書けば書くほどストレスがなくなるSWELLの評判・口コミはこちらclick

ブログテーマ(アフィリエイトジャンル)の決め方7つ|選び方&コツも解説【決定版】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

「ブログテーマ(アフィリエイトジャンル)の選び方が分からない」

「ブログテーマ(アフィリエイトジャンル)ってどう決めれば良いの?」

ブログを運営するうえで欠かせないのが、ブログテーマ(アフィリエイトジャンル)選び。

今回ご紹介する選び方&決め方を使ったところ、ブログの資産化に成功し、毎月5桁の安定収入を得ることができています。

この記事を書いている人
  • ためブロ 管理人
    (ASP収益5桁・ブログ収益6桁・上位表示多数)
  • 2020年2月にブログを開設
    (ジャンル:ブログ関連)
  • フリーランス
    (Web×マーケティング:最高月収68万円)
  • 専門書を年間200冊読破
    (ジャンル:Web×マーケティング)

ブログテーマ(アフィリエイトジャンル)の決め方で伝えたいことは、下記のとおり。

ポイント

  • 誰でも稼げるブログテーマ(アフィリエイトジャンル)は存在しない
    ※ただ、どのジャンルにも穴があって、そこを狙えば収益化が可能
  • ブログテーマ(アフィリエイトジャンル)の決め方7つのポイント
    ①:ASP案件は充実しているか?
    ②:その分野に詳しいか?
    ③:調べることが苦痛じゃないか?
    ④:記事を1年以上書き続けられるか?
    ⑤:売れる商品があるか?
    ⑥:需要(検索VOL)はあるか?
    ⑦:検索1ページめに個人ブログはあるか?
  • ブログテーマ(アフィリエイトジャンル)の選び方&コツ
    ①:過去に経験したことをテーマにする
    ②:今の仕事・生活をテーマにする
    ③:これから学びたいことをテーマにする
  • ブログテーマ(アフィリエイトジャンル)決定8ステップ
    ①:書きたいテーマをざっくり決める
    ②:ASP案件が10個ぐらいあるかチェックする
    ③:スタートとゴールを決める
    ④:キーワード選定をする
    ⑤:スタートとゴールを埋めるキーワードをリストアップする
    ⑥:リストアップしたキーワードをカテゴライズする
    ⑦:収益記事から執筆していく
    ⑧:定期的に検索順位をチェックする
  • ブログテーマ(アフィリエイトジャンル)を決める際の注意点
    ①:YMYLを避ける
    ②:報酬単価で選ばない
    ③:テーマは最大3つまで
    ④:アクセスが集まるテーマを軸にする

ただ、しっかり押さえないといつまで経っても収益化ができず、「こんなに努力しているのに稼げない!」と苦しみ、ブログを挫折する羽目に…

そうならないためにも、ブログテーマ(アフィリエイトジャンル)の決め方を詳しく解説します。

目次

【大前提】稼げるブログテーマ(アフィリエイトジャンル)は存在しない

大前提として、誰でも稼げるブログテーマ(アフィリエイトジャンル)は存在しません。もし、そのようなブログテーマ(アフィリエイトジャンル)があれば、全ブロガーが成功していますよね。

しかし、実際は、65%のブロガーが月1万円も稼げていません。さらに、稼ぎやすいと言われる転職系やレンタルサーバーなどは、企業サイトやアフィリエイターがしのぎを削っているので難しいです。

なので、誰でも稼げるテーマ(ジャンル)は存在しません。

ため

ただ、どのジャンルにも必ず穴があって、そこを狙えば収益化が可能です。実際、僕はその穴を狙ったことで、わずか60記事という少ない記事数で毎月5桁(多い時では6桁)稼いでいます。


また、僕がサポートしている初心者ブロガーさんもその穴を狙ったことで、わずか10記事で毎月4桁~5桁稼いでいますよ。


なので、穴を狙えば大丈夫です!

次の章では、穴を狙うために必須なブログテーマ(アフィリエイトジャンル)決め方のポイントをお伝えします。

ブログテーマ(アフィリエイトジャンル)の決め方7つのポイント

ブログテーマ(アフィリエイトジャンル)の決め方のポイントは、下記の7つです。

ブログテーマ(アフィリエイトジャンル)の決め方7つのポイント
  1. ASP案件は充実しているか?
  2. その分野に詳しいか?
  3. 調べることが苦痛じゃないか?
  4. 記事を1年以上書き続けられるか?
  5. 売れる商品があるか?
  6. 需要(検索VOL)はあるか?
  7. 検索1ページめに個人ブログはあるか?

一つずつ説明しますね。

ポイント①:ASP案件は充実しているか?

ため

1つめは、「ASP案件は充実しているか?」です。

ざっくり言うと、ASP案件とはブログで稼ぐために必須なネット広告のこと。好きなジャンルの広告を、ブログに掲載することができます。

このASP案件ですが、テーマ・ジャンルによっては全くないことも。そうなると、必然的に売る物が無くなるので、収益化ができません。

ため

なので、ASP案件が充実しているテーマ・ジャンルを選びましょう。

ASP案件が10個ぐらいあると好ましい

ブログ初心者の頃の自分

何個ぐらいあれば良いの?

ため

目安としては、10個ぐらいです。

ASP案件ですが、企業の業績が下がったりすると、突然案件が停止することが多々あります。

案件が停止すると、売れる商品が少なくなるので、必然的に収益が減少。場合によっては、稼げなくなることもあるのです。

ため

そうならないためにも、ASP案件は10個ぐらいあると良いですよ。仮に「案件が停止になった」としても、他の案件でカバーすることができます。

ポイント②:その分野に詳しいか?

ため

2つめは、「その分野に詳しいか?」です。

その分野に詳しければ詳しいほど、権威性が増し加わります。

権威性とは?

簡単に言うと「誰が見ても信頼に値すること」です。

例えば、白衣を着たお医者さんが、「このままの食生活を続けると、肝機能が低下して肝不全になるかもしれません。食生活を改善しましょう」と言ったとします。

この場合、「え?マズイ!食生活を変えよう」と思いますよね?

現在のSEOは権威性を重視している傾向があるので、権威性があるだけで検索順位が上がりやすくなったり上位表示されるようになるのです。

ため

ちなみに、権威性があると人間は本質的にその人のことを信頼してしまいます。

そのため、あなたが商品を紹介した時、「あの人が勧めてるんだから間違いない」と思われ、購入されやすくなりますよ。

自分の体験談や自分のロジックを書ければOK

ブログ初心者の頃の自分

でも、どのぐらい詳しければ良いの?

ため

答えは、自分の体験談や自分のロジックを書けることです。

転職活動の際ですが、普通に履歴書と職務経歴書を書いて企業に応募したら、書類選考で落ちました。しかし、履歴書と職務経歴書にブログ運営の実績(PV・検索順位・滞在時間など)を書いて企業に応募したら、書類選考が通過したのです。

このようなことを書ければ、読者は「めちゃくちゃ詳しい=権威性がある」と認識します。さらに、唯一無二の情報(オリジナリティ)になるので、読者が「有益な情報=価値がある情報」と思いますよ。

ため

公式サイトにあるような情報(どこにでもあるような内容)には、価値がありません。権威性を感じられず、その他多勢に埋もれます。

そうならないためにも、自分の体験談やロジックを駆使して、「めちゃくちゃ詳しい」を演出してくださいね。

ポイント③:調べることが苦痛じゃないか?

ため

3つめは、「調べることが苦痛じゃないか?」です。

その分野に詳しくない場合は、調べながら記事を書けばOK。というよりも、「その道で30年のキャリアがあります!」ではない限り、リサーチは100%必要です。

そのため、リサーチが苦痛じゃなければ、今は知識が無くても稼げる可能性が十分にあります。なぜなら、調べれば調べるほど詳しくなって、濃い記事を書けるようになるからです。

ため

例えば、ブログで成功する人の共通点10選【6桁以上稼いでいる人155人調査】という記事があったら、読んでみたくなりませんか?

普通の人はそこまで調べられないので、こういうまとめ系は「有益な情報=価値ある情報」になりますよ。

普段ググっていること

ブログ初心者の頃の自分

調べることが苦痛じゃない分野か。
何があるんだろう??

ため

普段ググっていることが良いですよ。というのも、気づかないうちにめちゃくちゃ詳しくなっていることがあるからですね。

例えば、僕の場合。歴史が好きすぎるので、よく「〇〇 ルーツ」「〇〇 歴史」と調べています。

その結果、こんなことを書くことができるようになりました。

文明史上、最初にビジネスの記述が出てきたのは、紀元前約4600年頃。ハンムラビ法典に「〇〇に貸した(=負債)」と書いてあるのが根拠です。

この文言を見ると、自分が所有しているものを他人に貸す、他人が所有しているものを自分が借りる時にお金が発生していることが分かります。

そのことから、ビジネスとは所有しているものの売買(もしくは賃貸)であると言えるのです。

「なるほど!」って思いませんでしたか?

ため

それは「めちゃくちゃ詳しい」と感じたからです。

このように、普段ググっていることを選べば、濃い記事を書くことができます。

なので、理想はリサーチしても苦にならない分野を選ぶのが良いのですが、思いつかない場合は普段ググっている分野を選びましょう。

ポイント④:記事を1年以上書き続けられるか?

ため

4つめは、記事を1年以上書き続けられるか?です。

初めてブログを開設した場合。最初の3ヵ月間は記事が検索結果に表示されません。が、4ヵ月め以降になると記事が検索結果に表示されるようになって、アクセスが集まります。

この頃になると、アフィリエイト収益がぽつりぽつりと発生しますが、まだ不安定です。「先月は3,000円稼げたけど、今月は0円」ということがよくあります。

ところが、7か月め以降になると収益が安定。「先月の収益は15,000円だったけど、今月の収益は16,000円」とコンスタンスに稼げるようになるのです。

ため

このとおり、稼げるようになるまでに1年は掛かります。なので、記事を1年以上書き続ける必要があるんですよね。

今やっていることがあればOK

ブログ初心者の頃の自分

1年以上か…
難しいな…

ため

そんな場合は、今やっていることを書けばOKです。

例えば、僕の場合。今ブログ運営をしています。

そこで学んだことを発信しているので、記事を1年以上書き続けることができているのです。

補足

他には、今やっている仕事や趣味、現在取り組んでいること(ダイエットや筋トレなど)が該当しますね。

ポイント⑤:需要(検索VOL)はあるか?

ため

5つめは、「需要(検索VOL)はあるか?」です。

よく「初心者はニッチなテーマで書く方が良い」と言いますが、需要の無いジャンルを選ぶとその時点で終わります。アクセスが集まらず、物が売れないからですね。

逆に、「マスなテーマ」で書くのもNG。競合が強すぎるので、記事が検索結果に表示されず、アクセスが集まらないからです。

検索VOL1000以上あればOK

ブログ初心者の頃の自分

じゃあ、どこを狙えば良いの?

ため

需要があるテーマのニッチな部分です。検索VOL1.000以上あるジャンルですね。

検索VOL・・・1ヵ月間に検索されている回数

検索VOL1,000以上だと毎月1,000回検索されているので、「アクセスが集まらない!」ということがありません。さらに、競合が弱いため、検索結果に表示されますよ。(そればかりか、上位表示も狙える)

ため

ちなみに、このような場所で勝てると、マスでも勝負できるようになります。

例えて言うと、地区予選で勝つと全国大会で戦えるのと同じですね。

ポイント⑥:検索1ページめに個人ブログはあるか?

ため

6つめは、「検索1ページめに個人ブログはあるか?」です。

前述で「検索VOL1,000以上は競合が弱い」とお伝えしましたが、場所によっては競合が強いケースがあります。

例えば、「WordPress スクール」。

検索VOLは70と少ないですが、検索1ページめは企業サイトが独占。個人ブログが入る余地がありません。

このようなところは競合が強すぎるので、検索結果にすら表示されません。

ため

しかし、検索1ページめに個人ブログがあった場合、それは「競合が弱い」という証拠です。そのため、勝てる見込みが十分あります。

個人ブログが無ければ”ズラし”を使えばOK

ブログ初心者の頃の自分

検索1ページめに個人ブログが無かったらどうすれば良いの?

ため

分野をズラしましょう。

ざっくり言うと、ズラしとは攻める側面を変えることです。具体的には、文言を変えたりアプローチの切り口を変更したりします。

「WordPress スクール」の場合

  • 文言を変えた場合
    ①:「WordPress 学習」
    ②:「WordPress 講座」
    ②:「WordPress マスター」
  • アプローチの切り口を変えた場合
    ①:「ITスキル 習得」
    ②:「転職 役立つ ITスキル 習得」
    ③:「初心者 ITスキル 簡単 習得」

etc…

このようにすることで、競合と争わずに済みます。さらに、潜在顧客を確実に集客することが可能です。

ため

なので、検索1ページめに個人ブログが無かった場合、文言を変えたりアプローチの切り口を変えてみてください。

ブログテーマ(アフィリエイトジャンル)の選び方&コツ

続いて、ブログテーマ(アフィリエイトジャンル)の選び方&コツをお伝えします。

ブログテーマ(アフィリエイトジャンル)の選び方&コツ
  1. 過去に経験したことをテーマにする
  2. 今の仕事・生活をテーマにする
  3. これから学びたいことをテーマにする

その①:過去に経験したことをテーマにする

ため

1つめは、「過去に経験したことをテーマにする」です。

あなたの過去の経験は、現在進行形で誰かが直面している可能性が極めて大。

  • 受験勉強
  • 就職活動
  • 転職活動

そのため、過去の経験をテーマにすると、同じ境遇の人の悩みを解決する有益な記事を書くことができます。

ため

なので、アクセスが集まりやすくなりますよ。さらに、オリジナリティが出るので、Googleから評価されます。

なぜなら、Googleが「オリジナルで有用なコンテンツを上位表示する」と断言しているからです。

オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。

引用:Google 検索セントラル

過去に経験したことをテーマにする際のコツ

ブログ初心者の頃の自分

どんな経験でも良いの?

ため

いや、下記のようなストーリーがあると良いですね。

  • 「できない ⇒ できるようになった」
  • 「困難に直面 ⇒ それを乗り越えた」
  • 「挫折(失敗)⇒ 成功」

理由は単純で、読者が必ずどこかのフェーズに当てはまっているからです。

例えば、転職の経験をテーマにした場合。ブログを見る読者は、書類選考フェースの人・面接フェーズの人・SPI試験フェーズの人となります。

そのため、「書類選考で〇〇をしたら不合格、××をしたら合格」「面接で〇〇をしたら不合格、××をしたら合格」「SPI試験で〇〇をしたら不合格、××をしたら合格」という体験は非常に有益な情報となるのです。

ため

なので、読者は「このサイトを見れば悩みが解決するに違いない」「このサイトを見れば理想が実現するに違いない」と思って、ブログのファンになりますよ。

その②:今の仕事・生活をテーマにする

ため

2つめは、「今の仕事・生活をテーマにする」です。

今の仕事・生活は現在進行形なため、ネタに困りません。また、リアルタイムで経験しているので、詳しく書いて権威性を高めることができます。

さらに、仕事の知識やノウハウ、生活でのちょっとした工夫を書けばコンテンツに専門性が出るので、Googleが評価しますよ。

最高品質のページは、有益な目的を提供し、その目的が正しく達成できるように作られています。高評価〜最高評価は、MC(メインコンテンツ)の質と量、および評判とE-A-Tのレベルに基づいています。

何がページを最高品質にするのでしょうか? 付け加えるなら、高品質、最高品質のページは次の特性の1つ以上を満たさなければなりません。

・高度の専門知識、信頼性、および信憑性(E-A-T)
・十分な量のある、高品質なメインコンテンツ
・そのメインコンテンツのあるWebサイトに対する肯定的な評判

引用:品質評価ガイドライン(General Guidelines)

今の仕事・生活をテーマにする際のコツ

ブログ初心者の頃の自分

何でも良いの?

ため

いや、1年以上続けていることがあれば好ましいですね。

1年以上続けていれば、そのことについてかなり詳しくなるので、自分の体験談やロジックを書けるようになります。

例えば、事務職を1年続けた場合。「実際の現場で使うショートカットキー」「現場で使う関数」「いつもサービス残業を押し付けられていた私が定時で帰れるようになった方法」などが書けますよね。

さらに、「そもそも会社に行って事務職をする必要があるのか?」と言ったような自分の意見(ロジック)を書くこともできます。

ため

その結果、記事に権威性+専門性が出るので、Googleから評価されます。

さらに、自分の体験談やロジックなどで記事にオリジナリティ(独自性)が出るので、Googleが検索順位を上げてくれますよ。

その③:これから学びたいことをテーマにする

ため

3つめは、「これから学びたいことをテーマにする」です。

これから学びたいことをテーマにすると、ブログ記事がアウトプットの場になるので、短期間で圧倒的な知識が身に付きます。

そして、知識が身に付けば詳しく書けるようになるので、記事に専門性+権威性が出るようになりますよ。

ため

ちなみに、あなたの成長に心打たれた人がブログのファンになってくれます。そして、応援してくれますよ。

ブログテーマ(アフィリエイトジャンル)決定8ステップ

ここからは、ブログテーマ(アフィリエイトジャンル)を決定するまでの流れを解説します。

ブログテーマ(アフィリエイトジャンル)決定8ステップ
  1. 書きたいテーマをざっくり決める
  2. ASP案件が10個ぐらいあるかチェックする
  3. スタートとゴールを決める
  4. キーワード選定をする
  5. スタートとゴールに沿ってキーワードをリストアップする
  6. リストアップしたキーワードをカテゴライズする
  7. 収益記事から執筆していく
  8. 定期的に検索順位をチェックする

一つずつ説明しますね。

ステップ①:書きたいテーマをざっくり決める

ため

まずは、書きたいテーマをざっくり決めましょう。

前述した

  1. 過去に経験したことをテーマにする
  2. 今の仕事・生活をテーマにする
  3. これから学びたいことをテーマにする

の中から選べばOKです。

便宜上、「ブログの始め方」を選んだことにさせてください。

ステップ②:ASP案件が10個ぐらいあるかチェックする

ため

次は、ASP案件が10個ぐらいあるかチェックしましょう。

ブログの始め方で必要になるASP案件は、「レンタルサーバー」と「WordPressテーマ」。

なので、「レンタルサーバー」と「WordPressテーマ」のASP案件が10個ぐらいあるかを確認します。

ちなみに、ASP案件を確認するためにはASPに登録(無料)が必須です。まだ登録していない方は、【2022年版】アフィリエイトASPおすすめ厳選9選【ブログの収益化に必須です】をご覧ください。

ステップ③:スタートとゴールを決める

ため

次は、スタートとゴールを決めましょう。

スタートとゴールを決める理由は、読者の物語を完結させるため。読者は、無意識で「できない ⇒ できるようになる」「悩んでいる ⇒ 悩みが解決する」というストーリを求めています。

そのため、スタートとゴールを設定することによって、読者の物語(ユーザーストーリー)を完成させる必要があるのです。

具体例

「ブログの始め方」におけるスタートとゴールは、こんな感じ。

スタートとゴール
  • スタート:「ブログってなに? どうやって始めるの?」
  • ゴール :「WordPressブログを開設する」

まず、スタートについて。

このテーマのブログを見る読者は「ブログってなに? どうやって始めるの?」と思っている人だと考えられます。なので、スタートは「ブログってなに? どうやって始めるの?」となります。

次は、ゴールについて。

このテーマのブログを見る読者の願望は「WordPressブログを開設したい」のはずです。そのため、ゴールは「WordPressを開設する」となります。

ため

スタートとゴールを決めるコツですが、

スタート:「読者が何に悩んでいるか」
ゴール :「読者が実現したい理想」

を考えることです。

ステップ④:キーワード選定をする

ため

次はキーワード選定をしましょう。

ここで言うキーワード選定とは市場調査のこと。検索VOLがどれぐらいあるのかを確認します。

参考例として、「ブログの始め方」の検索VOLを見ていきましょう。

検索VOLを確認する方法

STEP
Ubersuggestにログインします
STEP
右上の「×」を押します
STEP
検索窓に「ブログ 始め方」と入力し、「SUBMIT」をクリックします
STEP
検索VOLを確認します
ため

検索VOLが27,100もあるのでOKです。

ステップ⑤:スタートとゴールを埋めるキーワードのリストアップ

ため

次は、ステップ③で決めたスタートとゴールを埋めるキーワードをリストアップします。

スタートとゴールを埋めるキーワードをリストアップする目的は、読者が理想を実現するための道筋を整えること。ちゃんと整えることで、読者は迷うことなくゴールまで進めます。(ブログが地図になる)

それにより、読者は「このブログを見れば悩みが解決する」「このブログに訪れれば理想が実現する」と思うので、アクセス・ファンが増えますよ。

具体例

という訳で、「ブログの始め方」のスタートとゴールを埋めるキーワードをリストアップします。

キーワードのリストアップ手順

STEP
ラッコキーワードにアクセスします
STEP
検索窓に「ブログ」と入力し、虫眼鏡アイコンをクリックします

「ブログ 始め方(ニッチ)」だと範囲が狭いので、「ブログ(マス)」で調べます。

STEP
スタートとゴールを埋めるキーワードをリストアップします
ため

実際にリストアップするとこんな感じ。

ブログの始め方

スタート:ブログってなに?どうやって始めるの?

  • ブログとは
  • ブログ メリット デメリット
  • ブログ 無料(無料ブログについて解説)
  • ブログ WordPress(WordPressブログについて解説)
  • ブログ おすすめ(WordPressブログがおすすめを解説)
  • ブログ 収益化(ブログ 稼ぐ、ブログ アフィリエイト)
  • ブログ オワコン
  • ブログ 稼げる
  • ブログ 収益化 目安
  • ブログ ワードプレス 費用
  • ブログ レンタルサーバー おすすめ
  • ブログ ワードプレス テーマ
  • ブログ 開設

ゴール:WordPressを開設する

上記が「ブログの始め方」で必要なキーワードとなります。

ステップ⑥:リストアップしたキーワードをカテゴライズする

ため

次は、リストアップしたキーワードをカテゴライズしましょう。

具体的には、「収益記事」「教育記事」「共感記事」「集客記事」と分けます。

解説
  • 集客記事・・・物を売るための記事
    キーワード:評判、口コミ、感想、レビュー、おすすめ〇選、ランキングTOP〇
  • 教育記事・・・「欲しい」と思わせるための記事
    キーワード:メリット、デメリット、違い、比較、検証、使い方、機能
  • 共感記事・・・共感体験させるための記事
    キーワード:感想、本音、体験談、おすすめ理由
  • 集客記事・・・読者をブログに呼びこむための記事
    キーワード:〇〇とは、理由、原因、解決方法

※ノウハウは教育記事・集客記事の両方に該当

ブログ初心者の頃の自分

なんで分けた方が良いの?

ため

売れる仕組みが作れるからです。

記事を分けると「〇〇を読んだ後は××」と繋がりができるので、サイト内を回りやすくなります。そしてサイト内を回っていくうちに「欲しい」という気持ちが湧き上がり、購入されやすくなるのです。

「ブログの始め方」の場合

参考例として、「ブログの始め方」のキーワードをカテゴライズしてみました。

「ブログの始め方」においては、上記のようになります。

ため

分け方のコツは、

・アフィリエイト報酬が発生する
 ⇒収益記事
・その商品に興味を持つであろう
 ⇒教育記事
・体験談やロジックが書ける
 ⇒共感記事
・疑問を解決する
 ⇒集客記事


です。

ステップ⑦:収益記事から執筆していく

ため

次は、収益記事から執筆していきましょう。

理由は単純で、売る商品が無いため、稼げないからです。また、検索結果に表示されるまでに3ヵ月掛かるので、後で書けば書くほど収益化が遅くなるからですね。

しかし、先に収益記事を作ることで、売る商品が有る状態になります。さらに、検索結果に表示されるまでに3ヵ月掛かるので、先に書けば書くほど収益化が速まりますよ。

次は教育・共感記事、その次は集客記事を作成

ここから先は、有料教材には書いてないことです。

収益記事を作ったら、教育記事・共感記事を書き、その後は集客記事を執筆しましょう。

理由解説

よく「収益記事を書いたら集客記事を書いて、内部リンクで繋ぎましょう」と聞きますが、それだと「買う理由」が不明瞭なため、購入意欲が湧かず、成約まで至りません。

それに、ブログ読者は下記のような動きをするので、「集客記事⇔収益記事」だけだと収益が発生しづらいです。

しかし、収益記事 ⇒ 教育・共感記事 ⇒ 集客記事という順で作ると、上記の流れが作れます。それにより、収益が発生しやすくなるのです。

ため

そんな訳で、収益記事 ⇒ 教育・共感記事 ⇒ 集客記事という順で書きましょう。

収益記事を作る順番

収益記事には「評判・口コミ・感想・レビュー・おすすめ〇選・ランキングトップ〇」があり、「評判・口コミ・感想・レビュー」を個別レビュー、「おすすめ〇選・ランキングトップ〇」はキラーページと言います。

キラーページと個別レビューの役割
  • キラーページ:複数の商品を紹介する
  • 個別レビュー:その商品について詳しく解説した記事

この収益記事を作る順番として、最初に個別レビュー、次にキラーページを作るのがおすすめです。

理由は下記のとおり。

ため

なので、「個別レビュー」⇒「キラーページ」の順で収益記事を作っていきましょう。

最速で稼ぎたいなら

上記の方法なら、毎月安定した収入が入ってきます。が、記事が完成するのに数ヵ月要するので、収益化ができるまでに時間が掛かります。

それに、個別レビュー・キラーページはライバルも書いているため、競争が激しく、中々上位表示されません。

ため

そこでおすすめなのが、紹介する商品の関連記事を作ること。

なぜなら、商品に興味のある人が検索するので収益化がしやすく、ライバルが弱いため上位表示されやすいからです。

上記のように紹介する商品の関連記事を書いて、個別レビューと内部リンクで繋げばOK。ある程度のアクセスを担保できます。

ちなみに、内部リンクの貼り方にはちょっとしたコツが必要です。詳しく知りたい方は、【SEO対策】ブログ内部リンクの貼り方&コツ【実例あり】をご覧ください。

ステップ⑧:定期的に検索順位をチェックする

ため

最後は、定期的に検索順位をチェックしましょう。

ブログ記事へのアクセスは、検索順位によって異なります。なぜなら、検索順位によってクリック率(どのぐらい押されるのか)が変わるからです。

順位クリック率
1位13.94%
2位7.52%
3位4.68%
4位3.91%
5位2.98%
6位2.42%
7位2.06%
8位1.78%
9位1.36%
10位1.46%
出典:seoClarity

上記のとおり、検索1位と10位では、クリック率が10倍以上も違います。

つまり、アクセス数が10倍も変わるということ。

ため

なので、検索順位をしっかりチェックした方が良いです。しかも、検索順位は毎日変動しているので、尚更ですね。

検索順位チェックの方法

検索順位をチェックする方法は、サーチコンソールを使用する、chromeのシークレットモードを使用するなど色々あります。が、どれも労力と手間が掛かるのが現実(普通に1時間・2時間掛かる)

そこでおすすめなのが、検索順位チェックツールGRC。「Ctrl+A⇒F5」を押せば、ツールが自動で検索順位をチェックしてくれます。

しかも、利用料は月額990円(1日33円)。

1日33円で、検索順位をチェックする手間とストレスが無くなります。

ため

執筆の時間が増えて記事を量産できるようになるので、収益を増やすことが可能ですよ。

詳しくは、GRCの機能・料金・使い方を徹底解説|初心者におすすめの検索順位チェックツールをご覧ください。

ブログテーマ(アフィリエイトジャンル)を決める際の注意点

ここでは、ブログテーマ(アフィリエイトジャンル)を決める際の注意点をお伝えします。

ブログテーマ(アフィリエイトジャンル)を決める際の注意点
  1. YMYLを避ける
  2. 報酬単価で選ばない
  3. テーマは最大3つまで
  4. アクセスが集まるテーマを軸にする

その①:YMYLを避ける

ため

まずは、YMYLを避けることです。

ざっくり言うと、YMYLとはYour Money or Your Lifeの略で、「個人の将来の幸福、健康、経済、または安全性に影響を及ぼす可能性があるページ」のことを指します。

出典:Web幹事長

このようなジャンルは、政府や地方自治体のサイト・専門家のサイト・大手企業のサイトしか表示されません。

ため

なので、YMYLを避けましょう。

その②:報酬単価で選ばない

ため

次は、報酬単価で選ばないことです。

前述でもお伝えしたとおり、ブログの収益化には1年ぐらい掛かります。

そのため、報酬単価で選ぶと「理想と稼げない現実」で苦しむことになって、ブログを挫折する羽目に。

ため

なので、報酬単価で選ぶのを辞めましょう。

「1年以上書き続けられるテーマ」を選んでくださいね。

その③:テーマは最大3つまで

ため

次は、テーマは最大3つまでにすることです。

というのも

  • テーマが1つだけ
    ⇒ネタ切れを起こして記事が書けなくなる
  • テーマが4つ以上
    ⇒専門性がなくなる、めちゃくちゃ労力が掛かる

からですね。

しかし、テーマを最大3つまでにすると、ネタ切れを起こしません。また、労力を集中させることができるので、そのテーマのことを詳しく書けます。(結果としてSEOの評価が上がる)

ため

なので、テーマは最大3つまでにしましょう。

その④:アクセスが集まるテーマを軸にする

ため

次は、アクセスが集まるテーマを軸にすることです。

ブログを運営していくと、必ず伸びるテーマが出てきます。

その際は、伸びているテーマの記事数を増やしてみてください。アクセスが増えて収益がアップするからです。

【まとめ】ブログを書いて伸びたテーマを軸にしていきましょう!

今回は、ブログテーマ(アフィリエイトジャンル)の決め方についてお伝えしました。

まとめるとこんな感じ。

ポイント
  • 誰でも稼げるブログテーマ(アフィリエイトジャンル)は存在しない
    ※ただ、どのジャンルにも穴があって、そこを狙えば収益化が可能
  • ブログテーマ(アフィリエイトジャンル)の決め方7つのポイント
    ①:ASP案件は充実しているか?
    ②:その分野に詳しいか?
    ③:調べることが苦痛じゃないか?
    ④:記事を1年以上書き続けられるか?
    ⑤:売れる商品があるか?
    ⑥:需要(検索VOL)はあるか?
    ⑦:検索1ページめに個人ブログはあるか?
  • ブログテーマ(アフィリエイトジャンル)の選び方&コツ
    ①:過去に経験したことをテーマにする
    ②:今の仕事・生活をテーマにする
    ③:これから学びたいことをテーマにする
  • ブログテーマ(アフィリエイトジャンル)決定8ステップ
    ①:書きたいテーマをざっくり決める
    ②:ASP案件が10個ぐらいあるかチェックする
    ③:スタートとゴールを決める
    ④:キーワード選定をする
    ⑤:スタートとゴールを埋めるキーワードをリストアップする
    ⑥:リストアップしたキーワードをカテゴライズする
    ⑦:収益記事から執筆していく
    ⑧:定期的に検索順位をチェックする
  • ブログテーマ(アフィリエイトジャンル)を決める際の注意点
    ①:YMYLを避ける
    ②:報酬単価で選ばない
    ③:テーマは最大3つまで
    ④:アクセスが集まるテーマを軸にする

稼げるか稼げないかは、ブログテーマ(アフィリエイトジャンル)で決まります。

本記事の内容を実践して、GRCで検索順位をチェックした際に順位が良いテーマ、あるいはアクセスが集まっているテーマを軸にしていきましょう!

ため

そうすれば、毎月3万円~5万円ぐらいは稼げるようになりますよ。また、ブログの資産化も可能です。

>>関連記事:GRCの機能・料金・使い方を徹底解説|初心者におすすめの検索順位チェックツール

下記の記事で、売れる(稼げる)アフィリエイト商品の選び方を解説しています。本文を参考にして、実際にアフィリエイト商品を選んでみましょう。

>>関連記事:売れる!稼げる!アフィリエイト商品(商材)の選び方&コツ

ブログアフィリエイトツールを使いこなそう

当ブログは60記事ほどしかありませんが、それでもブログの資産化に成功し、毎月安定的に5桁(多い時では6桁)稼ぐことができています。

それを実現してくれたのが、ブログアフィリエイトツール。

なぜなら、ブログアフィリエイトツールを使ったことによって、無駄な時間と労力をカット。それによって、ブログ運営・記事作成・稼ぐことに時間と労力を費やせるようになったからです。

ため

そんな風にしてくれたブログツールを下記の記事で紹介しています。

>>関連記事:【初心者向け】ブログアフィリエイトに必須!おすすめツール14選

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事が少しでも役に立ったらシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
トップへ
目次
閉じる