書けば書くほどストレスがなくなるSWELLの評判・口コミはこちらclick

稼ぐためのアフィリエイト広告リンクの貼り方【タイミングと場所が物を言う】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

「アフィリエイト広告リンクってどうやって貼れば良いの?」

「アフィリエイト広告リンクは、どこに貼るのが効果的?」

「クリック率を増やす方法が知りたい…」

ブログの収益化で最も大事なのが「アフィリエイト広告リンクの貼り方」。

今回ご紹介する貼り方を駆使したところ、クリック率を10倍に増やすことができました。

この記事を書いている人
  • ためブロ 管理人
    (ASP収益5桁・ブログ収益6桁・上位表示多数)
  • 2020年2月にブログを開設
    (ジャンル:ブログ関連)
  • フリーランス
    (Web×マーケティング:最高月収68万円)
  • 専門書を年間200冊読破
    (ジャンル:Web×マーケティング)

アフィリエイト広告リンクの貼り方で伝えたいことは下記のとおり。

ポイント

  • アフィリエイトリンクの貼り方は5ステップ
    ①:ASPに登録する
    ②:案件を探す
    ③:広告主と提携する
    ④:広告リンクを取得する
    ⑤:広告リンクを貼る
  • アフィリエイト広告リンクを貼るタイミングは「読者が行動を起こすとき」
    ①:「欲しい」と思ったとき
    ②:続きが気になるとき
    ③:あると便利だなと感じたとき
    ④:記事を読み終えたとき
  • アフィリエイト広告を貼る場所は6ヵ所
    ①:目次上
    ②:記事本文
    ③:見出し上
    ④:手順解説
    ⑤:有益情報のすぐ後
    ⑥:最後のまとめの文末
  • クリック率を上げるコツは3つ
    ①:リンクのテキストを公式サイトのURLにする
    ②:クリックを誘発するためにテキストリンクを使う
    ③:代替え案として違う商品のリンクを貼る
    【注意】画像広告は使わずテキスト広告を使う

ただ、しっかりポイントを押さえないと、「全然稼げない…いつになったら収益が発生するの?」となるのが事実。(僕はそれで4ヵ月間苦しみました)

そうならないためにも、「アフィリエイト広告リンクの貼り方・貼るタイミング・貼る場所・クリック率を上げるコツ」を詳しく解説します。

目次

アフィリエイト広告リンクの貼り方

まずは、アフィリエイト広告リンクの貼り方をお伝えしますね。

アフィリエイト広告リンクの貼り方5ステップ
  1. ASPに登録する
  2. 案件を探す
  3. 広告主と提携する
  4. 広告リンクを取得する
  5. 広告リンクを貼る

ステップ①:ASPに登録する

まずは、ASPに登録しましょう。

なぜなら、アフィリエイト広告を掲載するにはASPに登録する必要があるからです。

ため

初心者におすすめのASPは次の3つ。審査がないので、すぐ登録できますよ。

初心者におすすめのASP

その他のASPについては、下記の記事をご覧ください。

>>関連記事【2022年版】アフィリエイトASPおすすめ9選【ブログの収益化に必須です】

ステップ②:案件を探す

ASPに登録したら、案件を探しましょう。

もしもアフィリエイトを例にあげて、説明しますね。

案件の探し方

管理画面のトップページ上部にある検索窓に、「商品名orキーワード」を入力します。
「検索」をクリックします。
アフィリエイト案件が表示されます。

画面の左上のカテゴリーからも検索することができます。

ため

案件数が豊富なので、どんな広告があるのかを確認してみると良いですよ。

ちなみに、売れる案件・稼げる案件の選び方については、下記の記事をご覧ください。

>>関連記事:売れる!稼げる!アフィリエイト商品(商材)の 選び方&コツ

ステップ③:広告主と提携する

案件が見つかったら、広告主と提携しましょう。

画面中央にある「提携申請する」をクリックしてください。

「提携申請」をすると、「提携中」というステータスに変わります。

「提携中」になれば、アフィリエイト広告のリンクを貼ることができますよ。

審査がある場合

案件によってですが、「提携申請」をすると「審査中」というステータスになるものがあります。

これは広告主が「広告を貼るのに相応しいかどうか」を審査しており、審査に合格するとメールが届きますよ。

ただ、ブログの記事数が少なったり、案件と違うジャンルだったりすると審査に落ちることも…

その場合は

  1. 案件と同じジャンルの記事数を増やし
  2. 再度、提携申請をする

と審査に合格する可能性が高まります。

ため

運営中の別ブログでの話です。

ある転職エージェントの案件に提携申請をしたところ、記事数が少なくて審査に落ちました。(当時は3記事しかなかった)

そして、転職エージェントカテゴリーの記事を5記事ぐらい増やして再チャレンジしたら、審査に合格したのです。

ステップ④:広告リンクを取得する

広告主と提携したら、広告リンクを取得しましょう。

「プロモーション検索」>「提携中プロモーション」と進み、「広告リンクへ」をクリックしてください。

「テキスト」をクリックし、赤背景色の部分をコピーします。

ステップ⑤:広告リンクを貼る

広告リンクを取得したら、それをブログに貼りましょう。

基本的には「テキスト」と「ボタン」に広告リンクを設置するので、両方の貼り方を解説しますね。

テキストに広告リンクを貼る方法

文章を入力します。
リンクを貼りたい文章を選択します。
ツールバーの「リンク ctrl+k」をクリックします
広告リンクのURLを貼り、Enterキーを押します。
テキストに広告リンクが貼れました。

ボタンに広告リンクを貼る方法

「ボタン」を呼び出します。
「href=」に広告リンクのURLを貼ります。
ボタンのテキストを入力して、完了です。

上記のような感じです。

ため

この2つさえマスターすれば完璧ですよ。

アフィリエイト広告リンクを貼るタイミング

続いて、アフィリエイト広告リンクを貼るタイミングについてお伝えします。

タイミングが分かるようになると、「どこにどんな広告を貼れば良いのかが判断できる」ので、クリックされやすくなりますよ。

【大前提】読者が行動を起こすとき

大前提として、読者が行動を起こすときに広告リンクを貼りましょう。

下記は売れる!稼げる!アフィリエイト商品の選び方を解説した記事ですが、「商品を探すためにはASPの登録が必須」であることを説明した後、おすすめのASPを紹介しています。

ため

「広告を貼るためにはASPの登録が必要」⇒「だからASPに登録しよう」という流れなので、違和感がありませんよね。

むしろ、「そうなんだ!アフィリエイトで稼ぐためにはASPの登録が必要なんだ」と思って、クリックするはずです。

このように、読者が行動を起こすときに広告リンクを貼りましょう。

その①:「欲しい」と思ったとき

具体的なタイミングとして、まず挙げられるのが「欲しいと思ったとき」

例えば、下記は商品・サービスを利用して得られるメリットを説明した後に広告リンクを貼っています。

ため

上記のように貼ると、商品・サービスを利用して得られるメリットを読んだ人が、「お?これいいな。使ってみよう」と思うので、広告リンクがクリックされやすくなるのです。

その②:続きが気になるとき

次に挙げられるのが、「続きがきになるとき」

例えば、下記のように「サービスの概要・サービスの魅力」を説明した後、「詳細を見る」ボタン・「公式サイト見る」ボタンを設置します。

出典:転職エージェントZ
ため

このように貼ると、続きを気になった人が「もっと詳しく知りたい」と思うため、広告リンクがクリックされやすくなるのです。

その③:あると便利だなと感じたとき

その次に挙げられるのが、「あると便利だなと感じたとき」

例えば、下記はWordPressテーマSWELLのレビュー記事ですが、「文章が続いているとき」に設置しています。

ため

こうすることで、読者が「すぐ詳細を確認できて便利!」と感じるため、広告リンクがクリックされやすくなるのです。

イメージ的には、「ハードな部活の練習が終わった後に、マネージャーからサッとポカリスエットを渡されて、ついつい飲んでしまう」感じですね。

その④:記事を読み終えたとき

最後に挙げられるのが、「記事を読み終えたとき」

例えば、下記のようにまとめに広告リンクを設置する感じですね。

最後まで読んだ読者は、次に取るべき行動を求めているもの。

そのため、アフィリエイトリンクが貼ってあると「次はこれをすれば良いんだな!」と無意識に思うので、広告リンクが踏まれやすくなります。

ため

「欲しいと思ったとき」
「続きが気になるとき」
「あると便利だなと感じたとき」
「記事を読み終えたとき」


を意識して、アフィリエイトリンクを設置しましょう。

アフィリエイト広告リンクを貼る場所【クリックされやすい位置】

続いて、アフィリエイト広告のリンクを貼る場所についてお伝えします。

ため

タイミングが分かっても「どこに貼れば良いのか」が分からないとリンクが踏まれないので、しっかり押さえましょう。

アフィリエイト広告リンクを貼る場所
  • 目次上
  • 記事本文
  • 見出し上
  • 手順解説
  • 有益情報のすぐ後
  • 最後のまとめの文末

その①:目次上

ため

目次上に広告リンクを設置しましょう。

なぜなら

  • 「すぐリンクを踏んで商品をチェックしたい人」が一定数いる
  • 「最後まで読んだあと、記事トップに戻りリンクをクリックする人」が一定数いる

からです。(ちなみに、僕は後者のタイプです)

なので、目次上に広告リンクを設置してくださいね。

その②:記事本文

ため

記事の本文に広告リンクを貼りましょう。

読者は「これいいな~!」と思った時に、リンクをクリックするもの。

そのため、すぐリンクを踏める状態にしておけば「分かってる!」「気が利くじゃん!」と感じ、リンクが踏まれやすくなります。

ため

強調したい部分にリンクを貼ると効果的です。

その③:見出し上

ため

見出し上にリンクを貼りましょう。

例えば、下記の場合。「WordPressテーマSWELLのデメリット」を解説した後(メリットの見出しの上)に、広告リンクを貼っています。

こうすることで、“SWELLを買いたいけどデメリットが気になる人”が、「疑問が解決したし、SWELLを購入しよう!」思うため、広告リンクがクリックされやすくなるのです。

その④:手順解説

ため

手順を解説した際にリンクを貼りましょう。

下記のように、必要な手順としてアフィリエイト広告を貼ると、リンクがクリックされやすくなります。「必要だから踏まなくちゃ」と思うからです。

ため

白衣を着たお医者さんに、「運動しないと糖尿病になるよ」と言われたら運動するように、人は必要を感じたときに行動します。

なので、手順解説などで「アフィリエイトリンクを踏むことが必須ですよ」とアピールし、必要性を感じさせましょう。

その⑤:有益情報のすぐ後

ため

有益情報のすぐ後にリンクを貼りましょう。

有益な情報を紹介した後だと、興味が湧いて「どんなものか見てみたい」と思うので、リンクがクリックされやすくなります。

例えば、

など。

本を紹介した後に商品リンクを貼っている
ため

このようなタイミングでアフィリエイト広告を設置すると良いですよ。

その⑥:最後のまとめの文末

ため

最後のまとめの文末にリンクを貼りましょう。

前述でもお伝えしたとおり、記事を最後まで読んだ読者は次の行動を求めています。

そのため、まとめの文末にリンクがあると「次はこれをすれば良いんだな」と思うので、クリックされやすくなるのです。

ため

また、まとめ文と合わさって購入のモチベーションを上げたり、購入したい読者に適切なアプローチができたりします。

アフィリエイト広告リンクのクリック率を上げるコツ

ここでは、アフィリエイト広告リンクのクリック率を上げるコツをお伝えします。

アフィリエイト広告リンクのクリック率を上げるのコツ
  1. リンクのテキストを公式サイトのURLにする
  2. クリックを誘発するためにテキストリンクを使う
  3. 代替え案として違う商品のリンクを貼る

コツ①:リンクのテキストを公式サイトのURLにする

リンクのテキストを公式サイトのURLにするだけでも、クリック率が上がります。

読者は無意識で「絶対にアフィリエイト広告を踏みたくない」と思っているもの。なので、「>>国内シェアNo.1!安定性が抜群で収益が伸びるエックスサーバー」というようなリンクはクリックされません。

が、リンクのテキストを公式サイトのURLにすると、読者は安心して「これは大丈夫!」と感じます。それにより、アフィリエイト広告リンクがクリックされやすくなるのです。

テキスト広告の場合

公式サイトURLの場合

ため

実際に僕はこのように貼ってから、クリック数が10倍も伸びました。また、僕がサポートしている初心者ブロガーの方も、クリック数が5倍ぐらい伸びましたね。

そこで学んだことですが、「アフィリエイト感をいかに出さないか」。これがめちゃくちゃ大事です。

コツ②:クリックを誘発するためにテキストリンクを使う

クリックを誘発する方法として、テキストリンクは使えます。

ため

例えば、エックスサーバーの魅力を伝えたことで、エックスサーバーに興味を持った読者がいるとしましょう。

その人は、「>>国内シェアNo.1!安定性が抜群で収益が伸びるエックスサーバー」というリンクを見たら、「これは押したくない!」と不快感を感じます。

が、内心ではエックスサーバーを契約したいという欲求が呼び起こされ、「エックスサーバーを使いたい!」という強烈な思いが芽生えるのも事実。

そのタイミングで「公式 https//www.xserver.ne.jp」があると読者は「ここならクリックしても大丈夫だ」と思うため、ついついリンクを踏んでしまうのです。

ため

あえて

テキスト広告にて不快感を与えることで「潜在的な欲求」を呼び起こし、公式サイトのURL風のリンクでクリックさせる

ですね。

やり方としては、h3見出しの文末にテキスト広告、h2見出し上に公式サイトのURL風リンクが効果的ですよ。

クリックを誘発するテキストリンクの書き方

ブログ初心者の頃の自分

ところで、クリックを誘発するための文章のポイントは? どう書けば良いの?

ため

ポイントは「イメージできる言葉(普段使っている言葉)」を使うこと。書き方は「背中を押すような感じ」ですね。

良い例のように書くと、“利用している姿を想像”することができます。

それがトリガーとなって、読者の潜在的な欲求(=欲しい)を呼び起こせるのです。

上級心理カウンセラーの資格を持つ僕が解説

人はイメージできないと潜在的な欲求が呼び起こされない(=欲しいと思わない)ので、行動に移しません。が、イメージできると潜在的な欲求が呼び起こされる(=欲しいと思う)欲しい!」ため、行動に移しやすくなります。(詳しくは別の記事で解説させてください)

コツ③:代替え案として違う商品のリンクを貼る

代替え案として違う商品のリンクを貼るのも効果的です。

なぜなら、読者は商品を欲しがっているのではなく、「悩みの解決」「理想実現」を求めているから。

例えば、あなたがレンタルサーバーを選んだときのことを思い出してください。

エックスサーバーやConoHa WINGを使いたいのではなく、「ブログを運営して稼ぎたい」から、今使っているサーバーを選んだのではないでしょうか。

しかし、商品によっては、「これじゃあ悩みが解決しない」「これじゃあ理想が実現しない」と感じることが多々あるのも事実。

なので、代替え案を出すことによって、「これなら悩みが解決しますよ」「これなら理想が実現しますよ」とアピールする必要があるのです。

解説

上記は「WordPressテーマSWELLを紹介」している記事です。高機能・SEOに強いなどの魅力を伝えた後に、「テーマにお金をかけられない人には向いていない」と記載。

該当する人は「悩みを解決してくれない」「理想が実現できない」と感じると同時に、「でも欲しい…」と思います。

そこで、「テーマ代が相場よりも安く最強の機能性とカスタマイズ性を兼ね備えたAFFINGER6を選ぶと良いですよ」と伝え、「これならあなたの悩みが解決しますよ」「これならあなたの理想が実現しますよ」とアピールしているのです。

【注意】画像広告は使わずテキスト広告・ボタンリンクを使う

リンクを貼る際ですが、画像(バナー)広告は使わないでください。

理由は単純で、ネットに慣れている人は「画像(バナー)広告=踏んではいけない広告」だと認識しているからです。

ため

なので、画像(バナー)広告はNGです。使わないようにしましょう。

「テキスト広告」を使う

「じゃあ、何を使えば良いの?」と思うかもしれませんが、「記事内ではテキスト広告」を使用しましょう。

というのも、ネットに慣れている人は「テキスト広告=リンク」だと認識しているので、クリックされやすくなるからですね。

ため

そんな訳で、記事内ではテキスト広告を使ってくださいね。

ちなみに、Webの世界では「リンク=青」と認知されているため、リンク色は青にしましょう。Googleが採用している「#1a0dab」にすれば間違いありません。

「ボタンリンク」も効果的

加えて、ネットに慣れている人は「ボタンリンク=踏んでも良いリンク」だと認識しているため、ボタンでもクリックされるようになります。

が、多用すると目が慣れてしまうので、スルーされてクリックされなくなることも。

ため

なので、使用する際は、多くても2回~3回までにしましょう。

基本はテキスト広告、目次上・最後のまとめの文末はボタンリンクにすると良いですよ。

稼ぐためのアフィリエイト広告リンクの貼り方【タイミングと場所が物を言う】:まとめ

今回は、「アフィリエイト広告リンクの貼り方・貼るタイミング・貼る場所・クリック率を上げるコツ」についてお伝えしました。

内容をまとめるとこんな感じ。

ポイント
  • アフィリエイトリンクの貼り方は5ステップ
    ①:ASPに登録する
    ②:案件を探す
    ③:広告主と提携する
    ④:広告リンクを取得する
    ⑤:広告リンクを貼る
  • アフィリエイト広告リンクを貼るタイミングは「読者が行動を起こすとき」
    ①:「欲しい」と思ったとき
    ②:続きが気になるとき
    ③:あると便利だなと感じたとき
    ④:記事を読み終えたとき
  • アフィリエイト広告を貼る場所は6ヵ所
    ①:目次上
    ②:記事本文
    ③:見出し上
    ④:手順解説
    ⑤:有益情報のすぐ後
    ⑥:最後のまとめの文末
  • クリック率を上げるコツは3つ
    ①:リンクのテキストを公式サイトのURLにする
    ②:クリックを誘発するためにテキストリンクを使う
    ③:代替え案として違う商品のリンクを貼る
    【注意】画像広告は使わずテキスト広告を使う

もっとまとめると、「アフィリエイトリンクは、読者にとってベストなタイミング・最適な位置に貼る」こと。

そうすれば、クリックされて収益が発生するようになるので、少ないアクセスでも稼ぐことが可能です。

ため

実際に僕がサポートしている初心者ブロガーさんは、1ヵ月1,000アクセスしかありませんが、毎月3万円~5万円稼いでいますよ。

少ない記事数で稼ぐ!アフィリエイト商品の選び方

ちなみに、下記の記事では少ないアクセスで稼ぐために必須なアフィリエイト商品の選び方をまとめています。「少ないアクセスで稼ぎたい」方は、ぜひご覧ください。

>>関連記事:売れる!稼げる!アフィリエイト商品(商材)の 選び方&コツ

収益を増やすために必須なアフィリエイトツール14個

また、以下の記事では収益を増やすために必須なアフィリエイトツールを14個紹介。「今より収益を増やしたい」という方はチェックしてみてください。

>>関連記事:【初心者向け】ブログアフィリエイトに必須!おすすめツール14選

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事が少しでも役に立ったらシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
トップへ
目次
閉じる