MENU
カテゴリー
アーカイブ
「記事を見て欲しい時」のための"ブログ添削記事添削サービス"!超具体的フィードバックで記事が生まれ変わる

ブログのリライトとは?具体的なやり方・検索順位別の修正方法を解説【注意点あり】

URLをコピーする
URLをコピーしました!
悩む人

色んなブロガーさんが「リライトが大事」と言っていますが、本当に大事なんですか?

本当に大事ならやりたいので、リライト記事の選び方、リライトのやり方、リライトの注意点を教えてください。

そんな疑問を解決します。

この記事で分かること
  • リライトとは?
  • リライト記事の選定基準
  • リライトのやり方【4ステップ】
  • 検索順位別!記事のリライト方法
  • リライトをする際に注意すべきこと

この記事を書いている人

ため(@tame3_tame3

リライトは、新規記事を作るのと同じぐらい大事です。

なぜなら、

  • 検索順位が上がるか下がるか
  • ブログ収益が増えるか増えないか

に関わってくるから。

ため

とは言え、ちゃんとしたやり方を知らないと、結果が出ないことも。

ブログ初心者の頃、正しいリライトのやり方を知りませんでした。

なので、間違ったやり方で記事をリライト。

いくら頑張っても、検索順位が上がらず、収益が発生しなかったですね。

でも、正しいやり方を知ってから、あら不思議。

検索1位を連発したり、1記事あたり2~3万円稼げるようになったのです。

そこで今回は、リライトの基本知識と具体的なやり方についてお伝えします。

ため

本記事を読めば、適切なリライトができるようになりますよ。

それによって、記事の質が高まるので

  • 検索順位アップ
  • アクセスアップ
  • PV・収益アップ

も夢ではありません。

余談ですが、「SEOキーワード選定のやり方がよく分かってないかも...」という方は、下記をご覧ください。

ため

それでは、本文を見ていきましょう。

目次

\ みんな使い始めてる /

WordPressテーマSWELL【あなたのブログ生活を180度変える魔法のテーマ】

HTML/CSSを操作する必要が一切ない

・機能が豊富!カスタマイズサイトを見て自作する必要が無い!
・上位表示されやすい「JSON-LD」に対応!検索TOP10連発も夢じゃない

・だから、1/2の労力でライバルに圧倒的な差を付けられる!(非常に有利になる)

結論:(短期間で)ブログを資産化したり、人気ブロガーになるのも夢ではありません!

参考【SWELLレビュー】ブログが楽しくなって継続がラクになるWordPressテーマ

ブログリライトとは?

まずは、ブログリライトの基礎知識をお伝えします。

※ジャンプ先

一つずつ説明しますね。

リライトとは「過去に書いた記事を修正すること」

リライトとは、過去に書いた記事を修正することです。

具体的には、下記を行います。

やること
  • 新情報を追記する
  • 新しいデータに変える
  • 記事の構成や文章の表現を変える
  • 上位記事と比較して不足している情報を足す
ため

リライトをすると、ページ滞在時間が伸びるんですよね~。

新規記事とリライトはどちらも大事

ちなみに、新規記事作成とリライトですが、どちらも大事です。

ため

ただ、


・30記事~50記事以下・・・新規記事優先
・30記事~50記事以上・・・リライト優先



となりますが。

30記事~50記事以下・・・新規記事優先

これは、単純に記事数が少ないからです。

記事数が少ないと、

  • 検索エンジンから正しい評価を受けられない
  • リライトするための検証材料がない

ので、新規記事を優先にした方が良いですね。

30記事~50記事以上・・・リライト優先

一方、30記事~50記事以上ある場合は、リライトを優先にしましょう。

ため

というのも、ブログ全体の品質の底上げができるからです。

そうすると、低品質な記事が少なくなるので、SEOでの評価が高まります。

この章のトップへ戻る

リライトの目的は「検索順位の向上・記事の品質の向上・情報の鮮度を保つ」

リライトをする目的は、下記3つです。

リライトの目的
  1. 検索順位の向上
  2. 記事の品質の向上
  3. 情報の鮮度を保つ

①:検索順位の向上

検索順位は日々変動しています。

ため

そのため


「昨日までは検索順位が1位だったのに、今日見たら検索20位まで落ちてた」


ということが多々あるのです。

そんな時に役立つのがリライト。リライトをすれば、検索順位20位に落ちても、再び検索順位1位に戻せます。

さらに、検索順位が15位で伸び悩んでいる場合。リライトをすれば、検索順位が上がりますよ。

この章のトップへ戻る

②:記事の品質の向上

例えば、A記事を書いたとしましょう。

2ヵ月経ってA記事を読み返した時、

  • 説明が抽象的で疑問が湧く
  • 色が多くて目がチカチカする
  • 表現が難しく、論理が破綻している

ということが多々あります。

そんなA記事を

  • 説明が抽象的で疑問が湧く ⇒ 具体的な説明に書き換える
  • 色が多くて目がチカチカする ⇒ 色を減らしてすっきりした見た目にする
  • 表現が難しく、論理が破綻している ⇒ 明瞭な表現に変え、論理構成を整える

のが、リライトの主な役割です。

この章のトップへ戻る

③:情報の鮮度を保つ

当たり前ですが、記事の情報は古くなります。

ため

例えば、2019年の最新PCと2021年の最新PCでは


・機種名
・スペック
etc...


などが違いますよね?

なので、情報の鮮度を保つためにも、リライトが必要なのです。

この章のトップへ戻る

リライト記事の選定基準

悩む人

じゃあ、どんな記事をリライトすれば良いんですか?

ため

下記ですね。

※ジャンプ先

一つずつ説明しますね。

公開してから3ヶ月が経過した記事

まずは、公開してから3ヵ月が経過した記事。

公開してから3ヵ月間は、検索順位がけっこう変動します。

ため

そのタイミングでリライトをすると


・検索順位が大幅に下がる
・検索結果から消える



ことも。

しかし、公開してから3ヵ月が経つと検索順位が安定します。そのタイミングでリライトをすると、検索順位が上がりやすいのです。

この章のトップへ戻る

キーワードの検索順位が50位以内の記事

次は、キーワードの検索順位が50位以内の記事。

50位以内だと、上位表示を狙える可能性が大ありです。

ため

とは言え、順位によって適切なリライト法があります。これは、後ほどお伝えしますね。

この章のトップへ戻る

上位表示されていたのに下がってしまった記事

次は、上位表示されていたのに下がってしまった記事。

理由は単純で、情報が古くなって検索意図が満たせていない可能性があるからです。

この章のトップへ戻る

リライトをすればアフィリエイト収益増につながる記事

最後は、リライトをすればアフィリエイト収益増につながる記事。

具体的には

  • 〇〇 評判 口コミ 良い 悪い
  • 〇〇 特徴 比較 違い
  • 〇〇を安く買うには?

etc...

ですね。

ため

このようなキーワードは、上位表示しやすいです。なので、検索順位が上がるだけで収益アップも...

この章のトップへ戻る

ブログ記事のリライトのやり方【4ステップ】

では、ここからは、ブログのリライトのやり方を4ステップでお伝えします。

※ジャンプ先

ブログ記事のリライトのやり方【4ステップ】

一つずつ説明しますね。

ステップ①:検索順位をチェックする

次は、検索順位をチェックします。

ため

というのも、リライトすべき記事を見つける必要があるからですね。

検索順位の確認方法

検索順位を確認する方法です。

検索パフォーマンスをクリック
平均検索順位をクリック
下にスクロール ⇒ 掲載順位を昇順にする

上記の手順を踏めばOK。検索順位がチェックできますよ。

この章のトップへ戻る

ステップ②:リライトする記事を選ぶ

次は、リライトする記事を選びます。

リライト記事の選択基準
  • 公開してから3ヶ月が経過した記事
  • キーワードの検索順位が50位以内の記事
  • 上位表示されていたのに下がってしまった記事
  • リライトをすればアフィリエイト収益増につながる記事

上記の中から、検索順位を上げたい記事を選択しましょう。

ため

詳しくは、過去の記事をリライトする判断基準をご覧ください。

この章のトップへ戻る

ステップ③:リライト作業に取り掛かる

次は、リライト作業に取り掛かります。

順位別
  1. 51位~の記事
  2. 31~50位の記事
  3. 11~30位の記事
  4. 5位~10位の記事
  5. 5位以内の記事

上記みたく、検索順位に応じて記事の手直しをしましょう。(※検索順位別のリライト法は後述します)

ため

ちなみに、キーワードによって、記事の作り込みが変わることがあります。

詳しくは、下記をご覧ください。

関連記事

この章のトップへ戻る

ステップ④:1ヵ月経ったら順位を計測

最後は、1ヵ月経ったら順位を計測します。

ため

というのも、リライトが成功したか失敗したかをチェックする必要があるからです。

僕は、RankTrackerという有料ツールを使っています。(月額1,300円ぐらい)

ため

が、記事にするほど使いこなせていません。

なので、僕が操作する際、参考にしている記事を貼っておきますね。

この章のトップへ戻る

検索順位別!ブログ記事のリライト方法

ここでは、検索順位別のリライト方法についてお伝えします。

※ジャンプ先

検索順位別のリライト方法
  1. 50位~の場合
  2. 21位~50位の場合
  3. 11位~20位の場合
  4. 5位~10位の場合
  5. 5位以内の場合

リンクをクリックすると読みたいところに移動します

50位~の場合

51位~の場合、新しく記事を書いた方が良いです。

なぜなら、記事本文と検索意図がズレている可能性があるから。

ため

なので、もう一度、検索意図を調べて記事を書いてください。

検索意図の調べ方については、検索意図とは?|重要性・調べ方や考え方のコツ・記事に活かす方法を解説をご覧ください。

新しい記事を作ったら

新しい記事を作ったら、「301リダイレクト」をしましょう。

301リダイレクトとは?

以前のページの評価を、新しいページに引き継ぐことです。

同じキーワードで書いた記事が2つあるのは、SEO的に好ましくありません。両方ともSEOで上がらないです。

ため

なので、301リダイレクトをして、新規記事に評価を集めましょう。

やり方は、下記をご覧ください。

この章のトップへ戻る

21位~50位の場合

検索エンジンから評価されているので、上位表示できる可能性が大ありです。

この場合、下記を意識しましょう。

意識すること
  1. 内部リンクを張り巡らせる
  2. 検索意図に沿った情報を追加
  3. サジェストキーワードを盛り込む
  4. タイトルのキーワードの位置を変更

①:内部リンクを張り巡らせる

内部リンクとは、記事と記事を繋ぐ施策です。

内部リンクのイメージ図

内部リンクを張り巡らせると

  • クローラーがサイト内を巡回しやすくなる
  • ページ同士の関連性によって評価が向上する
  • 内部リンクで貼った記事の評価を引き継げる

というメリットがあります。

ため

ただ、関連性が無いと逆効果なので、気を付けましょう。

この章のトップへ戻る

②:検索意図に沿った情報を追加

ざっくり言うと、検索意図とは読者が知りたいことです。

本記事では、下記のように設定しました。

本記事の場合
  1. ブログリライトについて知りたい
  2. ブログリライトの方法について知りたい
  3. SEOで上位表示させてブログ収益を増やしたい

もし、①しか書いていなかったら、検索意図を完全に満たせません。

ため

この場合、


・ブログリライトの具体的な方法
・売り上げアップにつながるやり方



を書くと良いですね。

検索意図について詳しく知りたい方は、検索意図とは?|重要性・調べ方や考え方のコツ・記事に活かす方法を解説をご覧ください。

この章のトップへ戻る

③:サジェストキーワードを盛り込む

サジェストキーワードとは、検索する際に表示されるSEOキーワードのこと。

  1. サジェストキーワードで見出しを作る
  2. 見出しの章の本文を書く

と情報の網羅性が向上します。

ため

そうすると、検索エンジンが評価するので、検索順位が上がりますよ。

この章のトップへ戻る

④:タイトルのキーワードの位置を変更

タイトルのキーワードの位置を変えるだけで、順位が上がることも。

実際、それで検索順位34位 ⇒ 検索順位13位になりました。

キーワード:ブログ 導入文 書き方

  • 【テンプレート付き】魅力的なブログの導入文の書き方|5ステップで解説・・・34位
  • 魅力的なブログの導入文の書き方|5ステップで解説【テンプレート付き】・・・13位

この章のトップへ戻る

11位~20位の場合

検索エンジンから一定の評価を受けているので、上位表示を狙えます。

意識することは、下記のとおり。

意識すること
  1. 導入文を変える
  2. 見出しの順番を変える
  3. 記事タイトルを変える
  4. メタディスクリプションを変える
  5. 上位記事と比較し、不足している情報を加える

①:導入文を変える

まずは、導入文を変える。

  • 読者に刺さっていない・・・熟読されないのでページ滞在時間が短い
  • 不要なことを書いている・・・検索エンジンが評価しない

上記が原因で、検索順位が伸びないのかもしれません。

なので、上位記事の導入文と比較して書き直しましょう。

ため

もしかすると、導入文そのものを変えた方が良いかもしれません。

魅力的なブログの導入文の書き方を参考に、リライトをしてみてください。

この章のトップへ戻る

②:見出しの順番を変える

見出しの順番が原因で、評価されないことがあります。

なので、下記のとおりにすると良いですね。

見出しの順番の変え方
  • 想定読者が知りたい順に見出しを設置する
  • 思考の流れに沿って見出しを設置する
  • 検索意図の答えを最初に持ってくる
ため

僕はよくこの手法を使うのですが、高確率で検索順位が上がっています。

詳しくは、仮見出しを作って方向性を決めるをご覧ください。

この章のトップへ戻る

③:記事タイトルを変える

読者に刺さるタイトルにするだけで、順位UPが期待できます。

やることは、下記の4つです。

記事タイトルの変え方
  • 記事タイトルは40文字~45文字程度にする
  • 最初の28文字に重要な情報を持ってくる
  • SEOキーワードは左側に入れる
  • キャッチーにする
ため

リライトに役立つ記事を貼っておくので、活用してください。

関連記事

この章のトップへ戻る

④:メタディスクリプションを変える

シンプルですが、効き目があります。

メタディスクリプションを変える方法
  • 100文字以内にまとめる
  • 最初の50文字に重要な情報を書く
  • 狙っているキーワードを入れる(1~2回)
  • 記事タイトルに入らなかったキーワードを入れる(1~2回)
ため

より詳しく知りたい方は、下記をご覧ください。

関連記事

この章のトップへ戻る

⑤:上位記事と比較し、不足している情報を加える

「ブログ リライト」でググった時に、必ず出てくるリライト法です。

「社労士試験 独学 勉強法」の場合

  • 上位記事・・・独学法、市販の教材を使った勉強法、通信講座を使った勉強法
  • 自分の記事・・・独学法

市販の教材を使った勉強法、通信講座を使った勉強法を加えればOK

なぜなら、「社労士試験 独学 勉強法」で検索する人の場合、

  • 市販の教材を使った勉強法を知りたい
  • 通信講座を使った勉強法を知りたい

というニーズもあるからです。

ため

上位記事はニーズを満たすための、最低限の情報が書かれています。

なので、上位記事と比較して足りない情報を追記してくださいね。

上位記事との差分を比較する方法

上位記事と比較する際、SEO META in 1 CLICK(chrome拡張機能)を使いましょう。

なぜなら、上位記事の見出しを抽出できるからです。

参考リンク

>>SEO META in 1 CLICK

※リンクをクリックすると外部サイトに移動します

ニーズを満たしているかいないかは、見出しで分かります。

ため

なので、「SEO META in 1 CLICK」を使って、上位記事の見出しを確認してくださいね。

この章のトップへ戻る

5位~10位の場合

これは、検索エンジンから評価されている証拠です。

ゆえに、リライトをすると、検索順位が下がる可能性があります。

ため

なので、記事のメンテナンスがおすすめです。

具体的には

  • 読みやすくする
  • 内部リンクを増やす

ですね。

ちなみに、読みやすくする方法については、下記の記事をご覧ください。

関連記事

この章のトップへ戻る

5位以内の場合

5位以内の場合、リライトでは対応できないことが多いです。

それこそ、下記が必要かもしれません。

必要なこと
  1. 被リンクを集める
  2. ドメインパワーを強める
  3. サイテーションを高める

①:被リンクを集める

被リンクとは、他のサイトから自分のブログへのリンクが貼られることです。

ため

被リンクが多いほど、検索順位が上がります。

集め方は

  • 紹介してもらえるように分かりやすく記事を書く
  • TwitterやFBなどでブログ記事をシェアする
  • 被リンク効果があるサイトに登録

ですね。

被リンク効果があるサイトに登録

被リンク効果があるサイトです。

サイト名ドメインパワー
しんきとうろく65
にほんブログ村87
ブログサークル68.6
HTML名刺51.6
Ameba91
Note90
ため

上記に登録しちゃいましょう。

ドメインパワーが強いので、被リンク対策にもなりますよ。

この章のトップへ戻る

②:ドメインパワーを強める

ドメインパワーを一言で言うと、サイトの強さです。

0~100でスコア化され、数値が高ければ高いほど上位表示されやすくなります。

アクセスSEOツールズで測定しました

ドメインパワーを上げる方法

ドメインパワーを上げる方法です。

  • 被リンクをもらう
  • 内部リンクで記事を繋ぐ
  • 検索10位にランクインする
  • はてブにブックマークしてバズる

などがあります。

ため

その他の方法は、今注目されている副業ブロガーのおうすけさんの記事をご覧ください。

この章のトップへ戻る

③:サイテーションを高める

サイテーションとは、SNS上で自サイトが言及されることです。

記事で言うと、"引用"みたいな感じですね。

https://twitter.com/yutori_quest/status/1400648467093938177?s=20
サイテーション例
ため

サイテーションを高めると、検索エンジンが評価します。それにより、検索順位が上がるのです。

この章のトップへ戻る

ブログ記事をリライトする際の注意点

ブログ記事をリライトする際、注意点すべきことが6つあります。

※ジャンプ先

一つずつ説明しますね。

根拠がある情報を使う

リライトに限ったことでは無いですが、裏付けが取れている情報を使いましょう。

むしろ、情報源が信用できないなら使わない方が良いです。

事例

①:WELQ事件

2016年11月、WELQが根拠が無い情報を載せていたことが判明。社会問題になり、検索結果から削除されました。

②:某恋愛サイト

女性たちのサポートによって運営されていると謡っているサイトがあります。しかし、実際はクラウドソーシングでライターを募集。体験談はねつ造で、サイト運営者の指示でライターが考えたものです。

上位表示させたい気持ちは分かりますが、根拠が無い情報を使うのはNG。読者が被害を被るからです。

ため

ブログを運営する者・記事を書く者として、責任感を持ちましょう!

この章のトップへ戻る

オリジナルの情報を入れる

検索意図を網羅すると、どうしてもライバルと記事の内容が似てしまいます。

そんな時に使えるのが、独自性。

独自性の例
  • 図解
  • 体験談
  • 自分の考え
  • 専門的な知識
  • アンケート結果
  • 他の記事と違う視点

上記を入れることで、オリジナリティが生まれ、他の記事と差別化ができます。

この章のトップへ戻る

不要な情報を削ぎ落してみる

リライトは、情報を追記するだけではありません。情報を削ることも含まれます。

ため

というのも、情報が多すぎると検索意図を満たせないからです。

検索エンジンの評価ポイントは、「検索意図に答えること」。

そのためには、

  • 不要な情報を削る=必要な情報のみを提供する
  • 一文の長さを削る=分かりやすく伝えて疑問を抱かせない

が必要です。

この章のトップへ戻る

日付が更新されたかチェックする

リライトをしたら、日付が変わったかを確認しましょう。

ため

新しい情報を求める読者のニーズを満たし、安心感・信頼感を与えられますよ。

この章のトップへ戻る

リライトして検索順位が下がることもある

リライトをすれば、必ずしも検索順位が上がるとは限りません。

検索順位が下がることもあります。

ため

その場合、リライト前の状態に戻せば順位が回復します。

なので、バックアップを取っておきましょう。

この章のトップへ戻る

数回のリライトで検索順位が上がることもある

リライトは、1回だけで終わりではありません。

何度も繰り返すことで、上位表示が実現するのです。

記事公開

3ヵ月経過。検索順位が21位

リライト①

1ヵ月が経過。検索順位が10位

リライト②

1ヵ月が経過。検索順位が3位

ため

なので、積み上げていきましょう。

この章のトップへ戻る

読者満足を追求すれば、後から結果が付いてくる

リライトの方法を知りたい理由って

  • SEOで評価されたい・検索順位を上げたい
  • それによってPV・収益を増やしたい

からですよね?

悩む人

まあ、そうですけど...

ため

それでしたら、


読者満足を追求すれば、結果が伴う


と覚えてください。

結果を求めてリライトしても成果が出なかった

僕は2020年2月にブログを開設。

数ヵ月間、検索順位100位以下・収益0円が続きました。

ため

「これはまずい...」と思った時に、下記のリライトを実践しました。

  • h2見出し・h3見出しに全キーワードを入れる
  • 文中で使用するキーワードの割合を5%にする
  • タイトルや文中にキーワードを入れまくる
  • アフィリリンクや広告の位置を変える

しかし、結果が出ませんでした。検索順位100位以下・収益0円が続きましたね。

ため

これは


読者を満足させる


という視点が無かったからです。

読者満足を追求したら結果が出た

そんな時、有料のブログコンサルを受けます。

その時に教わったのが、読者満足を追求する。

  • ニーズを全て解決する
  • 読者が知りたいことを全て書く
  • 一つも疑問を残さないように書く
  • 見やすく・読みやすく・分かりやすくする
  • 必要なところにアフィリリンクや広告を貼る

といったことを指導されました。

ため

そこから、僕は読者満足を追求してリライトを開始。

検索1位を連発したり、1記事あたり2~3万円稼げるようになったのです。

検索意図を満たして満足させる

その経験から言えるのですが、

  • ニーズを全て解決する
  • 読者が知りたいことを全て書く
  • 一つも疑問を残さないように書く
  • 見やすく・読みやすく・分かりやすくする
  • 必要なところにアフィリリンクや広告を貼る

上記を意識してリライトをすると良いですよ。

ため

そうすれば、読者が満足する質の高い記事になります。

ブログのリライトとは?具体的なやり方・検索順位別の修正方法を解説【注意点あり】:まとめ

今回は、リライトの基本知識と具体的なやり方についてお伝えしました。

  1. リライトとは「過去に書いた記事を修正すること」
  2. リライトの目的は「検索順位の向上・記事の品質の向上・情報の鮮度を保つ」

リライトは、新規記事を作るのと同じぐらい大事です。

ため

今回ご紹介した方法を使えば、適切なリライトができるようになります。

それによって

  • 検索順位アップ
  • アクセスアップ
  • PV・収益アップ

も夢ではありません!

リライトをしたら推敲をしよう

せっかくのリライトが無駄にならないためにも、しっかり推敲をしましょう。

ため

リライト効果が最大限に発揮され、記事の質がめちゃくちゃ上がりますよ。

やり方については、下記をご覧ください。

推敲のやり方

今回は以上です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事が少しでも役に立ったらシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる