MENU
カテゴリー
アーカイブ
「記事を見て欲しい時」のための"ブログ添削記事添削サービス"!超具体的フィードバックで記事が生まれ変わる

【ブログ初心者向け】記事の書き方8ステップ【PVが2倍になってファンが着く】

URLをコピーする
URLをコピーしました!
悩む人

ブログ記事の書き方が、イマイチよく分かりません。

どう書けば良いんでしょうか?

そんな悩みを解決します。

この記事で分かること
  • ブログ記事の書き方【8ステップ】
  • 分かりやすい文章を書くコツ
  • ブログ記事を書く際によくある質問
  • 【おまけ】大切なのは「疑問を抱かせないこと」

この記事を書いている人

ため(@tame3_tame3

いざ記事を書こうとすると

・記事の書き方が分からない
・どうやって書けば良いの??

って思いますよね?

僕もブログ初心者の頃は、いつも思っていました。

ため

ただ、その状態で書いても、記事が読まれなかったです。月間10PV、多くて30PVでしたね。

しかし、ブログ記事を書いているうちに

ブログ記事には書き方がある!

ことに気づきました。

そこで今回は、ブログ記事の書き方を8ステップで解説。分かりやすい文章を書くコツについてもお伝えします。

ため

本文を読めば、分かりやすくて伝わる記事がスラスラ書けるようになりますよ。

それによって

  • PV数が2倍に
  • ファンの定着

も夢ではありません。

ため

それでは、本文を見ていきましょう。

目次

\ みんな使い始めてる /

WordPressテーマSWELL【あなたのブログ生活を180度変える魔法のテーマ】

HTML/CSSを操作する必要が一切ない

・機能が豊富!カスタマイズサイトを見て自作する必要が無い!
・上位表示されやすい「JSON-LD」に対応!検索TOP10連発も夢じゃない

・だから、1/2の労力でライバルに圧倒的な差を付けられる!(非常に有利になる)

結論:(短期間で)ブログを資産化したり、人気ブロガーになるのも夢ではありません!

参考【SWELLレビュー】ブログが楽しくなって継続がラクになるWordPressテーマ

ブログ記事の書き方【8ステップ】

ブログ記事の完成図

早速、ブログ記事の書き方をステップ形式でお伝えします。

ブログ記事の書き方
  1. 記事構成を作る
  2. 見出し文を書く
  3. 記事本文を書く
  4. 記事のまとめを書く
  5. 記事の導入文を書く
  6. 記事のタイトルを書く
  7. メタディスクリプションを書く
  8. 最後の仕上げとして文章を推敲する

一つずつ説明しますね。

ステップ①:記事構成を作る

記事構成例

まずは、記事構成を作りましょう。

なぜなら、何を書けば良いのか分かるからです。

具体例

例えば、本記事の構成はこんな感じ。

  • ブログ記事の書き方【8ステップ
  • 分かりやすいブログ記事を書くコツ
  • ブログ記事を書く際によくある質問
  • 【おまけ】大切なのは「疑問を抱かせないこと」
ため

これだと、書くべきことが一目瞭然ですよね。

「何を書こう!」って悩むこともありません。

なので、最初に記事構成を作りましょう!

記事構成の作り方は、ブログの記事構成の作り方7ステップ【真似するだけの無料テンプレート付き】をご覧ください。

ステップ②:見出し文を書く

次は、見出しを作りましょう。

というのも

  • SEO対策になる
  • 記事が読まれる

からです。

SEO対策になる

まずはSEO対策になる。

検索エンジンは見出しによって、記事の内容を認識します。

ため

なので、見出しをしっかり作れば上位表示されますよ。

読まれるようになる

次は、読まれる。

読者は見出しを拾い読して、「記事を読むか読まないか」を決めています。

読者の多くは、見出しを拾い読みし、読むべき記事を無意識に選んでいるといわれています。読者の興味や関心をそそるような見出しがあれば、その記事は読まれることになります。

逆に言えば、見出しに魅力が感じられないと、記事まで読んでもらえないということになります。見出しが記事の70%を語ると言われるゆえんです。

引用:メディアラボ
ため

なので、見出しをしっかり作れば記事が読まれますよ。

見出しの作り方を知りたい人は、【初心者向け】ブログ記事の見出しの作り方・使い方【コツも詳しく解説】をご覧ください。

ステップ③:記事本文を書く

次は、本文を書きましょう。

各見出しに沿って、必要な情報を書いていきます。

本文の型

ブログ記事本文を執筆する際、下記の型を使ってください。

PREP法

  • 結論・・・伝えたいことを書く
  • 理由・・・結論の根拠を書く
    ※資料の引用、データ、グラフも効果的
  • 具体例・・・たとえを使って理由を解説
    ※実例や体験談も効果的
  • 結論・・・もう一度伝えたいことを書く

SDS法

  • 概要・・・伝えたいことを書く
  • 詳細説明・・・概要を詳しく説明
    ※実例や体験談も効果的
  • まとめ・・・結論や要点を書く

なぜなら

  • 情報が整理されて分かりやすくなる
  • 論理的な文章になって理解しやすくなる

からです。

詳しくは、ブログ記事「本文」の書き方【テンプレートに沿って具体的に解説】をご覧ください。

ステップ④:記事のまとめを書く

次は、記事のまとめを書きましょう。

文章の終わり方は、読者が次に取る行動を決める部分。

ため

収益やPVに直結するので、しっかり書いてください。

まとめの書き方

まとめの書き方です。

まとめの書き方
  1. 要点を箇条書きで書く
  2. 結論を書く
  3. ベネフィットを書く※悩みが解決することを伝えます
  4. エンドベネフィットを書く※悩みが解決した結果、どうなるのかを伝えます
  5. 次の行動を促す一文を書く
ため

この5つのポイントを押さえれば、収益やPVを増やせますよ。

具体的な書き方は、ブログ記事の「上手な」まとめ方【書き方をテンプレートで具体的に解説】で書いています。

ステップ⑤:記事の導入文を書く

次は、導入文を書きましょう。

リード文で読者を惹きつけられれば、本文が読まれます。

ため

そうすると、記事を読む時間が長くなるので、検索エンジンが評価。検索順位を上げてくれますよ。

導入文の書き方

導入文では、下記を書きます。

導入文の書き方
  1. 解決したい悩みを明確に書く
  2. 「そんな悩みを解決します」と書く
  3. 箇条書きで記事の内容を書く
  4. 記事の信頼性を書く
  5. 結論と理由を書く
  6. 失敗談・成功談を書く
  7. 「そこで今回は(記事のテーマ)についてお伝えします」と書く
  8. ベネフィットを書く※悩みが解決することを伝えます
  9. エンドベネフィットを書く※悩みが解決した結果、どうなるのかを伝えます
  10. 「それでは、本文を見ていきましょう」と書く
ため

ちょっと多いかもですが、これを書けば読者の心を掴めますよ。

詳しくは、魅力的なブログの導入文(リード文)の書き方【テンプレート&例文あり】で解説しています。

ステップ⑥:記事タイトルを書く

次は、記事タイトルを書きましょう。

悩む人

最初に書かないんですか?

と思うかもしれませんが、後に書いてください。

ため

というのも、記事本文と記事タイトルがズレないからですね。

記事タイトルの決め方

記事タイトルの決め方です。

下記のステップを意識してください。

STEP
上位5記事のタイトルを見る
STEP
想定読者が欲しい情報を洗い出す
STEP
想定読者の心が動くフレーズを選ぶ
ため

そうすれば、読者の心に刺さる記事タイトルが作れますよ。

記事タイトルの作り方を知りたい方は、下記をご覧ください。

記事タイトルの決め方

ステップ⑦:メタディスクリプションを書く

次は、メタディスクリプションを書きましょう。

というのも、記事タイトルよりもクリック率に影響を与えるからです。

クリック率とは?

クリックされた割合です。

例):クリック率60%の場合
・検索結果に100回表示され、その内60回クリックされた

ため

実際に、こんなことが分かっています。

メタディスクリプションのあるページは、ディスクリプションのないページと比較してCTRが5.8%優れていることがわかりました。

引用:We Analyzed 5 Million Google Search Results. Here’s What We Learned About Organic CTR

メタディスクリプションの書き方

メタディスクリプションの書き方は、下記の4パターン。

パターン①
  1. ターゲットを書く
  2. 悩みが解決することを伝える
  3. 記事の概要(内容)を説明する
パターン②
  1. ターゲットを書く
  2. あなたの実績+記事の概要を書く
  3. 解決できる悩みを書く
パターン③
  1. ターゲットを書く
  2. あなたの実績+記事の概要を書く
  3. 顕在ニーズ+潜在ニーズが解決できることを書く
パターン④
  1. ターゲットを書く
  2. 悩みが解決することを伝える
  3. あなたの実績+記事の概要を書く

書き方のコツは、メタディスクリプションとは?|書き方・コツ・文字数などを解説【テンプレ付き】をご覧ください。

ステップ⑧:最後の仕上げとして文章を推敲する

最後は、文章を推敲しましょう。

推敲を一言で言うと、「明瞭な文章にすること」

  • 分かりにくい表現があれば、分かりやすい表現にする
  • 論理が通っていなければ、論理が通るようにする

などを行います。

ため

明瞭な文章にするだけで


・記事を読まれる時間が伸びて検索順位が上がる
・アフィリエイトリンクが踏まれやすくなる



こんなメリットがあります!

やり方を知りたい人は、文章推敲のやり方&コツを解説【結論、PV・収益UPに直結します】をご覧ください。

分かりやすいブログ記事を書くコツ

ここからは、分かりやすいブログ記事を書くコツをお伝えします。

分かりやすいブログ記事を書くコツ
  1. 平坦な言葉を使う
  2. 一文一義を徹底する
  3. 言葉の重複を避ける
  4. 文章のねじれに注意する
  5. 一文を40文字以内に収める
  6. 理由(根拠)をしっかり書く
  7. 具体例では誰でも分かるたとえを使う
  8. 専門用語には必ず補足説明を追記する
  9. 読者と会話しているイメージで執筆する
  10. 内部リンクと外部リンクを積極的に使う

一つずつ見ていきましょう。

コツ①:平坦な言葉を使う

1つめは、平坦な言葉を使う。

難しい表現だと伝わらないので、シンプルな表現を使いましょう。

具体例

下記の文章を読み比べてみてください。

SEOを成功させる要因の一つはCTR。

CTRが高ければランキングが上がり、CTRが低ければランキングが下がります。

ため

伝わり方が違いますよね。

  • 専門用語を言い換える
  • 難しい言葉を簡単な言葉にする

上記を意識すると良いですよ。

コツ②:一文一義を徹底する

2つめは、一文一義を徹底する。

一文一義とは?

一つの文章に一つの情報しか書かないことです。

例)
・今日のてんきは晴れ。気温は24度ある。

ため

一文一義を厳守すると、分かりやすい文章になります。

その結果、PVが増え、アフィリエイト収益も発生しますよ。

コツ③:言葉の重複を避ける

3つめは、言葉の重複を避ける。

同じ文言が続くと読みづらくなるので、文言を変えましょう。

具体例

下記の文章を読んでみてください。

ブログ記事を書く際に大事なのは、論理的に考えることです。

なぜなら、論理的な文章を書く必要があるからです。

例えば、結論 → 理由 → 具体例 → 結論です。

これは、論理的につながっているのです。

ため

例①はつまった感じがしますが、例②は流れるように読めますよね。

このように、同じ文言が続くと読みづらくなるので、文言を変えましょう。

重複しないためには?

同じ言葉が続かないようにするには

  • 一文ずつ語尾を変える
  • 言い換え・類語を使う

と良いです。

事実、例②の文章は文言が重ならないように類語を使用。語尾も一文ずつ変えています。

ため

難しそうに思えますが、文章推敲のツール(無料)を使えば大丈夫です。

自動でチェックしてくれますよ。

コツ④:文章のねじれに注意する

4つめは、文章のねじれに注意する。

文章のねじれとは?

主語と述語が噛み合っていないことです。

例):
・私の日課は、ブログを書きます。
 →正しくは、「私の日課は、ブログを書くことです」

主語と述語が噛み合っていないと、読みづらくなります。

ため

ぶっちゃけ


・ページがすぐ閉じられる
・検索順位が下がる
・収益が発生しない


の原因ですね。

「読み上げアプリ」を使えば対策ができる

文章のねじれ対策としておすすめなのが、読み上げアプリ。(無料)

自分が書いた記事を機械が読んでくれるので、文章のねじれにすぐ気づけます。

ため

さらに、こんなメリットも...

  • 誤字脱字に気付ける
  • リズム・テンポが分かる
  • 言い回しが伝わるかどうかが分かる

これは、入れない理由が無いですよね。

参考リンク

>>Google Chrome™のテキスト読み上げ

※クリックすると外部サイトへ移動します

コツ⑤:一文を40文字以内に収める

5つめは、一文を40文字以内に収める。

40文字以内に収めると短文になるので、読みやすくなりますよ。

40文字以内に収めることは理に適っている

そればかりか、40文字以内に収めることは理に適っています。

ため

なぜなら、


・人の集中力はわずか8秒
・人が1秒間で読めるのは5文字


だからです。(8×5=40文字)

なので、40文字以内を意識しましょう。

下記のchrome拡張機能を使うと、簡単に文字数が数えられますよ。

参考リンク

>>簡単文字数カウント(無料)

※クリックすると外部サイトへ移動します

コツ⑥:理由(根拠)をしっかり書く

6つめは、理由(根拠)をしっかり書くこと。

理由(根拠)とは

  • 本文の信憑性を担保する
  • 読者を納得させる

ものです。

ため

なので、しっかり書いてくださいね。

と言われてもピンと来ないと思うので、具体例を見ていきましょう。

理由(根拠)が無い場合

まずは、理由(根拠)が無い場合です。

WordPressテーマSWELLは国内で最速!なので、快適にブログが観覧できます!

と言われても、信じられないですよね?

ため

これは根拠が無く、


・信憑性がゼロ
・納得しない


からです。

理由(根拠)がある場合

では、理由(根拠)がある場合はどうでしょう?

WordPressテーマSWELLは国内で最速!なので、快適にブログが観覧できます。

人気テーマと速度比較をした検証データを見ていきましょう。

出展:しごとFUNくらぶ

「本当だ!」と思って、信じますよね?

ため

これは根拠があって


・信憑性が100%
・納得した


からですね。

このように、理由(根拠)は

  • 本文の信憑性を担保する
  • 読者を納得させる

ものです。

なので、しっかり書いてくださいね。

ため

・データ
・グラフ

などを使うのも効果的です。

ところで、SWELLってどんなWordPressテーマ??

悩む人

ところで、SWELLってどんなWordPressテーマなんですか?

ため

2019年にリリースしたWordPressテーマです。

最大の特徴は、

  • マウス操作だけで使える
    ⇒ HTML/CSSの操作が不要
  • ビジュアルを確認しながら装飾が施せる
    ⇒ 投稿画面 → プレビューの行ったり来たりが無い

こと。

ため

「百聞は一見に如かず」なので、実際の動画をご覧ください。

マウス操作だけで使え、ビジュアルを確認しながら装飾が施せる

ため

このおかげで、執筆に専念できるできる。

記事作成時間が、2h短縮しましたね。

詳しくは、下記にまとめています。

関連記事

>>【満足度4.5】SWELLを使った感想レビュー|デメリット4つ・メリット7つを解説

コツ⑦:具体例では誰でも分かるたとえを使う

7つめは、具体例では誰でも分かるたとえを使うこと。

具体例とは、イメージを促すことによって理解させるものです。

ため

なので、みんなが知っていることを、たとえに使いましょう。

具体例

具体例をあげますね。

引き寄せの法則は、同じ波動の人を引き寄せます。

例えば、交流会に行ったとしましょう。学生時代に剣道をやっていた人は剣道をやったいた人同士でグループを作ります。

それと同じで

  • 精神的なレベルが高い人には精神的なレベルが高い人
  • 精神的なレベルが低い人には精神的なレベルが低い人

が集まるのです。

ため

例①は「は?」となりますが、例②はすんなり分かります。

繰り返しになりますが、

具体例とは、イメージを促すことによって理解させるものです。

なので、みんなが知っていることを、たとえに使いましょう。

ため

その他


・実際の出来事
・体験談


を使用するのもおすすめです。

コツ⑧:専門用語には必ず補足説明を追記する

8つめは、専門用語簡単な追記すること。

難しい言葉に、簡単なな解説があると分かりやすくなります。

具体例

具体例を見ていきましょう。どちらが、分かりやすいですか?

アフィリエイトで稼ぐなら、承認率が大事です。

承認率が高いと稼げますが、承認率が低いと稼げません。

ため

例②ですよね。

難しい言葉に、簡単な解説があると分かりやすくなります。

ため

なので、専門用語には必ず補足説明を書いてくださいね。

コツ⑨:読者と会話しているイメージで執筆する

9つめは、読者と会話しているイメージで執筆する。

これをやれば、

  • 何をどう伝えれば良いのかが分かる
  • どんな言い回しだと理解できるのかが分かる

ので、明解な記事が作れますよ。

ポイントは2つあります

読者と会話しているイメージで執筆する際のポイントは、2つあります。

  1. ペルソナを作る
  2. 読み上げアプリを使う

①:ペルソナを作る

まずは、ペルソナを作る。

ペルソナとは?

記事を読んで欲しい人のことです。


・過去の自分
・会社で仲が良い人
・今現在一番親しい人


が該当します。

ちょっと抽象的になりますが、ペルソナを作ると、脳内でその人と会話をします。

ため

そのやり取りを本文にすればOKです。

具体的な作り方については、下記をご覧ください。

関連記事

>>【ブログ初心者向け】ペルソナとは?重要性・作り方設定方法を解説【顔が思い浮かべばOK】

②:読み上げアプリを使う

次は、読み上げアプリを使う。

ため

本文を聞けるので、会話しているような記事が作れます。

参考リンク

>>Google Chrome™のテキスト読み上げ

※クリックすると外部サイトへ移動します

コツ⑩:内部リンクと外部リンクを積極的に使う

9つめは、内部リンクと外部リンクを積極的に使う。

内部リンク・外部リンクとは?

・内部リンク・・・自分のブログの個別記事を貼る
・外部リンク・・・外部サイトの記事を貼る

これらを使用すると

  1. 情報過多になって複雑な記事を作らなくて済む
  2. それによって、シンプルな記事が作れる

ので、めちゃくちゃ分かりやすくなります。

ため

さらに


・記事と記事の行き来ができる
・読者が必要としている情報を網羅できる


ので、SEOで評価されますよ。

ブログ記事を書く際によくある質問

ここでは、ブログ記事を書く際によくある質問に回答します。

ブログ記事を書く際によくある質問
  • 記事の文字数はどれぐらいが良いの?
  • 理由・具体例には何を書けば良いの?
  • 記事に情報を詰め込んだ方が良いの?

一つずつ見ていきましょう。

記事の文字数はどれぐらいが良いの?

2,000文字以上です。

じゃないと検索結果に表示されません。

記事に情報を詰め込んだ方が良いの?

抽象的になりますが、「その記事で書くべき情報は全て詰め込む」と良いですね。

例えば、本記事の場合、「ブログの書き方」についての記事です。なので、「ブログの書き方に関する情報」を網羅的に伝える必要があります。

悩む人

じゃあ、どのぐらい深く伝えれば良いの?

と思うはずなので、具体例を出して考えていきましょう。

深堀は別記事に誘導

本記事は「ブログの書き方」をテーマにした記事なので、

  • 導入文の書き方
  • まとめの書き方

などにも触れる必要があります。

ため

しかし、


・詳しく説明するとテーマから脱線する
・とは言え、気になる読者が出てくる


のも事実。

そのような場合は、

という個別記事に誘導すればOKです。

誘導例

具体的には、

  1. 個別記事用のh3を作る
  2. 個別記事の概要を伝える
  3. 文末に個別記事のリンクを貼る

ですね。(下記画像を参照)

【おまけ】大切なのは「疑問を抱かせないこと」

最後にブログ記事を書く上で、大切なことをお伝えします。

それは

疑問を抱かせないこと

です。

ため

なぜなら


ユーザーは「悩みを解決=疑問を全て解消するためにブログを見る」


から。

NG例

例えば、「ブログ 記事本文 書き方」と検索したとしましょう。

クリックした記事の内容が、下記だったらどうでしょうか?

  1. ブログ記事本文の書き方
    1. PREP法
    2. SDS法
  2. まとめ
  • 例①・・・「それだけ?」
  • 例②・・・「具体的にはどういう書き方?」
  • 例③・・・「そもそも、SDS法ってなに?」

という疑問が浮かびますよね。

ため

疑問が浮かぶということは、悩みが解決できていない証拠です。

OK例

ところが、クリックした記事が下記だったらどうでしょう?

  1. ブログ記事本文の書き方
    1. PREP法
      1. 書き方例
    2. SDS法
      1. 書き方例
  2. PREP法とSDS法の使い分け【効果的な使い方】
  3. まとめ

疑問が浮かばないですし、「分かりやすい」ですよね。

ため

これは、「悩みが解決できている証拠」です。

疑問を抱かせないためには?

悩む人

じゃあ、どうすれば良いんですか?

ため

分かりやすいブログ記事を書くコツを意識してください。


というのは、「疑問を抱かせないための技術」でもあるからです。

駆使すれば

  • 分かりやすくなる
    • 疑問が浮かばない=悩みが解決できる
  • その結果、記事が読まれる
    • PV増が期待できる
    • 収益増が期待できる

ようになりますよ。

【ブログ初心者向け】記事の書き方8ステップ【PVが2倍になってファンが着く】:まとめ

今回は、ブログ記事の書き方8ステップ・分かりやすい文章を書くコツについてお伝えしました

今回ご紹介した書き方は、基本中の基本です。

とは言え、ほとんどの人ができていません。

ため

なので、基本を押さえるだけで「読まれる記事」が作れます。

それによって

  • PV数が2倍に
  • ファンの定着

も夢ではありません。

ため

ぜひ、マスターしてくださいね!

ブログ初心者の方へ。次は読みやすくしましょう

ブログの書き方を習得したら、読みやすくしましょう。

なぜなら、PVが増えてファンが着くからです。

ため

具体的な方法は、下記で解説しています。

読みやすくする方法

今回は以上です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事が少しでも役に立ったらシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる