を2つお伝えしますね。

ブログが10倍読みやすくなる!とっておきの方法
  1. 図を使って解説する
  2. 推敲をしっかりする

一つずつ見ていきましょう。

図を使って解説する

1つめは、図を使って解説する。

「パッと見で分かる」ので、見やすさを追求するなら使うと良いです。

※例

ため

さらに


・目が休まってストレスが消える
・流し読みでも視線が止まる



という効果もありますよ。

推敲をしっかりする

2つめは、推敲をしっかりする。

推敲とは?


文章を明瞭にすることです。


・分かりにくい表現があれば、分かりやすい表現にする
・論理が通っていなければ、論理が通るようにする


などを行います。

推敲をすれば、めちゃくちゃ読みやすくなります。記事の質が格段に上がりますね。

ため

ダイヤモンドの原石を磨けば「ダイヤの品質が高まる!」

と同じです。

推敲のやり方

そんな推敲のやり方は、以下のとおり。

  1. 時間を置いてから記事を読み直す
  2. 読み上げアプリを使って記事を聞く
  3. スマホなど違うデバイスから記事を読む
ため

詳しくは下記をご覧ください。

関連記事

>>文章推敲のやり方&コツを解説【結論、PV・収益UPに直結します】

【おまけ】読みやすくすることは「満足させること」

ところで、読みやすくするとは何だと思いますか?

悩む人

え?

何ですか?

ため

僕は、「満足させること」だと思うんです。

具体的に解説

というのも、ネット上には18億個ものサイトが乱立。

検索ユーザーが自分のブログに訪れるのは、一回だけかもしれません。

以前、障害者の転職エージェントをググった時のこと。

障害者の転職エージェントはあるの? ⇒ ググる ⇒ 情報を手に入れる ⇒ それで終了

でした。

そんな人を満足させるのが

  • 見やすい
  • 分かりやすい
  • 疑問が何も浮かばない
  • 悩みが解決し、欲しい情報が手に入る

⇒ 読みやすくする

と思っています。

ため

「満足させる!」を起点に考えれば


・どうすれば読みやすくなるのか
・もっと読みやすくするには何をすれば良いのか



が分かりますよ。

【網羅】読みやすいブログ大全|書き方のコツ・レイアウト・デザインをまとめて解説:まとめ

今回は、ブログを読みやすくする方法についてお伝えしました。

今回ご紹介した方法を活用すれば、「読みづらさ」が無くなります。

ため

なので、ブログがすっきり美しくなりますよ。

それによって

  • 読者がファンになる
  • PVが増えて収益も増加する

も夢ではありません!

ため

なので、ぜひ使ってみてください。

推敲と合わせて使用すると、より効果的ですよ。

推敲のやり方を知りたい人は、下記をクリック

今回は以上です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事が少しでも役に立ったらシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる