書けば書くほどストレスがなくなるSWELLの評判・口コミはこちらclick

ブログのライバルチェックのやり方&コツ【アフィリエイト初心者必見】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

「ライバルチェックってなに?」

「ライバルチェックのやり方を教えて」

「競合に勝つ方法を知りたい」

競合を出し抜いて上位表示させるために必須なのが、「ライバルチェック」。

僕はライバルチェックをしていることで、検索1位を連発しています。

この記事を書いている人
  • ためブロ 管理人
    (ASP収益5桁・ブログ収益6桁・上位表示多数)
  • 2020年2月にブログを開設
    (ジャンル:ブログ関連)
  • フリーランス
    (Web×マーケティング:最高月収68万円)
  • 専門書を年間200冊読破
    (ジャンル:Web×マーケティング)

ライバルチェックについて伝えたいことは、下記のとおり。

ポイント

  • ライバルチェックとは競合の隙を見つけること
    ※ライバルチェックをすることによって、勝てないキーワードで記事を量産して、消耗しなくて済む
  • ライバルチェックのやり方&コツは3つある
    ①:キーワードの調査
    ②:上位記事の調査
    ③:競合サイト分析
  • ライバルチェックが終わったらデータをまとめる
  • 記事を差別化してライバルを出し抜く方法は4つある
    ①:上位記事が書いていないことを書く
    ②:ライバルの記事と違う見せ方をする
    ③:文章を削ってコンパクトにする
    ④:ずらしキーワードを使う
  • ライバルチェックで役立つツールは全部で3つ
    ①:Ubersuggest
    ②:見出し(hタグ)抽出
    ③:MozBar
  • ライバルチェックは2回やると効果的

ただ、やり方&コツをしっかり押さえないと、間違ったライバルチェックをすることに。それにより、いつまで経っても上位表示されず、「時間と労力を無駄にして、ただ消耗するだけ」なんてことも。

そうならないためにも、ライバルチェックのやり方&コツを徹底解説しますね。

目次

ブログのライバルチェックとは?

まずは、ライバルチェックの基礎知識についてお伝えします。

ブログのライバルチェックとは?
  • 隙間を見つけること
  • ライバルチェックのメリット

隙を見つけること

ざっくり言うと、ライバルチェックとは競合の隙を見つけることです。

例えば

  • 見出しにキーワードが入っていない
  • 将来像を語っていない
  • 実績や信頼性があいまい

など。

ため

このような弱点を見つけて、対策することにより、ライバルに勝つことができます。

ライバル不在は100%あり得ない

一般的にライバルチェックは「ライバル不在のキーワードを探すこと」と言われていますが、競合がいないキーワードは100%ありません。

なぜなら、競争相手がそのようなキーワードを探して記事を書いているからです。

例えば、ライバル不在と言われているキーワードに「〇〇 感想」「〇〇 体験談」があります。

しかし、「〇〇 感想」「〇〇 体験談」は既に競合が目を付けて記事を書いているので、結果としてライバルだらけになっているのです。

ため

とはいえ、ドメインパワーが5ぐらいなので、そこまで強くはありません。

なので、ライバルの隙を突く必要があるんですよね。(それによって攻略できる)

ライバルチェックのメリット

ライバルチェックは競合に勝つだけではなく、下記のメリットがあります。

ライバルチェックのメリット
  1. SEOで評価される記事を作れるようになる
  2. 勝てないキーワードで記事を量産して、消耗しなくて済む
  3. ①・②の結果として、ブログを伸ばすことができる

特に②の「勝てないキーワードで記事を量産して、消耗しなくて済む」。

これは、ブログ・アフィリエイトで稼ぐにあたり、大きなメリットとなります。

例えば、「転職エージェント おすすめ」。このキーワードは大手企業のサイトだらけなので、個人ブログでは100%検索結果に表示されません。

ライバルチェックをしないと、上記のようなキーワードを選んでしまうので、記事を書いても圏外に表示されることに。「アクセスが集まらない」「稼げない」となります。

しかし、ライバルチェックをすると「転職エージェント おすすめ 事務」などの競合が弱いキーワードを選ぶことが可能に。

競合が弱いキーワードで記事を書くと上位表示されるため、「アクセスが集まった」「今月〇万円稼げた」となるのです。

ため

なので、ライバルチェックをしっかりやりましょう。

ブログのライバルチェックのやり方&コツ【アフィリエイト初心者必見】

それでは、ライバルチェックのやり方&コツをお伝えします。

ライバルチェックのやり方&コツ
  1. キーワードを調査する
  2. 上位記事を調査する
  3. 競合サイトを分析する

一つずつ説明しますね。

①:キーワードを調査する

まずは、キーワードを調査する。

具体的には、下記の4つを確認します。

その①:Q&Aサイトが上位表示されているかを確認する

1つめは、「Q&Aサイトが上位表示されているかを確認する」。

「Yahoo!知恵袋」や「教えて!goo」が検索1位~検索5位に表示されているのは、読者ニーズを満たす記事がないから。悩みを解決できる記事がないため、GoogleがQ&Aサイトを上げているのです。

ため

なので、検索意図をしっかりリサーチしてニーズを満たす記事を作るだけで、上位表示されますよ。

その②:無料ブログが上位表示されているかを確認する

2つめは、「無料ブログが上位表示されているかを確認する」。

無料ブログは

  • メタディスクリプションの設定ができない
  • 検索エンジンが認識しづらいソースコードで構築されている

ので、WordPressブログよりもSEOが弱いです。

ため

そのため、メタディスクリプションを書く・内部リンクを貼るなどのSEO対策をすることにより、検索1位が取れます。

その③:記事タイトルにキーワードが入っているかを確認する

3つめは、「記事タイトルにキーワードが入っているかを確認する」。

記事タイトルにキーワードが入っていないのは、ライバルがそのキーワードでSEO対策をしていない証拠です。

ため

このような場合は、記事タイトルと見出しにキーワードを入れると勝てますよ。

その④:検索1ページ目のドメインパワーを確認する

4つめは、「検索1ページ目のドメインパワーを確認する」。

ざっくり言うと、ドメインパワーとはGoogleの信頼度を数値にしたもの。数値が高ければ高いほどGoogleから信頼されていることになります。

ため

検索1ページ目に表示されているサイトのドメインパワーが20以上の場合、ライバルが強いので上位表示を狙うことが難しいです。

が、検索1ページ目に表示されているサイトのドメインパワーが20以下の場合、ライバルが弱いので上位表示を狙うことができます。

②:上位記事を調査する

キーワードの調査が終わったら、下記をします。

その①:導入文を確認する

1つめは、「導入文を確認する」。

導入文には、決まって「誰のどんな悩みを解決しているのか」を書いています。

当ブログにある「ずらしキーワード」の記事の導入文

実はこの「誰のどんな悩みを解決しているのか」は、SEOでめちゃくちゃ重要。記事を最後まで読むか読まないかを決めるからです。

  • 導入文が刺さって記事を最後まで読む・・・サイト滞在時間が長くなってSEOの評価が上がる
  • 導入文が刺さらなくて記事を最後まで読まない・・・サイト滞在時間が短くなってSEOの評価が下がる
ため

上記のとおりなので、導入文をチェックして、「誰のどんな悩みを解決しているのか」を確認しましょう。

そうすれば、検索意図を正確に理解して的確に読者ニーズを満たせる記事が作れるので、上位表示されやすくなりますよ。

その②:目次を確認する

2つめは、「目次を確認する」。

目次をチェックすることで、「どういう情報が評価されているのか」「どのような順番だとポイントが高いのか」が分かりますよ。

例えば、当ブログにある「障害者 ブログ 始め方(2022年5月現在 検索1位)」で書いた記事の場合。

上記の情報・順番が評価されています。

ため

そのため、これらを基にして記事を作り、僕が書いていない情報などを追記すれば検索1位を取れる可能性が高いです。

また、話の流れを変えて、メリット・デメリット一覧⇒デメリット⇒メリットとし、オリジナル情報を加えるのも効果的ですよ。

その③:引用元を確認する

3つめは、「引用元を確認する」。

上位記事が使っている引用(参考)をチェックします。

解説

例えば、上位記事が地方自治体のサイトから引用していた場合。Googleは「この記事の信頼性が高い」と認識するため、SEOの評価が上がります。

このとおりなので、上位記事の引用元を確認しましょう。

ため

上位記事と同じ引用元を使うとGoogleが評価するので、ライバルに勝ちやすくなりますよ。

その④:工夫点を確認する

4つめは、「工夫点を確認する」。

例えば、

  • 「独自アンケートを取っているか?」をチェックする
  • 「表やグラフを使っているか?」をチェックする
  • 「個人の体験談を書いているか?」をチェックする

など。

それによって、「上位記事はどこで評価されているのか」が分かりますよ。

具体例

例えば、当ブログにある「SWELL 専用ブロック まとめ」の記事の場合。

2021年9月時点で検索2位です。

記事を分析すると、「動画」で評価されていることが分かります。

この場合は、「機能と機能を組み合わせた”おすすめの使い方”の動画」を載せると良いですよ。言い換えると、「上位記事よりも工夫してオリジナリティを出す」ですね。

ため

そうすれば、SEOで評価されるため、ライバルを出し抜くことができますよ。

その⑤:語っている将来像を確認する

5つめは、「語っている将来像を確認する」。

例えば、

  • この記事を読めば転職で失敗するリスクを減らせます
  • この記事の方法を実践すれば、面接での失敗を防げるので、理想の職場に転職できます

など。

上記をチェックすると、「読者がどのような将来を求めているのか(=実現したい未来)」が分かりますよ。

解説

読者は文章を読みたいのではなく、「どういう未来が実現できるのか?」を知りたくて記事を読みます。

なので、上位記事が語っている将来像をチェックしましょう。

ため

その際

・上位記事が語っている将来像をアレンジして使う
・語っている将来像をストックする

とライバルに勝てる可能性が高まりますよ。

その⑥:実績や信頼性を確認する

6つめは、「実績や信頼性を確認する」。

例えば、

  • ブログ開設7ヵ月で収益10万円達成
  • 10個以上のキーワードで検索1位を獲得
  • ライティング歴3年!My docomoで記事が配信

など。

上記の実績や信頼性を見ることによって、「ライバルと戦えるか戦えないか」が分かります。

具体例

例えば、あなたがオンラインヨガを3年経験しているとしましょう。

そして「オンラインヨガ おすすめ」で記事を書こうと思い、ライバルチェックをしたところ、上位記事が下記の信頼性・実績をアピールしていたとします。

  • ヨガインストラクター歴20年!世界13ヵ国で発刊されているヨガジャーナルに掲載
  • 〇〇店人気No.1インストラクター!行列のできる相談所や他多数のTV番組に出演
  • 日本人初の国際ライセンスを取得!全世界10ヵ国以上で指導

この場合、信頼性・実績で負けているので、100%戦えません。

ため

しかし、下記の実績をアピールしていたらどうでしょう?

  • オンラインヨガ歴1年
  • 10社以上のオンラインヨガを体験
  • オンラインヨガ関係の書籍を月間10冊以上読破

上記の場合、少なくとも「オンラインヨガ歴1年」には勝っているので、戦うことができます。

解説

人は、その道の権威者(専門家)の話を聞きたいと思うもの。実績・信頼性があれば記事が読まれますが、実績・信頼性がないと記事が読まれません。

ため

このとおりなので、実績・信頼性で勝てそうなら攻め、実績・信頼性で負けそうなら避けましょう。

③:競合サイトを分析する

上位記事の調査が終わったら、競合サイトを分析します。

というのも、ライバルを出し抜き、大きな差を付けることができるからです。

競合サイト分析のやり方【チェックすべき6つの指標】
  1. 誰をターゲットにしているのか?
  2. カテゴリー記事はどれぐらいあるのか?
  3. PVはどのぐらいあるのか?
  4. ページ滞在時間はどれぐらいか?
  5. どこから流入しているのか?
  6. ドメインパワー(被リンク)はどれぐらいか?

具体的なやり方については、【ブログ初心者向け】競合サイト分析のやり方|調査すべき6つの指標を紹介をご覧ください。

ブログのライバルチェックが終わったらデータをまとめる

ライバルチェックが終わったら、データをまとめ、対策を考えます。

例えば、こんな感じ。

例(ブログ ライバルチェック コツ)

チェック項目チェック内容対策
キーワードコツが入っていないコツを入れる
Q&Aサイト×
無料ブログ×
ドメインパワー10以下が2つある対策なし
競合の導入文上位表示できない悩みを解決・ライバルチェックってなに?
・ライバルチェックのやり方を教えて
・競合に勝つ方法が知りたい
競合の目次①:ライバルチェックの目的
②:ライバルチェックのやり方&コツ
①:ライバルチェックとは?
②:ライバルチェックのやり方&コツ
③:ライバルチェックが終わった後にすること
④:競合を出し抜く方法
⑤:効果的なライバルチェック法
競合の引用
競合の工夫点画像を使う
競合が語っている将来像意図的に上位表示を狙える検索1位を連発して、アクセス・アフィリエイト収益を増やせる
競合はどんな立場から語っているかブログ歴3年、検索1位14個以上、ブログ収益6桁、アフィリエイト収益5桁

そして、上記の対策を基に執筆し、記事を差別化します。

記事を差別化してライバルを出し抜く方法

記事を差別化して、ライバルを出し抜く方法です。

記事を差別化してライバルを出し抜く方法
  1. 上位記事が書いていないことを書く
  2. ライバルの記事と違う見せ方をする
  3. 文章を削ってコンパクトにする
  4. ずらしキーワードを使う

その①:上位記事が書いていないことを書く

1つめは、「上位記事が書いていないことを書く」。

上位記事が書いていないことを書くことにより、新しい情報が加わるので「オリジナリティ」が高まります。それによってSEOの評価が向上し、検索順位が上がったり上位表示されるようになるのです。

  • 体験談
  • 自分のロジック
  • 本や雑誌に書いてある情報
  • 自分が見聞きしたオリジナル情報
  • 独自に調査したアンケートの結果
  • 誰かにインタビューをして得た情報
ため

それだけではなく、読者の満足度が上がるので商品が買われやすくなって、アフィリエイト収益を増やすことができますよ。

その②:ライバルの記事と違う見せ方をする

2つめは、「ライバルの記事と違う見せ方」をする。

同じ情報でも上位記事と異なる出し方をすると

  • オリジナリティがアップしてGoogleが評価する
  • 新鮮さが出るので、読者が熟読しやすくなる

ので、競合に勝てるようになります。

違う見せ方一覧
  • 動画を使う
  • 図解を使う
  • 表・グラフを使う
  • 自分で撮った写真を使う
  • 見出しでアイキャッチ画像を使う
ため

また、違う見せ方をすることで読みやすくなるため、記事の質が向上。読者が「分かりやすい!読んで良かった!」と感じます。

そうすると、読者はブログのファンになってくれるうえ、「あなたのブログが紹介しているなら買おう」と思うので、アクセス・PV・収益が増えますよ。

その③:文章を削ってコンパクトにする

3つめは、「文章を削ってコンパクトにする」。

文章を削ってコンパクトにすると、分かりやすさが向上します。

ため

それによって読者は、「分かりやすいからこの記事を読もう」と思うので、あなたのブログを最後まで読むようになります。

その結果、サイト滞在時間が伸びてSEOの評価が向上。検索順位が上がったり、上位表示されるようになるのです。

ちなみに、文章を削ってコンパクトにする際の手っ取り早い方法が「推敲」すること。具体的なやり方については、文章推敲とは?やり方&コツを解説【結論、PV・収益UPに直結します】をご覧ください。

その④:ずらしキーワードを使う

4つめは、「ずらしキーワードを使う」。

ざっくり言うと、ずらしキーワードとは確実に見込み客を集客できるキーワードのことです。

顕在ニーズを語句化した一般のキーワードとは異なり、潜在ニーズを語句化しているため、その商品・そのサービスを必要としているユーザーを集めることができます。

具体例

ため

例えば、「オンラインヨガを利用したい」と考えている人がいるとしましょう。

顕在ニーズはオンラインヨガを利用したいなので、「オンラインヨガ おすすめ」「オンラインヨガ ランキング」と検索します。

しかし潜在ニーズは

  • 「家に居ながら運動不足を解消したい」
  • 「隙間時間でリラックスしたい」

など。(一例なので、全てに該当するとは限りません)

そこに注目して、「家に居ながら運動不足を解消する方法」「隙間時間でリラックスする方法」というキーワードに置き換えます。

こうすることで、「なぜオンラインヨガを利用したいのか?」「オンラインヨガを利用してどうなりたいのか?」にアプローチできるため、「オンラインヨガを利用したい」と考えている人を集客できるのです。

ため

ちなみに、このようなキーワードで記事を書いているライバルは少ないので、高確率で上位表示されますよ。

ずらしキーワードの選び方

そんなずらしキーワードの選び方は、下記のとおり。

ずらしキーワードの選び方
  1. 狙うべきキーワードを決める
  2. ペルソナを設定する
  3. 検索意図をリサーチする
  4. 潜在ニーズを深掘りする
  5. 深掘りで判明した欲求を言語化する

詳しくは、ずらしキーワードの基礎知識と選定方法(考え方)5ステップ【アフィリエイト初心者必見】で解説しているので、ぜひご覧ください。

ブログのライバルチェックで役立つツール

ここでは、ライバルチェックをする際に役立つ無料ツールをご紹介します。

ブログのライバルチェックで役立つツール
  1. Ubersuggest
  2. 見出し(hタグ)抽出
  3. MozBar

その①:Ubersuggest

Ubersuggestとはキーワード選定ツールですが、検索1ページ目のドメインパワーをチェックすることができます。

ため

このとおりなので、戦えるか戦えないかが一発で分かりますよ。

ちなみに、上記画像はUbersuggestのchrome拡張機能版です。

なので、「chrome拡張機能版Ubersuggest」をインストールすると良いですよ。

>>chrome拡張版Ubersuggestを使ってみる

その②:見出し(hタグ)抽出

見出し(hタグ)抽出とは、上位記事の見出しをチェックできるツールです。

検索1位~検索10位のh2・h3・h4見出しを見れるので、「どのような情報をGoogleが評価しているのか」が分かります。

ため

上記の感じなので、「何を書けば良いのか」が一目瞭然です。そのため、使いこなせばライバルを出し抜けるようになるので、ぜひ使用してみてください。

>>見出し(hタグ)抽出を使ってみる

その③:MozBar

MozBar

MozBarとはSEO分析ツールで

  • ライバルサイトのドメインパワー
  • ライバルサイトのページパワー
  • ライバルサイトの被リンク数

などが分かります。

ため

このとおりなので、ライバルに勝てるかどうかの判断基準になりますよ。

>>MozBarを使ってみる

【おまけ】ブログのライバルチェックは2度やると効果的

最後に、ライバルチェックの精度を上げる方法についてお伝えします。

それは、ライバルチェックを2回やることです。(下記を参照)

  1. キーワード選定をした後
    • Googleが評価している情報と検索意図を把握するため
  2. 記事構成を作った後
    • 答え合わせと不足している情報を洗い出すため

ライバルチェックを2回やることにより、

  • 読者の悩みや疑問を徹底的に解決する
  • 記事の完成度を極限まで高める

ので、Googleが評価して読者が満足する記事(=いつまでも上位表示され続けるコンテンツ)を作れるようになります。

【まとめ】ライバルチェックをすれば検索1位を狙える

今回はライバルチェックのやり方&コツについてお伝えしました。

内容をまとめるとこんな感じ。

ポイント
  • ライバルチェックとは競合の隙を見つけること
    ※ライバルチェックをすることで、勝てないキーワードで記事を量産して消耗しなくて済む
  • ライバルチェックのやり方&コツは3つある
    ①:キーワードの調査
    ②:上位記事の調査
    ③:競合サイト分析
  • ライバルチェックが終わったらデータをまとめる
  • 記事を差別化してライバルを出し抜く方法は4つある
    ①:上位記事が書いていないことを書く
    ②:ライバルの記事と違う見せ方をする
    ③:文章を削ってコンパクトにする
    ④:ずらしキーワードを使う
  • ライバルチェックで役立つツールは全部で3つ
    ①:Ubersuggest
    ②:見出し(hタグ)抽出
    ③:MozBar
  • ライバルチェックは2回やると効果的

ライバルチェックとは、競合の隙を見つけることです。

しっかりやることで、

  • 勝てるキーワードを選んで上位表示させることが可能
  • 上位記事を出し抜いて検索1位を取ることが可能

となります。

ため

なので、本記事の内容をマスターして、ライバルチェックをしましょう。

そうすれば、検索1位を連発し、アクセス・アフィリエイト収益を増やすことができますよ。

ブログアフィリエイトツールを使いこなそう

当ブログは60記事ほどしかありませんが、それでもブログの資産化に成功し、毎月安定的に5桁(多い時では6桁)稼ぐことができています。

それを実現してくれたのが、ブログアフィリエイトツール。

なぜなら、ブログアフィリエイトツールを使ったことによって、無駄な時間と労力をカット。それによって、ブログ運営・記事作成・稼ぐことに時間と労力を費やせるようになったからです。

ため

そんな風にしてくれたブログツールを下記の記事で紹介しています。

>>関連記事:【初心者向け】ブログアフィリエイトに必須!おすすめツール14選

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事が少しでも役に立ったらシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
トップへ
目次
閉じる