書けば書くほどストレスがなくなるSWELLの評判・口コミはこちらclick

アフィリエイトキーワード選定のやり方を4つの手順で解説【選び方のコツも】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

「アフィリエイトキーワード選定ってどうやれば良いの?」

「稼げるキーワードを見つけるコツを知りたい」

「ライバルが強い時って、どう対処すれば良いの?」

アフィリエイトをするうえで必須なのが、「キーワード選定」。

キーワード選定をしっかりやれば、数件は成約するので、ブログで月3万円~5万円稼ぐことも夢ではありません。

この記事を書いている人
  • ためブロ 管理人
    (ASP収益5桁・ブログ収益6桁・上位表示多数)
  • 2020年2月にブログを開設
    (ジャンル:ブログ関連)
  • フリーランス
    (Web×マーケティング:最高月収68万円)
  • 専門書を年間200冊読破
    (ジャンル:Web×マーケティング)

アフィリエイトキーワードの選定方法は、下記のとおり。

ポイント

  • アフィリエイトキーワード選定のやり方
    手順①:売りたい商品を選ぶ
    手順②:キーワードの仮決めをする
    手順③:ライバルチェックをする
    手順④:検索意図を調べる
  • アフィリエイトキーワード選定の難易度
    ①:ビッグワード
    ②:ミドルキーワード
    ③:ロングテールキーワード
    ④:スモールキーワード(ニッチワード)
    ※ロングテールキーワード・スモールキーワードを選ぶべし
  • アフィリエイトキーワードの選び方のコツ
    ①:キーワードの言い換えを使う
    ②:複合キーワードを使う
    ③:商品のデメリットをキーワードにする
    ④:ずらしキーワードを使う

ただ、キーワード選定のやり方をミスって、「全然アクセスが集まらない」「記事を公開して1年経つけど、1個も売れない」なんてことがあるのも事実。

そうならないためにも、アフィリエイトキーワード選定のやり方を4つの手順で詳しく解説します。

目次

アフィリエイトキーワード選定のやり方
手順①:売りたい商品を選ぶ

まずは、売りたい商品を選びましょう。

理由は単純で、そもそも売りたい商品がないとアフィリエイトができないからです。

例えば、あなたが車のディーラーだとしましょう。

「カローラを売りたい!」と思っても、カローラがないと販売できませんよね?

商品がないとこれと全く同じ状態になります。

なので、売りたい商品を探しましょう。

ASPで商品を探す

売りたい商品の探し方です。

ASPの管理画面で商品検索をしましょう。

ため

イメージしやすいように、実例を出しますね。

例えば、「WordPressテーマSWELL」をアフィリエイトしたい場合。

例(WordPressテーマSWELLを売りたい場合)

STEP
もしもアフィリエイト」にログインする
STEP
検索画面に「SWELL」し、「検索」をクリックします
STEP
商品があるかを確認する

上記3ステップにて、WordPressテーマSWELLがあるのかを確認します。

ちなみに、おすすめのASP・稼げるアフィリエイト商品の選び方については、下記の記事で詳しく解説しています。ぜひご覧ください。

何個売りたいのかを決める

商品を見つけたら、「何個売りたいのか」を決めましょう。

なぜなら、売りたい個数によって販売の仕方が変わってくるからです。

目安
  • 1個~5個
    ①:アフィリエイト記事を上位表示させる
    ②:SNSの投稿にアフィリエイト記事のリンクを貼って、アクセスを流す
  • 5個~10個
    ①:アフィリエイト記事を上位表示させる
    ②:SNSの投稿にアフィリエイト記事のリンクを貼って、アクセスを流す
    ③:関連記事を作って上位表示させ、アクセスをアフィリエイト記事に流す
  • 10個~20個
    ①:アフィリエイト記事を上位表示させる
    ②:SNSの投稿にアフィリエイト記事のリンクを貼って、アクセスを流す
    ③:関連記事を作って上位表示させ、アクセスをアフィリエイト記事に流す
    ④:トップページ上部や記事下にアフィリエイト記事を貼る
    ⑤:キラーページやまとめ記事を作って、アフィリエイト記事を貼る
  • 20個以上
    ①:アフィリエイト記事を上位表示させる
    ②:SNSの投稿にアフィリエイト記事のリンクを貼って、アクセスを流す
    ②:関連記事を作って上位表示させ、アクセスをアフィリエイト記事に流す
    ④:トップページ上部や記事下にアフィリエイト記事を貼る
    ⑤:集客記事に収益記事のリンクを貼って、アクセスをアフィリエイト記事に流す
    ⑥:キラーページやまとめ記事を作って、アフィリエイト記事を貼る
    ⑦:商品ランキングを作ってアフィリエイト記事に誘導する
ため

このとおりなので、「何個売りたいのか」を決めましょう。

アフィリエイトキーワード選定のやり方
手順②:ツールを使ってキーワードの仮決めをする

次は、キーワードの仮決めをします。

キーワードの仮決めとは?

キーワードの仮決めとは、執筆するキーワードの候補を洗い出すこと。

キーワードの仮決めをすることによって、検索されていないキーワードで執筆しなくて済みます。なので、「アクセスが集まらない!」「全然売れない!」といった最悪の事態を回避することが可能です。

ラッコキーワードでサジェストワードを洗い出す

キーワードの仮決めは、ラッコキーワードを使って行います。

ラッコキーワードとは、無料のキーワードリサーチツール。「どのようなキーワードで検索されているのか?(=サジェストワード)」を抽出することができます。

ため

実際に「SWELL」で調べてみますね。

ラッコキーワードの使い方

STEP
ラッコキーワードにログインします
STEP
検索窓に「SWELL」と入力し、虫眼鏡ボタンを押します
STEP
候補となるキーワードを幾つかピックアップします

上記の感じで、キーワードの候補を決めていきます。

「どのように決めれば良いのか分からない…」という方は、下記の表を参考にしてみてください。

アフィリエイトキーワード一覧

疑問さえ解決すれば成約するキーワード

  • 〇〇 セール
  • 〇〇 最安値
  • 〇〇 予約
  • 〇〇 中古
  • 〇〇 安く 買う 方法
  • 〇〇 まとめ買い
  • 〇〇 無料お試し
  • 〇〇 資料請求
  • 〇〇 申し込み
  • 〇〇 導入
  • 〇〇 入会

実際に検索してみる

キーワードを選んだら、実際に検索してみましょう。

例えば、こんな感じです。

そうすることで

  • どんな記事が上位表示されているのか?
  • 読者はどんな情報を求めているのか?
  • 何を書けば良いのか?

をイメージすることができます。

ため

この際、気づいたことがあればメモしておくと良いですよ。

例えば、「上位記事は実際の口コミを使っている」「実際に使ってみた感想がない」などです。

アフィリエイトキーワード選定のやり方
手順③:ツールを利用してキーワードを絞り込む

次は、執筆するキーワードを具体的に絞り込んでいきます。

この作業をすることで、勝てないキーワード(ビッグキーワードやミドルキーワード)で記事を量産しなくて済むので、

  • 全然上位表示されない
  • 検索順位がずーっと100位のままだ
  • 記事を公開して半年経つけど、1個も売れてない

といったことを防ぐことが可能です。

Ubersuggestで検索ボリュームをチェックする

まずは、手順②で選んだキーワードの検索ボリュームを調べましょう。

検索ボリュームとは、1ヵ月の間に検索された回数のことです。数値が多ければ多いほど、アクセス数が増えます。

例えば、検索ボリュームが3000だった場合。月に3000回検索されているので、SEOで1位を取ればかなりの検索流入が期待できます。

ただ、検索ボリュームが多いキーワードはライバルが強い強い。大手企業サイトとかがいます。そのため、検索ボリュームをチェックして、最適なキーワードを見つける必要があるのです。

ため

まとめると

①:最適なキーワードを見つけ
②:そのキーワードで戦って上位表示を狙う

ってことですね。

検索ボリュームのチェック方法

検索ボリュームのチェック方法は、下記のとおりです。

検索ボリュームのチェック方法

STEP
chrome拡張機能版の「Ubersuggest」をインストールする
  1. PC版だと1日3回までしか使えないが、chrome拡張機能版だと1日40回確認できる
  2. 正確な数値を把握することができる
STEP
Googleの検索窓に「仮決めしたキーワード」を入力する
STEP
検索ボリュームをチェックする
ため

「これはいけそうだな!」と思ったら、そのキーワードを選んでください。

検索ボリューム100~1000のキーワードを選ぶ

キーワードを選ぶ際のコツですが、「検索ボリューム100~1000のキーワード」をチョイスしてください。

なぜなら

  • 検索ボリューム1000以上・・・ライバルが強すぎて上位表示されないから
  • 検索ボリュームが100以下・・・上位表示されやすいが、アクセスが集まらず消耗するだけだから
  • 検索ボリューム100~1000・・・そこそこ検索されており、上位表示されやすい(アクセスが集まる)から

です。

ため

なので、検索ボリューム100~1000のキーワードを選びましょう。

便宜上、「SWELL 口コミ(検索ボリューム480)」を選んだことにさせてください。

アフィリエイトキーワード選定のやり方
手順④:ライバルチェックをする

キーワードを選んだら、ライバルチェックをします。

ざっくり言うと、ライバルチェックとは「勝てる隙間を見つける」こと。しっかりやることで、競合を出し抜いて、アフィリエイト記事を上位表示させることが可能です。

検索1ページめのドメインパワーをチェックする

まずは、検索1ページめのドメインパワーを見ましょう。

ざっくり言うと、ドメインパワーとはGoogleの評価のこと。数値が高いほど、上位表示されやすくなります。が、数値が低いほど、上位表示されにくくなるのです。

ちなみに、このドメインパワーは記事が上位表示されるかされないかにも影響を与えており、

  • 検索1ページめのドメインパワーが高い・・・ライバルが強すぎるあまり、上位表示されにくい
  • 検索1ページめのドメインパワーが低い・・・ライバルが弱いため、上位表示されやすい

となります。

ため

目安は下記のとおりです。

ドメインパワーの目安
  • 撤退
    • 検索1ページめのドメインパワーが20以上
    • 検索1ページめにドメインパワーが10以下のサイトがひとつもない
  • 攻める
    • 検索1ページめのドメインパワーが20以下
    • 検索1ページめにドメインパワーが10以下のサイトが2~3つある

具体例

実際に、「SWELL 口コミ」のドメインパワーを見ていきましょう。

「SWELL 口コミ」のドメインパワー

「SWELL 口コミ」のドメインパワー
  • 検索1位:ドメインパワー20
  • 検索2位:ドメインパワー28
  • 検索3位:ドメインパワー26
  • 検索4位:ドメインパワー14
  • 検索5位:ドメインパワー30
  • 検索6位:ドメインパワー84
  • 検索7位:ドメインパワー31
  • 検索8位:ドメインパワー36
  • 検索9位:ドメインパワー15
  • 検索10位:ドメインパワー14

これだとライバルが強いので、上位表示が難しいかもしれません。

そんな時は、ドメインパワーが低いキーワードに変えると良いですよ。

キーワード変更例

実際にキーワードを変更してみましょう。

前述のとおり、「〇〇 口コミ」は”商品に興味を持ち、評判が気になる人”が検索するキーワード。そのため、下記の中から「代用できるキーワード」を探します。

商品に興味を持ち、評判が気になる人が検索するキーワード
  • 〇〇 評判
  • 〇〇 口コミ
  • 〇〇 評価
  • 〇〇 感想
  • 〇〇 レビュー
  • 〇〇 人気
  • 〇〇 体験

口コミとほぼ同じ意味なので、「〇〇 感想」を選んだことにさせてください。

ため

そうしたら、検索1ページめのドメインパワーを再度チェックします。

「SWELL 感想」のドメインパワー

「SWELL 感想」のドメインパワー
  • 検索1位:ドメインパワー20
  • 検索2位:ドメインパワー31
  • 検索3位:ドメインパワー84
  • 検索4位:ドメインパワー31
  • 検索5位:ドメインパワー17
  • 検索6位:ドメインパワー12
  • 検索7位:ドメインパワー11
  • 検索8位:ドメインパワー35
  • 検索9位:ドメインパワー6
  • 検索10位:ドメインパワー5

上記のとおり、検索1ページめにドメインパワーが10以下のサイトが2つあるので、「SWELL 感想」はライバルが弱くて上位表示されやすいです。

ため

なので、キーワードを「SWELL 感想」に変更します。

記事タイトルにキーワードが入っているかをチェックする

次は、検索キーワードが入っているかをチェックしましょう。

なぜなら、検索キーワードが入っていない場合、ライバルはその語句でSEO対策していないことになり、こちらがしっかり対策をすれば上位表示を狙えるからです。

ため

実際に、「SWELL 感想」で調べてみましょう。

「SWELL 感想」
  • 検索1位:【欠点5つ】WordPressテーマSWELLの評判&レビュー|373名の口コミを集めた結果
  • 検索2位:ご利用者様の声(レビュー記事一覧)| WordPressテーマ SWELL
  • 検索3位:WPテーマ『SWELL』をレビュー|デメリットを含め使ってみた感想と評判を検証
  • 検索4位:WordPressテーマSWELLスウェルを使ってみた感想レビュー
  • 検索5位:WordPressテーマ「SWELL」を使ってみた感想レビュー
  • 検索6位:【ワードプレスSWELL】評判と使ってみた感想
  • 検索7位:どこよりも詳しく「SWELL」をレビュー!デメリットまで。(WordPressテーマ)
  • 検索8位:ワードプレステーマ「SWELL」のデメリット評判レビューを斬る
  • 検索9位:SWELLの評価と感想・レビュー!圧倒的に使い心地が良いWordPress テーマ!
  • 検索10位:【本音レビュー】ワードプレステーマ「SWELL」は微妙?メリット・デメリットやSEOの効果など使っての感想を暴露

上記のとおり、「SWELL 感想」で対策している記事は、6記事しかありません。

そのため、しっかり対策すれば検索1位を狙うことができます。

上位記事の「記事の信頼性」をチェックする

最後は、上位記事の「記事の信頼性」をチェックしましょう。

具体的には、

  • 著者の実績
  • 〇〇のデータを活用
  • 〇〇で口コミを集めた

の確認ですね。

この「記事の信頼性」をチェックすることで、勝てるか勝てないかが分かります。

例えば、あなたが「ブログ歴6ヵ月、ブログ収益4桁、3テーマ使用、SWELL歴2ヵ月」だとしましょう。

ライバルが「ブログ歴10年、ブログ収益7桁、20テーマ使用、SWELL歴3年」だったら、勝てる見込みがありません。

しかし、ライバルが「ブログ歴3ヵ月、ブログ収益2桁、SWELLのみ使用」だったら、勝てる見込みが十分あります。

ため

上記のとおりなので、「記事の信頼性」をしっかり確認しましょう。

ちなみに、他にもライバルチェックのやり方があります。「詳しく知りたい」「稼ぎたい」と思う方は、下記の記事をご覧ください。

アフィリエイトキーワード選定のやり方
手順④:検索意図を調べる

最後は、検索意図を調べましょう。

検索意図とは?

検索して知りたいことです。”おすすめ ダイエット 方法”なら、「おすすめのダイエット法が知りたい」となりますね。

検索意図を満たすことができれば、読者が「知りたいことを知れた!」と思い、満足します。それにより、「このブログから商品を買おう!」となるので、商品が購入されやすくなりますよ。

また、記事が最後まで読まれる(直帰率が下がってサイト滞在時間が伸びる)ので、SEOの評価が向上。検索順位が上がりやすくなり、上位表示されるようになります。

上位5記事の記事タイトル・メタディスクリプションを見る

検索意図の調べ方でポピュラーなのが、上位5記事の記事タイトル・メタディスクリプションを見ること。

理由は単純で、

  1. 読者が知りたいことを書いてある
  2. それにより、読者がクリックし、CTRが向上する
  3. その結果、SEOの評価が向上して検索順位が上がる

からです。

ため

なので、上位記事の記事タイトル・メタディスクリプションを確認しましょう。

上位記事の記事タイトル・メタディスクリプションの確認方法

上位記事の記事タイトル・メタディスクリプションのチェックは、「SEO META in 1 CLICK」を使って行います。

確認方法

STEP
SEO META in 1 CLICK」をインストールする
STEP
上位記事をクリックしてページを開く
STEP
記事タイトル・メタディスクリプションを確認する

この際、「何を解決しているのか?」「どんなことが分かるのか?」を意識すると良いですよ。

TwitterやQ&Aサイトを見る

上位5記事の記事タイトル・メタディスクリプションを見たら、TwitterやQ&Aサイトをチェックします。

なぜなら、読者は知りたいことを知れなかったら、TwitterやQ&Aサイトで質問するからです。

ため

実際にTwitterで「SWELL どうなの?」と検索したところ、質問が山ほどありました。

このように、検索で知ることができなかったことを質問しています。

なので、TwitterやQ&Aサイトをチェックしましょう。

「見出し(hタグ)抽出」で上位記事の目次をチェックする

TwitterやQ&Aサイトを見たら、上位記事の目次をチェックします。

理由は下記のとおりです。

TwitterやQ&Aサイトを見た後に上位記事の目次を確認する理由
  1. 自分で調べた検索意図の答え合わせができるから
  2. 情報のモレやズレをなくすことができるから
  3. 不足している情報を洗い出すことができるから

つまり、読者が求める内容を書くことができる(読者に刺さる文章を書くことができる)からですね。

上位記事の目次を抽出する方法

上位記事の目次の抽出には、「見出し(hタグ)抽出」を使います。

上位記事の目次を抽出する方法

STEP
「見出し(hタグ)抽出」にログイン
STEP
検索窓にキーワードを入力し、「検索上位サイトから抽出」をクリック
STEP
検索TOP10の目次をチェックする
ため

検索TOP10の目次をチェックする際

・どのような内容を書いているのか
・どんな順番で情報を出しているのか


を意識しましょう。

上位記事の導入文を見る

検索TOP10の目次をチェックしたら、上位記事の導入文を見ます。

読者は、導入文に書いてある検索意図の答えと知りたいことが合致していれば、記事を完読(直帰率が下がって滞在時間が伸びる)。それによって、SEOの評価が向上するので、上位表示されます。

が、導入文に書いてある検索意図の答えと知りたいことが合致していないと、すぐ離脱(直帰率が上がってサイト滞在時間が短くなる)その結果、SEOの評価が低下するので、上位表示されません。

ため

このとおりなので、上位記事の導入文をチェックしましょう。「何が読者に刺さっているのか」を分析してみて下さいね。

ちなみに、他にも検索意図の調べ方があります。詳しく知りたい方は、検索意図とは?調べ方・考え方のコツ・コンテンツに活かす方法を解説をご覧ください。

アフィリエイトキーワード選定の難易度

ここでは、アフィリエイトキーワードの難易度を紹介します。

アフィリエイトキーワードの難易度
  1. ビッグワード
  2. ミドルキーワード
  3. ロングテールキーワード
  4. スモールキーワード(ニッチワード)

キーワード難易度①:ビッグワード

ビッグワード
  • 検索ボリューム:10000~
  • SEOの難易度 :

ビッグワードとは、検索ボリュームが10000以上のキーワードのことです。

  • ブログ・・・368000
  • アフィリエイト・・・135000

などの「検索回数がめちゃくちゃ多いキーワード」が該当します。

ため

例えると、「テニス初心者の人が全国大会で戦うようなもの」。初心者は絶対に勝てません。

キーワード難易度②:ミドルキーワード

ミドルキーワード
  • 検索ボリューム:1000~10000
  • SEOの難易度 :

ミドルキーワードとは、検索ボリュームが1000~10000のキーワードのことです。

  • ブログ 書き方・・・
  • アフィリエイト 稼ぎ方・・・

などの「検索数がそこそこ多いキーワード」が当てはまります。

ため

例えると、「テニス初心者の人が県予選大会・県大会で戦うようなもの」です。勝つのはとても難しいので、辞めましょう。

後述するロングテールキーワード・スモールキーワードで実力を付けて、自ら戦略を立てられるようになれば、攻略することが可能です。

キーワード難易度③:ロングテールキーワード

ロングテールキーワード
  • 検索ボリューム:100~1000
  • SEOの難易度 :

ロングテールキーワードとは、検索ボリュームが100~1000のキーワードです。

  • ブログ 書き方 コツ
  • アフィリエイト 稼ぎ方 コツ

といったように「知りたいことがハッキリしているキーワード」が該当します。

ため

例えると、「テニス初心者が地区予選大会・地区大会で戦うようなもの」です。技術を身に付ければ戦うことができます。

なので、この場所をメインにしましょう。(初心者~上級者も狙っているので、「基本のキーワード帯」と言える)

キーワード難易度④:スモールキーワード(ニッチワード)

スモールキーワード(ニッチワード)
  • 検索ボリューム:10~100
  • SEOの難易度 :

スモールキーワードとは、検索ボリュームが10~100のキーワードのことです。

読みやすい ブログ 書き方 コツ・・・10

アフィリエイト 初心者 稼ぎ方 コツ・・・10

などの「知りたいことが明確に分かる」キーワードが当てはまります。

ため

例えると、「テニス初心者の人が校内大会で戦うようなもの」です。誰でも簡単に戦うことができます。

初心者はロングテールキーワード・スモールキーワードを選ぼう

初心者は、ロングテールキーワード&スモールキーワードを選びましょう。

なぜなら、成約しやすいからです。

検索数は少ないですが、「検索して知りたいことがハッキリしている」ため、検索意図を理解しやすいしやすい。そのため、検索意図を満たす内容を書けば、商品が購入されやすくなります。

例えば、「Webライティング 学習 おすすめ 本」の場合。読者は「Webライティングの学習でおすすめの本」を買いたがっているので、「Webライティングの学習におすすめの本」を紹介すれば、購入されますね。

ため

なので、初心者はロングテールキーワード・スモールキーワードを選びましょう。

アフィリエイトキーワードの選び方のコツ

悩む初心者ブロガー

アフィリエイトキーワード選定の方法は分かったんだけど、キーワードを変えても変えてもライバルが強かった場合はどうすれば良いの?

ため

その場合は下記の3つを試してみて下さい。

アフィリエイトキーワードの選び方のコツ
  1. キーワードの言い換えを使う
  2. 商品のデメリットをキーワードにする
  3. 複合キーワードを使う
  4. ずらしキーワードを使う

その①:キーワードの言い換えを使う

1つめは、キーワードの言い換えを使うことです。

例えば「SWELL 感想」なら

  • SWELL 本音
  • SWELL メリット
  • SWELL おすすめ 理由

など。

このようなキーワードは、検索されているのにほとんどの人が書いていません。

ため

なので、穴場と言えますね。

その②:複合キーワードを使う

2つめは、複合キーワードを使うことです。

複合キーワードとは3つの言葉で構成されたキーワードのことで

  • SWELL 使ってみた 感想 
  • SWELL 初心者 感想
  • SWELL 感想 デメリット

などが該当します。

ため

キーワード数が増えることによって、読者像がハッキリするので、濃いユーザーを集めることができます。

また、検索意図に的確に答えられるため、読者を満足させて「欲しい!」と思わせることが可能です。

その③:商品のデメリットをキーワードにする

3つめは、商品のデメリットをキーワードにすることです。

例えば、SWELLのデメリットは「最初は使いづらい」「値段が高い」なので、

  • SWELL 最初 使いづらい
  • SWELL 値段
  • SWELL 高い

などですね。

このようなキーワードで検索するのは、「商品が欲しいけど、デメリットが気になっている人」。そのため、デメリットの解決法をしっかり伝えれば成約します。

ため

成約にめちゃくちゃ近いので、「狙い目」と言えますね。

その④:ずらしキーワードを使う

4つめは、ずらしキーワードを使うことです。

ざっくり言うと、ずらしキーワードとは確実に見込み客を集客できるキーワードのことです。

顕在ニーズを語句化した一般のキーワードとは異なり、潜在ニーズを語句化しているため、その商品・そのサービスを必要としているユーザーを集めることができます。

具体例

ため

例えば、「オンラインヨガを利用したい」と考えている人がいるとしましょう。

顕在ニーズはオンラインヨガを利用したいなので、「オンラインヨガ おすすめ」「オンラインヨガ ランキング」と検索します。

しかし潜在ニーズは

  • 「家に居ながら運動不足を解消したい」
  • 「隙間時間でリラックスしたい」

など。(一例なので、全てに該当するとは限りません)

そこに注目して、「家に居ながら運動不足を解消する方法」「隙間時間でリラックスする方法」というキーワードに置き換えます。

こうすることで、「なぜオンラインヨガを利用したいのか?」「オンラインヨガを利用してどうなりたいのか?」にアプローチできるため、「オンラインヨガを利用したい」と考えている人を集客できるのです。

ため

ちなみに、このようなキーワードで記事を書いているライバルは少ないので、高確率で上位表示されますよ。

そんなずらしキーワードの選び方は、下記のとおり。

ずらしキーワードの選び方
  1. 狙うキーワードを決める
  2. ペルソナを設定する
  3. 検索意図をリサーチする
  4. 潜在ニーズを深掘りする
  5. リストアップした欲求をキーワード化する

具体的なやり方については、ずらしキーワードの選定方法(考え方)5ステップ【アフィリエイト初心者必見】で解説しているので、ぜひご覧ください。

【おまけ】アフィリエイトキーワード選定で役立つツール

最後に、アフィリエイトキーワード選定で役立つツールをご紹介します。

アフィリエイトキーワード選定で役立つツール
  1. ラッコツール
  2. Ubersuggest
  3. キーワードリサーチべータ
  4. 見出し(hタグ)抽出
  5. SEO META in 1 CLICK
  6. 検索順位チェックツール

キーワード選定ツール①:ラッコツール

ラッコツールとは、無料で使えるキーワードリサーチツールのことです。

  • サジェストワード(検索キーワード)の抽出ができる
  • 共起語(キーワードと一緒に使われている言葉)の洗い出しができる
  • Googleトレンド(キーワードの検索推移)を確認することができる
  • Q&Aサイトの質問と答えを一気にみることができる

ので、アフィリエイトキーワード選定で絶対に使用します。

ため

なので、ブックマークに登録しておきましょう。

>>ラッコキーワードを使う

キーワード選定ツール②:Ubersuggest

Ubersuggestとは、SEO分析ツールのことです。

  • 検索ボリュームのチェック
  • SEO難易度の確認
  • サジェストワードの確認
  • 関連ワードの確認
  • ドメインパワーの確認

をすることができます。

アフィリエイトキーワード選定で必須のツールなので、導入しましょう。

PCサイト版は1日3回までしか使えませんが、chrome拡張機能版は1日40回まで使用できます。なので、使うならchrome拡張版がおすすめです。

>>chrome拡張版Ubersuggestを使う

キーワード選定ツール③:Keysearch Beta

Keysearch Betaとは、検索キーワードのマインドマップを自動で作成してくれるツールのことです。

キーワードの関連性が視覚的に把握できるので、これを使えば「読者の知りたいこと」を明確にすることができますよ。

>>Keysearch Betaを使ってみる

キーワード選定ツール④:見出し(hタグ)抽出

見出し(hタグ)抽出とは、上位10記事の見出しを一気に抽出できるツールのことです。

これを使えば

  • どんな内容が書いてあるのか
  • どういう順番で情報を出しているのか

などの「読者が求めている内容・Googleが何を評価しているのか・何を書けば良いのか」が分かりますよ。

>>見出し(hタグ)抽出を使ってみる

キーワード選定ツール⑤:SEO META in 1 CLICK

SEO META in 1 CLICKとは、記事タイトルとメタディスクリプションを確認できるツールのことです。(下記を参照)

記事タイトルとメタディスクリプション以外に

  • 記事構成
  • 被リンク数

も分かるので、ライバルチェック/競合サイト分析にも役立ちます。

ため

使いこなせば、ライバルを出し抜けますよ。

>>SEO META in 1 CLICKを使ってみる

キーワード選定ツール⑥:検索順位チェックツール

検索順位チェックツールとは、自分が書いたキーワードの順位を自動でチェックしてくれるツールのことです。(下記を参照)

上記のように検索キーワードを効果的に管理することもできるので、安定的に成果を出し続けられること間違いなし。

>>関連記事:GRCの機能・料金・使い方を徹底解説|初心者におすすめの検索順位チェックツール

【まとめ】アフィリエイトキーワード選定をマスターして稼いでいきましょう

今回は、アフィリエイトキーワード選定のやり方を4つの手順で解説しました。

内容をまとめるとこんな感じ。

ポイント
  • アフィリエイトキーワード選定のやり方
    手順①:売りたい商品を選ぶ
    手順②:キーワードの仮決めをする
    手順③:ライバルチェックをする
    手順④:検索意図を調べる
  • アフィリエイトキーワード選定の難易度
    ①:ビッグワード
    ②:ミドルキーワード
    ③:ロングテールキーワード
    ④:スモールキーワード(ニッチワード)
    ※ロングテールキーワード・スモールキーワードを選ぶべし
  • アフィリエイトキーワードの選び方のコツ
    ①:キーワードの言い換えを使う
    ②:複合キーワードを使う
    ③:商品のデメリットをキーワードにする
    ④:ずらしキーワードを使う

キーワード選定さえミスらなければ、少なくとも数件は成約します。

なので、ブログで月3万円~5万円稼げるようになることも夢ではありません。

ため

ぜひ本記事の内容をマスターして、アフィリエイトキーワードを選んでくださいね!

ちなみに、下記の記事では、アフィリエイトで成果を出し続けるために必須な検索順位チェックツールを解説しています。安定的に月3万円~5万円稼ぎたい方は、ご覧ください。

>>関連記事:GRCの機能・料金・使い方を徹底解説|初心者におすすめの検索順位チェックツール

ブログアフィリエイトツールを使いこなそう

当ブログは60記事ほどしかありませんが、それでもブログの資産化に成功し、毎月安定的に5桁(多い時では6桁)稼ぐことができています。

それを実現してくれたのが、ブログアフィリエイトツール。

なぜなら、ブログアフィリエイトツールを使ったことによって、無駄な時間と労力をカット。それによって、ブログ運営・記事作成・稼ぐことに時間と労力を費やせるようになったからです。

ため

そんな風にしてくれたブログツールを下記の記事で紹介しています。

>>関連記事:【初心者向け】ブログアフィリエイトに必須!おすすめツール14選

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事が少しでも役に立ったらシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
トップへ
目次
閉じる