書けば書くほどストレスがなくなるSWELLの評判・口コミはこちらclick

魅力的なブログの導入文(リード文)の書き方【例文&テンプレあり】

URLをコピーする
URLをコピーしました!
悩む初心者ブロガー

ブログでは「導入文が重要」って聞きますが、なんででしょうか?もし本当に重要なら、導入文の書き方とコツを知りたいです。

こんにちは。ためです。

ブログ歴1年。1記事あたり2~3万円稼いでいます。

リード文を変えただけで、滞在時間が3分20秒になった僕がお伝えしますね。

この記事を書いている人

ため(@tame3_tame3
この記事で分かること
  • 導入文とは何か?
  • 導入文が重要な理由
  • 導入文の書き方7ステップ
  • 導入文を書く際のコツ

「導入文が重要って言うけど、なんで重要なの?」って思いますよね?

まだ稼げていなかった時の僕も、「なぜ導入文は重要?」って思っていました。

ため

結論、 導入文は超大事です。 なぜなら、「記事を読むか読まないか」を判断する部分だから。

導入文が魅力的なら、記事が最後まで読まれます。反対に、導入文が魅力的じゃないなら、記事が最後まで読まれません。

そこで今回は、魅力的な導入文の書き方やコツなどを解説します。

ため

本記事を読めば、魅力的な導入文が書けるようになりますよ。

それによって、記事が最後まで読まれるようになるので

  • サイト滞在時間の増加
  • それによってGoogleが評価
  • その結果、検索順位がアップ

も夢ではありません。

ため

それでは、本文を見ていきましょう。

目次

そもそもブログの導入文(リード文)とは?

まずは、導入文の基礎知識をお伝えします。

導入文とは、記事の冒頭文のことです。

目次の前に書かれている文章で、本記事で言えば上記の部分ですね。

ため

そんな導入文では


・問題提起
・記事本文の要約
・本文を読むべき理由



などを書きます。

ブログの導入文(リード文)がなぜ重要なのか?理由を解説

そんな導入文は、ブログを書く上で重要です。

そう言える理由は、3つあります。

ブログの導入文(リード文)が重要な理由
  1. 読まれるか読まれないかが決まるから
  2. 記事の信頼性(信憑性)を担保できるから
  3. サイト滞在時間が伸びてSEOの評価が上がるから

一つずつ説明しますね。

理由①:読まれるか読まれないかが決まるから

ブログ記事本文が読まれるか読まれないかは、導入文によって決まります。

なぜなら、

  • 得るものがありそうなら本文を読む、得るものが無ければページを閉じる
  • 悩みが解決できそうなら本文を読む、悩みが解決できなさそうならページを閉じる

となるからです。

例えば、ここまで読んでくれたあなたは、

  • 導入文を読んで「何か学べることがありそう」と思った
  • リード文を読んで「導入文の書き方が分かりそう」と思った

から、読み進めたのではないでしょうか?

ため

このように、導入文で「本文が読まれるか読まれないか」が決まります。

理由②:記事の信頼性(信憑性)を担保できる

読者はネットの情報を信じません。

なので、普通に記事を書いただけでは、すぐページが閉じられる可能性があります。

ため

でも、導入文に下記を加えると状況が一変。「信頼できる情報」になります。

「信頼できる情報」にする一文
  1. 実績
  2. 経験
  3. キャリア

具体例

例えば、「効果的なダイエット方法」の記事を読んだとしましょう。

導入文に

無理なく痩せたいですよね?

そこで

  • RIZAPのトレーナー歴10年!延べ1万人にダイエット指導
  • 年一回行われる社内最優秀トレーナー賞を5年連続で受賞

をした著者が効果的なダイエット法をお伝えします。

とあったら、その記事に書いてあることが信じられますよね?

ため

適切な導入文を書くと、記事内容が「信頼できる情報」に変わります。なので、すぐページを閉じられるリスクが無くなりますよ。

理由③:サイト滞在時間が伸びてSEOの評価が上がるから

導入文を見て

  • 悩みが解決できて、得ることがありそう
  • 実績と経験があって記事の情報が信頼できる

と思った場合、読者は「記事を最後まで読もう」と思います。

ため

そうすると、


①:記事が完読される

②:サイト滞在時間が伸びる

③:Googleが評価して検索順位が上がる


のです。

魅力的なブログの導入文(リード文)の書き方7ステップ

それでは、魅力的な投入文の書き方を7ステップでお伝えします。

魅力的なブログの導入文(リード文)の書き方7ステップ
  1. 読者の悩みをあぶり出す
  2. 信頼性を証明する
  3. 記事の内容を説明する
  4. 共感とストーリー
  5. 読むメリット・読まないデメリットを提示する
  6. 記事で伝えることを書く
  7. ベネフィットを提示する

順番に見ていきましょう。


ステップ①:読者の悩みをあぶり出す

まずは、読者の悩みをあぶり出しましょう。

例えばこんな感じです。

ため

具体的には、「検索意図(記事のスタート)」を洗い出します。

洗い出し方については、ブログの記事構成の作り方を9ステップで解説【無料テンプレートあり】をご覧ください。

ステップ②:信頼性を証明する

次は、信頼性を証明しましょう。

理由は単純で、安心感を与えられるからです。

ため

人は「誰」が分からないと不安になるもの。なので、「誰が書いているのか」を明確にして安心させましょう。

  • 実績
  • 経験
  • キャリア

を書くと良いですよ。

ステップ③:記事の内容を説明する

次は、記事の内容を説明しましょう。

「誰が書いているのか」が分かると、「何を解決できるの?」という疑問が湧くもの。

ため

なので、記事の内容を説明して、不安を払拭しましょう。

h2見出しを書くと良いですよ。

ステップ④:共感とストーリー

次は、共感とストーリを書きましょう。

信頼性を示した後に

  1. 悩みに寄り添うと共感を得られる
  2. 「同じ悩みを持っていた過去の体験談」を語ると親近感が湧く

ので、心を掴めます。

ため

得に大事なのが、ストーリー。

人はストーリーに魅力を感じるので、小さなエピソードを挟むと良いですよ。

ステップ⑤:読むメリット・読まないデメリットを提示する

次は、読むメリット・読まないデメリットを提示しましょう。

理由は単純で、「記事をしっかり読もう」と思わせられるからです。

読むメリット・読まないデメリットを書くポイント

悩む初心者ブロガー

どう書けば良いの?

ため

下記のポイントを押さえて書いてみてください。

ポイント
  • 読むメリット・・・読んだ時(解決した時)の将来
  • 読まないデメリット・・・読まない時(解決しなかった時)の将来

例えば、「痩せる 方法」で記事を書いたとしましょう。

結論、痩せる方法は3つあります。

この方法を使えば、無理なく効果的に痩せられます(読むメリット)しかし、使わないと、いつまでも苦しいダイエットをする羽目になります(読まないデメリット)

上記が該当します。

人はイメージできないと真剣になれないもの。逆にイメージできれば真剣になれます。

ため

なので想像できるよう


・読むメリット・・・記事を読んだ時の将来
・読まないデメリット・・・記事を読まなかった時の将来



を書きましょう。

ステップ⑥:記事で伝えることを書く

次は、記事で伝えることを書きましょう。

「今回の記事のテーマを一言で説明」すればOKです。

ステップ⑦:ベネフィットを提示する

最後は、ベネフィットを提示しましょう。

「この記事を読んで実践したらどうなるのか」を書いてください。

ため

具体的には


・〇〇が解決しますよ
・〇〇ができるようになりますよ
・それによって、××という現実が訪れますよ


ですね。

ベネフィットを考えるコツは、「記事の最終的なゴールを想像すること」です。

詳しく知りたい方は、ブログの記事構成の作り方を9ステップで解説【無料テンプレートあり】をご覧ください。

魅力的なブログの導入文(リード文)のテンプレート

クリックすると画像が大きくなります

今回のステップを組み合わせた、導入文のテンプレートをご紹介しますね。

魅力的なブログの導入文(リード文)のテンプレート
  1. 読者の悩み
  2. 信頼性
  3. 記事の内容
  4. 共感とエピソード
  5. 解決した時の将来・解決しなかった時の将来
  6. 記事のテーマ
  7. 読了して得られること
  8. 本文へ誘導

本記事の導入文を例に、どんなことを書けば良いのかをお伝えします。

その①:読者の悩み

その②:信頼性

その③:記事の内容

その④:共感とエピソード

その⑤:解決した時の将来・解決しなかった時の将来

その⑥:記事のテーマ

その⑦:読了して得られること

その⑧:本文へ誘導

以上が導入文の型(テンプレート)です。

  • どのジャンルでも使える
  • 集客記事・収益記事の両方でも使える

ので、使用してみてください。

読みたくなるブログの導入文(リード文)を書く際のコツ

続いて、ブログの導入文を書く際のコツをお伝えします。

ため

この3つを押さえると、読者にもGoogleにも刺さりますよ。

読みたくなるブログの導入文(リード文)を書く際のコツ
  • 文章を削ってコンパクトにする
  • SEOキーワードを多めに盛り込む
  • 記事に関係ないことは一切書かない

一つずつ見ていきましょう。

文章を削ってコンパクトにする

まずは、文章を削ってコンパクトにする

導入文が長すぎるとページが閉じられるので、短くしましょう。

ため

300文字~400文字ぐらいが良いですね。

SEOキーワードを多めに盛り込む

次は、SEOテクニックのお話です。

ため

キーワードを多めに盛り込みましょう。

なぜなら、ページ上部にキーワードがあると検索エンジンがより認識するからです。

例えば、「ダイエット 方法」で記事を書いた場合。導入文にキーワードを入れると、「ダイエット 方法」で上がりやすくなります。

なので、「導入文にはキーワードを多めに盛り込む」ことを意識してみてください。

記事に関係ないことは一切書かない

最後は、記事に関係ないことは一切書かない。

というのも

  • あのさ、何が言いたいの??
  • お前の話はどうでも良い!
  • さっさと結論を言え!

と思われ、すぐ離脱されます。

具体例

例えば、「ブログ 導入文 書き方」で検索したとしましょう。

クリックした記事のリード文が、下記だったらどうでしょうか。

「何が言いたいの?」となるパターン

悩む初心者ブロガー

ブログをはじめて1年が経ちましたね。

ため

この1年間色々とありました。

悩む初心者ブロガー

導入が書けるようになって…

ため

これは大きいですね。

読む気が失せますよね?

ため

読者は悩みを解決するために、ブログに訪れた。

このことを忘れないでください。

魅力的なブログの導入文(リード文)の書き方【例文&テンプレあり】:まとめ

今回は、 魅力的な導入文の書き方やコツなどについて解説しました。

  • ブログの冒頭文
  • 目次前の文章が該当する

導入文は、「記事を読むか読まないか」を判断する部分。魅力的なら最後まで読まれますが、魅力的じゃないとすぐページが閉じられます。

ため

なので、本記事の内容をマスターして、読者の心を掴む導入文を書いてくださいね!

そうすれば、記事が最後まで読まれるようになるので

  • サイト滞在時間の増加
  • それによってGoogleが評価
  • その結果、検索順位がアップ

も夢ではありません。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事が少しでも役に立ったらシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
トップへ
目次
閉じる