MENU
カテゴリー
アーカイブ

ブログ記事の「上手な」まとめ方【書き方をテンプレートで具体的に解説】

URLをコピーする
URLをコピーしました!
悩む人

ブログ記事のまとめ方がイマイチよく分かりません。

どうまとめれば良いのか教えてください。

こんな悩みを解決します。

この記事で分かる事
  • ブログ記事のまとめ方【書き方をテンプレートで解説】
  • まとめと要約の違い【次があるかその場で終わるか】
  • まとめの役割【本文の内容を記憶に留め、次の行動を起こさせる】

この記事を書いている人

ため(@tame3_tame3

ブログ記事の作成において、まとめはめちゃくちゃ大事。

ため

なぜなら


・アフィリエイトリンクが踏まれるか踏まれないか
・内部リンクが踏まれるか踏まれないか



を決めるからです。

ブログ初心者の頃、まとめの書き方が全然分かりませんでした。

  • 要約して記事内容をまとめる
  • 要点を箇条書きにする

だけだったので、直帰率が90%超え。

ため

アフィリエイト収益やアドセンス収益は、1円も発生しませんでした。

その後、まとめの書き方を学習した結果

直帰率が60%ほどになり、1記事で5桁稼げるようになった

のです。

そこで今回は、ブログ記事のまとめ方をお伝えします。

ため

本記事を読めば、正しいブログのまとめの書き方が丸わかり。

成果が出るまとめを書けるようになりますよ。

その結果

  • ページセッション3.1%
  • 毎月アフィリエイト収益が2件発生

も夢ではありません。

ため

それでは、本文を見ていきましょう。

目次

\ みんな使い始めてる /

WordPressテーマSWELL【あなたのブログ生活を180度変える魔法のテーマ】

HTMLの操作不要!やるべきことは記事を書くだけ!

・1/2の労力でライバルに圧倒的な差を付けられる!

・Google検索1ページ目はあなたのものです!

人気ブロガーになるのも時間次第です!

参考【満足度4.5】SWELLを使った感想レビュー|デメリット4つ・メリット7つを解説

ブログ記事のまとめ方【書き方を6ステップのテンプレートで解説】

早速、ブログ記事のまとめ方を6ステップでお伝えします。

ため

万能なので、どんなジャンルでも使えますよ。

ブログ記事のまとめ方のテンプレート

「右クリック」→「名前を付けて保存」をすればダウンロードができます。

一つずつ説明しますね。

ステップ①:「今回は(記事テーマ)についてお伝えしました」と書く

まずは、「今回は(記事テーマ)についてお伝えしました」と書きます。

イメージ
ため

理由は、一目で記事のテーマが分かるようにするためです。

まとめから読む人がいる

一定数ですが、まとめから読む人がいます。

ため

僕もたまにですが、まとめから読みますね。

というのは、記事のテーマがすぐに分かるからです。

そういう人が読んだ際、「今回は(記事テーマ)についてお伝えしました」が無いと

全部読まないと記事のテーマが分からないパターン?面倒臭い...

と思い、ページを閉じることが多々あります。

ため

それを防ぐためにも


「今回は(記事テーマ)についてお伝えしました」


と書いてくださいね。

ステップ②:重要なポイントを箇条書きで書く

次は、重要なポイントを箇条書きで書きます。

ため

イメージ的にはこんな感じ。

イメージ

こうすることで、本文の振り返りがしやすくなります。

h3見出し文を使うと良い

要点が分からない場合、h3見出し文を使うと良いですよ。

ため

なぜなら、重要なポイントとして使えるからです。

実際、僕はSWELLのタブを使ってh3見出しを使っています。

SWELLとは?


2022年から主流になるブロックエディタに完全対応しているテーマです。


・HTMLやCSSが不要
・別タブを開いて表示を確認する必要が無い
・操作がめちゃくちゃラクでとにかく使いやすい!


と評判で、乗り換える人が続出していますね。

詳しくは、以下をご覧ください。

ステップ③:結論を書く

次は、記事テーマの結論を書きます。

イメージ
ため

一番伝えたいことをスパッと書きましょう。

「マーカー」を使うと良い

この際、「マーカー」を使うと良いですよ。

なぜなら、パッと見で分かるからです。

ため

結論がすぐ分かるので、読者の満足度が上がりますよ。

ステップ④:ベネフィットを書く

次は、ベネフィットを書きます。

ベネフィットとは?


ざっくり言うと、


・行動した時の将来
・解決した時の姿


です。

イメージ
ため

読者は解決したいことがあって記事を読んでいます。

なので、解決した時の姿を書きましょう。

その際、行動した時の姿がイメージできるように、超具体的に書くと良いです。

ステップ⑤:エンドベネフィットを書く

次は、エンドベネフィットを書きます。

エンドベネフィットとは?


最終的な利益や恩恵のことです。


・行動した結果、何が実現できるのか
・解決した結果、どんなことが実現できるのか



を超具体的に書くと良いですね。

イメージ
ため

ベネフィット+エンドベネフィットで、


「こんな未来が実現できるんだ」


と体感させることができます。

そうすると、読者が行動しやすくなりますよ。

ベネフィット+エンドベネフィットの書き方はこの2冊でマスターできる!

悩む人

ベネフィット+エンドベネフィットってどう書けば良いんですか?

詳しく教えてください。

ため

以下の2冊を読んでもらえますか?


というのは、その道に精通している人が具体的に解説しているからです。


実際、僕もこの本でベネフィット+エンドベネフィットの書き方を学びました。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

ステップ⑥:アフィリリンク・内部リンクへの誘導文を書く

最後は、

  • アフィリエイトリンクへの誘導文
  • 内部リンクへの誘導文

上記を書きます。(背中を押すためです)

ため

具体的にはこんな感じ。

イメージ

ステップ①~⑤にて

  • 頭が整理されている
  • 次にやることが分かっている
  • 実践した時に起こることが分かっている

ので、高確率でリンクが踏まれますよ。

リンクのクリックを促すのは善

これは僕の考えです。

リンクのクリックを促すのは善だと思っています。

ため

というのは


読者の利益になる


からですね。

例えばですが、「おすすめ通信講座の紹介記事」を書いたとしましょう。

その際、

アフィリエイトリンクを貼る
  • 紹介した通信講座を検索しなくて済む
  • すぐ申し込める=理想実現の可能性を広げる

読者の利益になる

アフィリエイトリンクを貼らない
  • 紹介した通信講座を検索する手間が増える
  • すぐに申し込めない=理想実現を閉ざす

読者の利益にならない

こう思うんですよね。

ため

内部リンクも同じです。


・内部リンクがある:検索をしなくて済む
・内部リンクが無い:検索をする手間が増える


なんですよね。

まとめと要約の違い【次があるかその場で終わるか】

以上がまとめの書き方です。

悩む人

まとめと要約は違うんですか?

ため

違いますね。

まとめと要約では、下記が異なります。

まとめと要約の違い

まとめ

  • ベネフィット+エンドベネフィットがある
  • アフィリリンク・内部リンクへの誘導文がある

要約

  • ベネフィット+エンドベネフィットが無い
  • アフィリリンク・内部リンクへの誘導文が無い

まとめは、背中を押す文章があります。

対して、要約は本文の内容をコンパクトにしただけです。背中を押す文章がありません。

ため

端的に言うなら


・まとめ:次がある
・要約:その場で終わる



です。

まとめの役割【本文の内容を記憶に留め、次の行動を起こさせる】

悩む人

そうなんですね。

そうすると、まとめにはどんな役割があるんですか?

ため

以下2つです。

まとめの役割
  1. 本文の内容を記憶に留める
  2. 次の行動を起こさせる

一つずつ説明しますね。

役割①:本文の内容を記憶に留める

1つめは、本文の内容を記憶に留める。

まとめがあることで

  1. 本文の復習ができる
  2. それによって、内容を理解する
  3. その結果、本文の内容が記憶に残る

となります。(まとめの書き方ステップ①~③が該当)

科学的にも実証されている

ヘルマン・エビングハウス博士の研究で、こんなことが分かりました。

ヘルマン・エビングハウス

ドイツの心理学者で、記憶の研究の先駆者。

忘却曲線を発見したことで知られる。

出典:manabrain
ため

読んだ瞬間から忘れますね。

でも、まとめがあることである程度は防げます。

役割②:次の行動を起こさせる

2つめは、次の行動を起こさせる。

前述の「本文の内容を記憶に留める」過程で

  • 頭の中が整理される
  • それによって、次の行動が分かる
  • その結果、モチベがググっと高まる

ので、次の行動に移しやすい状態に。

ため

そのタイミングで、


・ベネフィット
・エンドベネフィット
・アフィリリンク・内部リンクへの誘導文


上記が入ることで、高確率で実行します。(まとめの書き方ステップ④~⑥が該当)

人は「将来(イメージ)を達成」したくて行動する

なぜ高確率で実行されるのかと言うと

人は「将来を達成」したくて行動する

からです。

例えば、ブロガーの場合。

ため

8割の人は、こんなことを達成したいと思っています。

8割のブロガーが達成したいこと
  • 月5万円の副収入獲得
  • 不労所得(半不労所得)

それを達成するために、ブログを継続しているのです。

ため

このことからも


人は「将来を達成」したくて行動する


が分かりますよね。

ブログ記事の「上手な」まとめ方【書き方をテンプレートで具体的に解説】:まとめ

今回は、ブログ記事のまとめ方についてお伝えしました。

まとめは、本文の内容を記憶に留め、次の行動を起こさせるのに必須です。

ため

書き方をマスターすると、PVが2~3倍に増え、アフィリエイト収益が発生。

それにより

  • ページセッション3.1%
  • 毎月アフィリエイト収益が2件発生

が実現しますよ。

ため

ぜひまとめの書き方をマスターしてください!

まとめの次は、導入文を書きます。

読者が記事を読むか読まないかを決めるので、しっかり書きましょう!

ため

書き方は、以下をご覧ください。

導入文の書き方

今回は以上です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる