MENU
カテゴリー
アーカイブ
「記事を見て欲しい時」のための"ブログ添削記事添削サービス"!超具体的フィードバックで記事が生まれ変わる

ブログのタグとは?SEO効果・付け方・タグ数などを解説|設置場所も

URLをコピーする
URLをコピーしました!
悩む人

タグって、どう付ければ良いんですか?付け方を教えてください。

そもそも、タグって使った方が良いんでしょうか?

そんな疑問を解決します。

この記事で分かること
  • ブログのタグとは?【SEO効果も解説】
  • ブログのタグの付け方
  • タグを付ける際の注意点
  • ブログのタグを設定する方法
  • ブログのタグを設置するべき場所

この記事を書いている人

ため(@tame3_tame3

今回は、ブログのタグの付け方についてお伝えします。

SEOで上位表示を狙うだけなら、タグは必要ありません。が、少ないアクセスでPV・収益を増やしたいなら、タグを使うべきです。

ため

なぜなら、ページセッション(1人あたりの読者が読む記事数)を増やせるから。

2020年6月のアナリティクスデータです。
ページセッションが3.47のことにより、アクセスの3倍のPVがありました。

ただ、下手にタグを付けると逆効果です。ページセッションが減ってPVが増えなくなることも...

そこで本記事では、タグ付けについて解説します。

ため

本文を読めば、タグ付けについて理解でき、ページセッションを増やせますよ。

それによって

  • 月間アクセスが1000なのに、PVが4,000もあった
  • 35記事しかないのに、5,000PV達成した

も夢ではありません。

ため

それでは、本文を見ていきましょう。

目次

\ みんな使い始めてる /

WordPressテーマSWELL【あなたのブログ生活を180度変える魔法のテーマ】

HTML/CSSを操作する必要が一切ない

・機能が豊富!カスタマイズサイトを見て自作する必要が無い!
・上位表示されやすい「JSON-LD」に対応!検索TOP10連発も夢じゃない

・だから、1/2の労力でライバルに圧倒的な差を付けられる!(非常に有利になる)

結論:(短期間で)ブログを資産化したり、人気ブロガーになるのも夢ではありません!

参考【SWELLレビュー】ブログが楽しくなって継続がラクになるWordPressテーマ

ブログのタグとは?【SEO効果も解説】

まずは、前提知識として、タグについてお伝えします。

タグとは、違うカテゴリー記事を共通のキーワードを使ってグループ化するものです。

ため

イメージ的にはこんな感じ。

ざっくり解説
  • ブログの書き方カテゴリーの「キーワード選定記事」
  • アフィリエイトカテゴリーの「アフィリエイトキーワード選定」

に共通している「SEO」でまとめています。

タグを付けた方が良い理由

なぜタグを付けた方が良いのかというと、探しやすくなるからです。

ため

「百聞は一見に如かず」というので、実際に見ていきましょう。

具体例

SEOタグをクリック
「SEOタグを付けた記事 = SEO記事」のみが表示される

上記のとおりです。

  • SEO(タグ)をクリックすれば
  • SEO記事(タグ付けされている記事)のみ

が表示されます。

ため

これだと、探しやすいですよね。

タグとカテゴリーの違い

続いて、タグとカテゴリーの違いをざっくり説明します。

カテゴリータグ
用途記事をざっくり分類する記事を細かく分類する
1記事1つ1記事3つ
メリット検索エンジンの評価が上がるピンポイントで探せる
デメリット直接的なSEO効果がある直接的なSEO効果が無い

一言で言うと

  • カテゴリー・・・ピンポイントで探しにくいが、直接的なSEO効果がある
  • タグ・・・ピンポイントで探せるが、直接的なSEO効果が無い

ですね。

タグを付けるメリット

タグを付けるメリットは、3つあります。

タグ付けのメリット
  1. ページセッションが増える
  2. それにより、PVや滞在時間が増える
  3. その結果、Googleが評価して検索順位が上がる

一つずつ見ていきましょう。

①:ページセッションが増える

前述でもお伝えしたとおり、タグを使うと探しやすくなります。

探しやすくなると、

「ついでにこの記事を読んでみよう」

となるので、1人あたりの読者が読む記事数が増加。ページセッションが増えるのです。

ため

アフィリエイト記事が読まれやすくなるので、収益が発生しやすくなりますよ。

②:それにより、PVや滞在時間が増える

ページセッションが増えると、PV・サイト滞在時間が増えます。

なぜなら

  • 1人あたりの読むページ数が増える
  • それにより、ページを読む所要時間が増える

からです。

※イメージ図

③:その結果、Googleが評価して検索順位が上がる

その結果、Googleが評価して検索順位が上がります。

というのも、PV・滞在時間が増えると

検索エンジン

このサイト、役に立ってるじゃん!

と検索エンジンが認識。SEOの評価が向上するからですね。

ため

①~③の内容をまとめると、


「間接的なSEO効果が期待できる」


ということです。

ブログのタグの付け方

では、タグの付け方をお伝えします。

ブログのタグの付け方
  • 用途・目的別に付ける
  • 段階別に付ける

一つずつ見ていきましょう。

用途・目的別に付ける

まずは、用途・目的別に付ける。

こうすることで、欲しい情報にすぐアクセスできます。

具体例

当ブログの「ブログの書き方カテゴリー」を例に上げて、説明しますね。

「ブログの書き方カテゴリー」には、下記の記事があります。

用途・目的別にすると

用途・目的別にしたものがこちら。

こうすることで

  • SEO情報を知りたい人は「SEO」から探せる
  • 記事作成情報を知りたい人は「記事作成」から探せる

ようになります。

段階別に付ける

次は、段階別に付ける。

  • 〇〇をする前
    ⇒ 試験前、面接前、転職前...
  • 〇〇をした後
    ⇒ 試験後、面接後、転職後...

と設置することで、見つけやすくなります。

「ブログの書き方カテゴリー」を段階別に分けている

まずは段階別に付けると良い

前述のとおり、タグの目的は、探しやすくすること。

なので、最初は段階別に付けるのが良いかなぁと思います。

ため

なぜなら、「タグが多すぎて探しづらい!」が防げるからです。

ブログのタグを付ける際の注意点

ブログのタグを付ける際の注意点は、2つあります。

ブログのタグを付ける際の注意点
  • タグの数は1記事につき3個まで
  • カテゴリー名と同じにしない
  • 名前にキーワードを使う

一つずつ見ていきましょう。

タグの数は1記事につき3個まで

まずは、タグの数は1記事につき3個まで。

タグを使いすぎると、検索エンジンがSEOスパムと認識し、評価を下げます。なので、検索順位が大幅に下がったり、検索結果から消えることも...

ため

そうならないためにも、タグの使いすぎには注意しましょう。多くても3個までが良いですね。

カテゴリー名と同じにしない

次に、カテゴリー名と同じにしない。

カテゴリー名とタグ名が同一だと、検索エンジンが重複コンテンツと判断。SEO評価を大幅に下げます。

ため

なので、カテゴリー名とタグ名はダブらせないようにしましょう。

名前にキーワードを使う

最後は、名前にキーワードを使う。

理由は単純で、SEO対策になるからです。

ため

タグを使うと、タグ一覧ページが生成されます。そのページの名前にキーワードを含むことで、SEO対策ができるのです。

タグはカテゴリーと違って「1記事1キーワード」ではありません。複数のキーワードが使えます。

そのため、カテゴリー分けで拾えなかったキーワードを拾うことができますよ。

ブログのタグを設定する方法

ここでは、ブログのタグを設定する方法についてお伝えします。

ブログのタグを設定する方法
  1. 新規タグを追加する
  2. タグを選択する

一つずつ見ていきましょう。

ステップ①:新規タグを追加する

まず、新規タグを追加します。

「ダッシュボード」→「投稿」→「タグ」
「①:タグ名を入力」→「②:スラッグに半角英文字を入力」→「③:新規タグ追加をクリック」

ステップ②:タグを選択する

次は、タグを選択する。

投稿画面右下にある「タグ」に、ステップ①で作ったタグ名を入力します。

ため

これで完了です!

ブログのタグを設置するべき場所3つ

ブログのタグを設置する場所は、下記の3ヵ所。

ブログのタグを設置する場所
  • フッター
  • サイドバー
  • トップページ

一つずつ見ていきましょう。

フッター

フッターとは、トップページ最下部に表示されるエリアのこと。

ここにタグがあることで、

  • トップページに欲しい情報が無かった時、タグで探せる・・・離脱率・直帰率が減る
  • 魅力的なフッターにすることができる・・・読者満足度が上がって滞在時間が伸びる

が期待できます。

設置例

ため

タグの他に

・検索
・カテゴリー

を設置すると尚効果的です。

設置方法

「ダッシュボード」→「外観」→「ウィジェット」と進んでください。

「タグクラウド」をドラッグ&ドロップします。

「タグクラウド」をドラッグ&ドロップします。
ため

これで完了です!

サイドバー

サイドバーは必ず見る部分。目に入るところなので、タグを設置しましょう。

設置例

ため

記事を探す手間が省けるので、読者満足度が上がります。

なので、直帰率・離脱率が下がって、滞在時間が伸びますよ。

設置方法

「ダッシュボード」→「外観」→「ウィジェット」と進んでください。

「タグクラウド」をドラッグ&ドロップします。

「タグクラウド」をドラッグ&ドロップします。
ため

これでOKです!

トップページ

トップページにタグを設置すると探しやすくなるので、

アクセスの数倍のPV

を稼ぐことができます。

2021年6月のアナリティクスデータ。
ページセッションが3.52なことにより、アクセスの3倍のPVがある。

設置例

  1. タグクラウド
  2. 用途・目的別で表示

と良いですよ。

ため

利便性が高くなるので、何度も訪れる人が続出しますよ。

https://twitter.com/kazae_san/status/1403184386174898180?s=20

設置方法

CSSをいじらないと不可能です。それこそ、専門家に依頼する必要があります。(約10万円~)

相場より安くても10万円~
ため

でも、ページセッションが増えてPVが増加するので、やる価値はありますね。

悩む人

そうなんですね...

自分で設定するとしたら、どうすれば良いんでしょうか?

ため

手っ取り早い方法としては、SWELLを使うことですね。

自分で設定するならSWELLがおすすめ

SWELLとは2019年にリリースしたテーマ。

  • HTML/CSSの操作が不要
    ⇒執筆の時間が速くなる・執筆の負担が減る
  • 痒い所に手が届く機能が満載
    ⇒これ一つあれば十分!何でもできる
  • マウス操作だけでカスタマイズできる
    ⇒専門知識が必要ない
  • 購入後のサポートがしっかりしている
    ⇒安心して使える
  • 頻繁なアップデート!機能が追加される
    ⇒追加費用が掛からず、常に最新のものが使える
  • 乗り換え用サポートプラグインがあって乗り換えがラク
    ⇒プラグインを入れるだけで、移行が完了する

上記のメリットがあります。

SWELLなら好きなところにタグを表示できる

このSWELLを使えば、好きなところにタグを表示できます。

なので

  1. カテゴリー記事をタグに分割して出力
  2. タグは用途・目的別、記事の出力は段階別

も可能です。

このカスタマイズについては、SWELLカスタマイズ!回遊率がUPするサイト型トップページの作り方で解説しています。

ため

SWELLの詳細は下記で解説してるので、ぜひご覧ください。

関連記事

ブログのタグとは?SEO効果・付け方・タグ数などを解説|設置場所も:まとめ

今回は、ブログのタグの付け方についてお伝えしました。

  • タグとは、違うカテゴリー記事を共通のキーワードを使ってグループ化するもの
  • タグを付けた方が良い理由は、読者が探しやすくなるから
  • タグを付けるメリットは3つある
    • ページセッションが増える
    • それにより、PVや滞在時間が増える
    • その結果、Googleが評価して検索順位が上がる

タグは探しやすくするためのもの。

なので、タグを設置してユーザビリティを高めていきましょう。

ため

ユーザビリティーが高まれば、「1人あたりの読者が読む記事数」が増えます。

それによって

  • 月間アクセスが1000なのに、PVが4,000もあった
  • 35記事しかないのに、5,000PV達成した

も夢ではありません。

ため

今回は以上です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事が少しでも役に立ったらシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる