書けば書くほどストレスがなくなるSWELLの評判・口コミはこちらclick

ConoHa WINGとエックスサーバーを徹底比較【違いを5項目で検証】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

「ConoHa WINGとエックスサーバー、どっちが良いんだろう…」

ブロガーに大人気なレンタルサーバーが「ConoHa WING」と「エックスサーバー」。

両方とも評判がいいので、「どっちが良いの?」と迷っていませんか?

この記事を書いている人
ため(@tame3_tame3
  • ためブロ 管理人
    (ASP収益5桁・ブログ収益6桁)
  • 障害者ブロガー
    (上位表示多数)
  • フリーランス
    (Web×マーケティング:最高月収68万円)
  • 専門書を年間200冊読破
    (ジャンル:Web×マーケティング)
  • ConoHa WINGとエックスサーバーの使用歴あり

>>プロフィール

「ConoHa WINGとエックスサーバーで悩んでいる」あなたに伝えたいことは、下記のとおり。

ConoHa WINGがおすすめな人
  • 雑記ブログ・特化ブログを作る予定の人
  • 速度重視の人(サイトを高速化したい人)
  • SEOを攻略して上位表示させたい人
  • ブログにお金をかけたくない人
エックスサーバーがおすすめな人
  • アフィリエイトブログを作る予定の人
  • 安定性重視の人
  • ブログ初心者の人・安定的に稼ぎたい人
  • レンタルサーバーで失敗したくない人

ただ、しっかり比較しなかったために「イメージと違う」となり、「サーバー選びに失敗して無駄なお金と労力を使ってしまう人がいる」のも事実。

そうならないためにも、ConoHa WINGとエックスサーバーを使ったことのある僕が比較します。

目次

【結論】速さならConoHa WING、安定性ならエックスサーバー

ConoHa WING
(WINGパックベーシック)
エックスサーバー
(スタンダード)
総評価(4.66)(4.61)
初期費用無料3,300円
利用料金3ヵ月:3,630円
6ヵ月:6,600円
12ヵ月:11,880円
24ヵ月:22,680円
36ヵ月:31,680円
3ヵ月:3,960円
6ヵ月:7,260円
12ヵ月:13,200円
24ヵ月:25,080円
36ヵ月:35,640円
容量300GB300GB
転送量27.0TB/月
(換算すると900GB/日)
900GB/日
(換算すると27.0TB/月)
優れている項目・料金の安さ
・表示速度
・使いやすさ
・安定性
・負荷耐性
・サポート体制
引き分けの項目・かんたんインストール
・かんたん移行
・かんたんインストール
・かんたん移行
評判・口コミ>>ConoHa WINGの評判・口コミ>>エックスサーバーの評判・口コミ

結論として、速さを重視するならConoHa WING、安定性を重視するならエックスサーバーがおすすめです。

なぜなら、

  • ConoHa WING
    従来のFastCGIより20%も速くPHPを処理する「LiteSpeed LSAPI」を採用していることにより、ぶっちぎりの速さを実現
  • エックスサーバー
    処理能力と負荷耐性を10倍~20倍に拡張する「Xアクセラレーター2」を搭載していることにより、常に一定のパフォーマンスを実現

しているから。

表示速度はSEOの指標で、速いほど上位表示されやすいです。一方、安定性は離脱率に関わるところで、安定しているほど離脱されにくく(収益が発生しやすく)なります。

ため

なので

・サイトを高速化してSEOを攻略したいならConoHa WING
・サイトの安定性を担保して稼ぎたいならエックスサーバー

が良いですね。

ConoHa WING・エックスサーバーってどんなレンタルサーバー?|特徴を解説

ConoHa WINGとエックスサーバーを比較する前に、それぞれのサーバーの特徴をお伝えします。

ConoHa WINGの特徴

ConoHa WINGは、GMO株式会社が2013年から運営しているレンタルサーバーです。

国内最速のスピードを誇る高性能サーバーで、表示速度・安定性・負荷耐性が抜群。にも関わらず、利用料がリーズナブル・初期費用が無料・独自ドメイン2つの取得料&更新料が無料です。

ConoHa WINGのメリット
  • 利用料が安い
  • コスパがめちゃ良い
  • サーバーの表示速度が速い
  • 移行代行を破格の値段で使える
  • 管理画面が見やすくて使いやすい

ConoHa WINGのデメリット
  • 運営実績が短くて不安が残る
  • 比較的新しいので情報が少ない
  • 電話サポートが中々繋がらない

一方、運営実績が短くて不安の残る・比較的新しいので情報が少ない・電話サポートが中々繋がらないというデメリットがあります。

関連 ConoHa WINGの評判・口コミ

エックスサーバーの特徴

エックスサーバーは、エックスサーバー株式会社が2004年から運営しているレンタルサーバーです。

最先端技術をフル搭載しているので、処理能力が驚異的。しかも、安定性・負荷耐性を10倍~20倍に拡張する「Xアクセラレーター2」を搭載していることで、安定性・負荷耐性が抜群です。

エックスサーバーのメリット
  • サーバーが高性能
  • 安定性・負荷耐性が抜群
  • 電話サポートが繋がりやすい
  • メールサポートの場合すぐ返信が来る
  • 運営実績があって情報も豊富なので安心して使える

エックスサーバーのデメリット
  • 初期費用がかかる
  • 利用料が高い
  • 管理画面が使いづらい

ただ、初期費用がかかる・利用料が高いので、お財布との相談が必要となります。

関連 エックスサーバーの評判・口コミ

【比較一覧】ConoHa WINGとエックスサーバー違い

ConoHa WINGとエックスサーバーの比較一覧表です。

ConoHa WINGは「WINGパックベーシックプラン」、エックスサーバーは「スタンダードプラン」で比べています。

ConoHa WING
(WINGパック ベーシック)
エックスサーバー
(スタンダード)
サーバータイプリソース共有型 リソース共有型
初期費用無料 3,300円
レンタル料880円~1,210円990~1,320円
無料お試し期間無し10日間
契約初月無料無料
無料ドメイン2つ(更新料が無料)1つ(更新料が発生)
プランの変更随時 1日~20日までに申請、翌月1日から変更が適応
支払い方法クレジットカード
Amazon Pay
銀行決済
コンビニ決済
PayPal
AliPay
conoHaカード
クレジットカード
Pay-easy(銀行決済)
Paidy(後払い)
コンビニ決済
サーバーソフトnginx+Apache nginx
vCPU/メモリー6コア/8GB128コア/1TB
使用ディスク完全SSDNVMe SSD
ディスク容量300GB 300GB
転送量27.0TB
(1日900GB)
900GB/日
(1ヵ月27.0TB)
データベースMySQLMySQL
データベース容量5.0GB/個5.0GB/個
自動バックアップ〇(14日分)△ (14日分:Webサイト以外)
リストア(復元)△(Webサイト以外)
FTPアカウント無制限無制限
マルチドメイン無制限無制限
サーバーのリソース確認△(CPU・メモリーの確認付加)
転送量の確認△(要設定)
サーバーマイグレーション×
自動プランアップ×
Xアクセラレータ×
オリジナルCGI利用
Ruby3.6、2.73.6、2.7
PHPPHP8、PHP7、PHP5PHP8、PHP7、PHP5
php動作LiteSpeed LSAPI FAST CGI
HTTP/2
HTTP/3××
サーバーキャッシュ
ブラウザキャッシュ
OPcache
無料SSL
WAF
アクセス制限
二段階認証
Webメール
メールアカウント無制限無制限
メール転送
メーリングリスト
メールマガジン×
自動返信
アンチウィルス
迷惑メール防止
メールの暗号化
Webフォント33種類33種類
かんたんインストールWordPress
EC-CUBE
PukiWiki
WordPress
EC-CUBE
かんたん移行ありあり
移行代行あり(7,678円)あり(33,000円)
サイトコピーありなし
サポート電話、チャット、メール電話、メール
サポートの特徴チャットが即レス電話が繋がりやすい
運営会社GMO株式会社エックスサーバー株式会社
サーバー運用歴2013年~2003年~
導入実績38万件以上200万件以上
公式サイトConoHa WINGエックスサーバー
ため

次の章から詳しく比較していきますね。

ConoHa WINGとエックスサーバーの料金を比較

まずは、料金。

下記の2項目で比較していきます。

料金比較
  1. 初回費用
  2. 更新費用

初回費用

スクロールできます
ConoHa WING
(WINGパック ベーシック)
エックスサーバー
(スタンダード)
初期費用無料3,300円
契約初月無料無料
独自ドメイン
(取得料)
2つ無料1つ無料
レンタル料3ヵ月:3,630円
6ヵ月:6,600円
12ヵ月:11,880円
24ヵ月:22,680円
36ヵ月:31,680円
3ヵ月:3,960円
6ヵ月:7,260円
12ヵ月:13,200円
24ヵ月:25,080円
36ヵ月:35,640円
支払額(初期費用込) 3ヵ月:3,630円
6ヵ月:6,600円
12ヵ月:11,880円
24ヵ月:22,680円
36ヵ月:31,680円
3ヵ月:7,260円
6ヵ月:10,560円
12ヵ月:16,500円
24ヵ月:28,380円
36ヵ月:38,940円
容量300GB300GB
転送量27.0TB/月
(換算すると900GB/日)
900GB/日
(換算すると27.0TB/月)

最初にかかるお金は、ConoHa WINGの方が3,500円~7,000円も安いです。

容量・転送量は全く同じですが、ConoHa WINGは初期費用がないため、エックスサーバーよりも安価となっています。

更新費用

スクロールできます
ConoHa WING
(WINGパック ベーシック)
エックスサーバー
(スタンダード)
初期費用無料3,300円
契約初月無料無料
独自ドメイン
(更新料)
無料1つ無料
レンタル料3ヵ月:3,630円
6ヵ月:6,600円
12ヵ月:11,880円
24ヵ月:22,680円
36ヵ月:31,680円
3ヵ月:3,960円
6ヵ月:7,260円
12ヵ月:13,200円
24ヵ月:25,080円
36ヵ月:35,640円
支払額(ドメイン更新料込み) 3ヵ月:3,630円
6ヵ月:6,600円
12ヵ月:11,880円
24ヵ月:22,680円
36ヵ月:31,680円
3ヵ月:4,960円
6ヵ月:8,260円
12ヵ月:14,200円
24ヵ月:26,080円
36ヵ月:36,640円
容量300GB300GB
転送量27.0TB/月
(換算すると900GB/日)
900GB/日
(換算すると27.0TB/月)

さらに、更新料もConoHa WINGの方が安いです。

エックスサーバーと比較すると、利用料がリーズナブルなうえ、独自ドメインの更新料もかかりません。

ため

なので、「できるだけお金をかけたくない」「固定費を削減したい」ならConoHa WINGがおすすめです。

結論

料金はConoHa WINGの方が安い。さらに、コスパも良い。

ConoHa WINGとエックスサーバーのスペックを比較

次は、下記の4項目でスペックを比較します。

スペック比較
  1. 性能
  2. 表示速度
  3. 安定性
  4. 負荷耐性

性能

スクロールできます
ConoHa WING
(WINGパック ベーシック)
エックスサーバー
(スタンダード)
サーバーnginxApache + nginx
サーバーOSCloud LinuxLinux
CPU非公開第3世代「AMD EPYCTM
ディスク種類オールSSDオールNVMe
PHP動作LiteSpeed LSAPIFAST CGI

性能はエックスサーバーの方が良いです。

なぜなら、最新のCPU(第3世代「AMD EPYCTM」)を搭載し、最先端のディスク(オールNVMe)を使用しているから。

第3世代「AMD EPYCTM」は従来のサーバーに搭載しているCPUよりも性能(処理能力)が2倍向上しています。対してオールNVMeは、オールSSDよりも読み込み速度が14倍速いのです。

ため

なので、性能はエックスサーバーの方が良いですね。

表示速度

ConoHa WING・エックスサーバーともに「高速」と評判ですが、実際に測定したらConoHa WINGの方がトータルで4.5倍も速かったです。

応答時間(クリックしてからレスポンスを返すまでの時間)は0.18ms、ページロード(コンテンツの読み込み)は1075msも違いました。

ため

これはWordPressの動作にも表れ、

・ConoHa WING・・・下書き保存を押せばすぐ保存される
・エックスサーバー・・・下書き保存を押してから2.03秒で保存される

となっています。

なので、表示速度はConoHa WINGの方が速いですね。

安定性

ConoHa WING
(WINGパック ベーシック)
エックスサーバー
(スタンダード)
波があって安定していない波がなく安定している

サーバーの安定性はエックスサーバーが良いです。

3日間の測定データを見ても、そこまで波が立っていません(利用者の影響を全く受けていない)。また、タイムアウト=接続切れも3日間で2回だけなので、安定稼働していると言えるでしょう。

ため

なので、安定性はエックスサーバーの方が良いですね。

負荷耐性

2秒間に集まったアクセス数ConoHa WINGの平均応答時間エックスサーバーの平均応答時間
100.164(秒)0.124(秒)
200.132(秒)0.103(秒)
300.118(秒)0.111(秒)
400.132(秒)0.116(秒)
500.138(秒)0.136(秒)
600.141(秒)0.139(秒)
700.146(秒)0.141(秒)
800.163(秒)0.154(秒)
900.171(秒)0.168(秒)
1000.215(秒)0.197(秒)
平均0.138(秒)0.137(秒)

ConoHa WING・エックスサーバーともに同時アクセスに強い「naginx」を採用していますが、測定するとエックスサーバーの方が負荷耐性が優れていました。

なぜなら、ConoHa WINGより0.40秒~0.03秒も速く処理しているから。

例えば、同時アクセスに100アクセスが集まったとしましょう。ConoHa WINGは0.215秒で処理するのに対し、エックスサーバーは0.197秒で処理しています。

ため

なので、負荷耐性はエックスサーバーですね。

とはいえ、ConoHa WINGも負荷耐性が強い。平均応答時間の「平均」が、エックスサーバーと0.001秒しか変わらないからです。

結論

サーバーのスペックはエックスサーバーの方が良い。が、速さならConoHa WING、安定性と負荷耐性ならエックスサーバーとなる。

ConoHa WINGとエックスサーバーの使いやすさを比較

次は使いやすさ。

下記の2項目で比べていきます。

使いやすさの比較
  1. サーバーの管理画面
  2. セットアップツール・移行ツール

サーバーの管理画面

サーバーの管理画面の使いやすさは、ConoHa WINGに軍配が上がります。

スクロールできます
ConoHa WING
(WINGパック ベーシック)
エックスサーバー
(スタンダード)
管理画面1つの画面で完結管理画面と設定画面がある
備考管理画面が重たい管理画面が軽い

ConoHa WINGの管理画面はシンプルで見やすい見やすいさらに、契約関係からサーバーの設定関係まで全て1つの画面で完結するので、画面の行ったり来たりがありません。

一方、エックスサーバーの管理画面は設定項目が多くて見づらい。しかも、契約関係は「Xserverアカウント」・サーバーの設定は「サーバーパネル」と分かれているので、画面の行ったり来たりがあります。

ため

なので、使いやすさならConoHa WINGですね。

セットアップツール・移行ツール

ConoHa WING
(WINGパックベーシック)
エックスサーバー
(スタンダード)
セットアップツール
移行ツール

結論、どちらも変わりません。

ConoHa WINGには「WordPressかんたんセットアップ」「WordPressかんたん移行」、エックスサーバーには「WordPressクイックスタート」「WordPress簡単移行」があります。

ため

ConoHa WINGもエックスサーバーも10分でブログ開設・サイト移行ができるので、大きな違いはありません。

結論

契約関係からサーバーの設定まで1つの画面で完結するので、ConoHa WINGの方が使いやすい。

ConoHa WINGとエックスサーバーのサポートを比較

次はサポート。

スクロールできます
ConoHa WING
(WINGパック ベーシック)
エックスサーバー
(スタンダード)
操作マニュアル
サポート電話
メール
チャット
電話
メール
対応時間電話:平日10時~18時
メール:24時間(返信は翌営業日)
電話:平日10時~18時
メール:24時間対応(24時間以内に返信)
サポートの特徴チャットが即レス電話が繋がりやすい

サポート体制には大差がありませんが、対応はエックスサーバーの方が良いです。

エックスサーバーはアナウンスが流れた後、すぐ担当者と話すことができます。さらに、夜10時頃にメールで問い合わせても、10分~30分で返信をしてくれるのです。

一方、ConoHa WINGは全然電話が繋がりません。40分鳴らしても、担当者と話すことができないのです。しかも、夜10時頃にメールで問い合わせた場合、返信が来るのは翌営業日。ちょっと遅いです。

ため

なので、サポートの対応はエックスサーバーですね。

結論

サポートの対応はエックスサーバーの方が良い。

ConoHa WINGとエックスサーバーの運用歴・導入実績を比較

最後は運用歴・導入実績。

運用歴・導入実績はエックスサーバーに軍配が上がります。

ConoHa WINGエックスサーバー
運用歴2013年~2003年~
導入実績40万件以上200万件以上

エックスサーバーは、2003年からサービスの提供を開始。一度もトラブルを起こしていないので、ブロガーやアフィリエイターのみならず、公官庁や大手企業なども利用しています。(なので、導入実績は200万件以上)

一方、ConoHa WINGは2013年からサービスを提供(WINGパックは2018年)。比較的新しいので、「ちょっと大丈夫なのかなぁ」と思うかもしれません。

ため

なので、実績を重視するならエックスサーバーがおすすめです。

ただ、ConoHa WINGを運営しているのは業界最大手のGMO株式会社。お名前comやロリポップを運営しているので、ConoHa WINGの信頼性も高いです。

結論

運用歴・導入実績はエックスサーバーだが、ConoHa WINGはGMO株式会社が運営しているため、信頼性はそこまで変わらない。

比較内容をまとめると?

比較内容をまとめますね。

ConoHa WING
(WINGパック ベーシック)
エックスサーバー
(スタンダード)
料金(5)(4)
スペック/性能(4)(5)
表示速度(5)(4.5)
サーバーの安定性(4.5)(5)
サーバーの負荷耐性 (4.5) (5)
管理画面の使いやすさ(5)(4)
WordPressの開設・移行(5) (5)
サポートの対応(4) (5)
運用歴2013年~2003年~
導入実績40万件以上200万件以上
運営会社GMO株式会社エックスサーバー株式会社
公式サイトConoHa WINGエックスサーバー

総合的な性能・機能は大して変わりませんが、表示速度とコスパはConoHa WING、安定性と負荷耐性はエックスサーバーが優れていますね。

ConoHa WINGがおすすめな人

ConoHa WINGがおすすめな人は下記のとおり。

ConoHa WINGがおすすめな人
  • 雑記ブログ・特化ブログを作る予定の人
  • 速度重視の人(サイトを高速化したい人)
  • SEOを攻略して上位表示させたい人
  • ブログにお金をかけたくない人

特に速度重視の人にConoHa WINGがおすすめですね。

なぜなら、従来のFastCGIより20%も速くPHPを処理する「LiteSpeed LSAPI」を採用しており、動作が軽いからです。

ため

また、初期費用・独自ドメインの取得料&更新料が無料なので、ブログにお金をかけたくない人にも向いています。

エックスサーバーがおすすめな人

エックスサーバーがおすすめな人は次のとおり。

エックスサーバーがおすすめな人
  • アフィリエイトブログを作る予定の人
  • 安定性重視の人
  • ブログ初心者の人
  • レンタルサーバーで失敗したくない人

性能が良くて安定性が抜群なサーバーを使いたいのであれば、エックスサーバーがおすすめです。

というのも、比較項目②でお伝えしたとおり、サーバースペックが驚異的だからですね。

ため

そのため、レンタルサーバー選びで失敗したくない人にもピッタリです。

ConoHa WINGとエックスサーバー比較【5項目で違いを徹底検証】:まとめ

ConoHa WINGとエックスサーバーの比較内容をまとめます。

ConoHa WING
(WINGパック ベーシック)
エックスサーバー
(スタンダード)
料金(5)(4)
スペック/性能(4)(5)
表示速度(5)(4.5)
サーバーの安定性(4.5)(5)
サーバーの負荷耐性 (4.5) (5)
管理画面の使いやすさ(5)(4)
WordPressの開設・移行(5) (5)
サポートの対応(4) (5)
運用歴2013年~2003年~
導入実績40万件以上200万件以上
運営会社GMO株式会社エックスサーバー株式会社
公式サイトConoHa WINGエックスサーバー

上記の内容から、ConoHa WINGがおすすめな人・エックスサーバーがおすすめな人は次のようになります。

ConoHa WINGがおすすめな人
  • 雑記ブログ・特化ブログを作る予定の人
  • 速度重視の人(サイトを高速化したい人)
  • SEOを攻略して上位表示させたい人
  • ブログにお金をかけたくない人
エックスサーバーがおすすめな人
  • アフィリエイトブログを作る予定の人
  • 安定性重視の人
  • ブログ初心者の人・安定的に稼ぎたい人
  • レンタルサーバーで失敗したくない人

レンタルサーバーでブログの結果が変わってくるので、今回の比較を参考に、自分にピッタリなものを選んでくださいね!

公式サイト
  • エックスサーバー:処理能力・安定性・負荷耐性が驚異的なレンタルサーバー
    https://www.xserver.ne.jp/

合わせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事が少しでも役に立ったらシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
トップへ
目次
閉じる